京都市東山、紅葉が全国的にも有名な東福寺の歴史あれこれ

京都市東山にある東福寺は紅葉が全国的に有名なお寺です。毎年11月には紅葉が見ごろを迎え、全国から観光客が訪れます。もみじやかえでなどの紅葉が楽しめる絶景スポットもあります。東福寺の概要と、アクセス方法、周辺のグルメ情報などをまとめました。

東福寺

 (8136)

東福寺(とうふくじ)は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派大本山の寺院。山号を慧日山(えにちさん)と号する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は、九条道家、開山(初代住職)は円爾である。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えた。明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25か寺の塔頭(山内寺院)を有する大寺院である。

基本情報(交通アクセス・参拝料・参拝時間)

よみがな とうふくじ
建立年 1236年(嘉禎2年)
アクセス 京都駅からJR奈良線「東福寺」下車
京都駅から京都市営バス208号系統「東福寺」下車
四条河原町から京都市営バス207号系統「東福寺」下車
駐車場 無料 30台 秋の特別拝観期間中は北駐車場閉鎖
住所 京都府京都市東山区本町15丁目778

お問合せ 075-561-0087 東福寺

拝観時間 9:00~16:00 (11月のみ午前8時30分~午後4時30分)

拝観料通天橋・開山堂拝観料 : 大人 : 400円 小中学生 : 300円
方丈八相庭園拝観料 : 大人 : 400円 小中学生 : 300円
ホームページ : http://www.tofukuji.jp

駅からは徒歩10分程度をそれほど近くも遠くもない距離です。体力に自信のある人は、歩いていってもいいですし、体力に自信のない人は、タクシーで行くのもいいでしょう。
国宝を多く所蔵している有名なお寺にしては正直、参観料もリーズナブルになっています。
ちょっとした学生旅行や団体旅行でも訪れやすいですね。
シーズンによって駐車場の込み具合や参観時間が異なるので、心配な場合は事前に直接問い合わせをしておいたほうが確実です。

秋には紅葉がきれい!!

Free photo: Japan, Landscape, Natural, K, Wood - Free Image on Pixabay - 1805871 (7098)

東福寺はなんといっても紅葉の美しさを観賞することができる地として非常に有名です。
イロハモミジ、モミジ、トウカエデといった紅葉する木が、秋には見られます。11月頃が見どころです。特に渓谷・せんぎょくかんにかかる通天橋から見下ろす紅葉は絶景と言われています。
春には新緑の爽やかな風を感じることもできます。

多くの名僧を排出したお寺

東福寺は、歴代多くの名僧を輩出しています。『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』の著者である虎関師錬(こかんしれん)・室町時代に画僧として活躍し、その後の仏画や水墨画に大きな影響を及ぼした吉山明兆などが有名です。

斬新な造りの庭園

 (8183)

四方向に作られた庭園に込められた意匠構成は、東庭が「北斗七星」、南庭には四つの神仙島、京都五山、須弥山、西庭は井田を表した大市松模様、北庭が苔と板石による小市松である。西と北の意匠は市松ということで一つの意匠構成として考えられていたことが、作庭直後の昭和14年12月の京都林泉協会会報誌に書かれていることからわかる。北斗七星、蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈、京都五山、須弥山、市松の八つの意匠を盛り込み、これが釈迦の入滅を表す「釈迦八相成道」にもあたることから、「八相の庭」と名付けられた。
東福寺の方丈(ほうじょう)はその四周に庭園を持っているのが特徴です。近代の造園家、重森三玲によって1938年に作成されたもので、ほかにはない斬新な造園を見ることができます。
方丈を取り囲む庭園も見ごたえがあります。

新緑遊行

Free photo: Sunbeams, Green, Landscape, Forest - Free Image on Pixabay - 1904485 (7099)

東福寺では、毎年5月に青紅葉の特別拝観を行っています。この行事を「新緑遊行」と題し、紅葉の名所として知られる通天橋(つうてんきょう)のモミジを、新緑の季節にも楽しんでもらうことを目的とした催しです。期間中は方丈(ほうじょう)で東福寺文書のうち20点を公開するほか、境内で京焼の展示販売会も実施しています。
新緑遊行という催しが毎年5月頃行われているようです。紅葉の時期だけでなく、新緑のもみじも楽しむことができます。
Free photo: Frog, Cooking, Eat, Kitchen - Free Image on Pixabay - 927768 (7100)

東福寺は紅葉が全国的にも有名なお寺です。周辺には東福寺を始め多くの塔頭を抱えた大寺院が点在しています。紅葉は見ごろとなる11月に訪れるのがお勧めです。5月には、新緑を楽しむ催しもあり、新緑の時期に訪れるのもいいでしょう。
東福寺周辺にはグルメを楽しめるお店もいくつかあります。
京菓子どころの末廣屋、コロッケ屋さんがある京家、魚市という料理家さん、カフェスタイルのイタリアンcafe nidoなどがあります。
東福寺を訪れた際は、これらのグルメ店を巡ってみるのも楽しいかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP