お正月とは違う?『小正月』って聞いたことありますか?

最近はあまり聞き慣れなくなった『小正月』という言葉。元旦に迎えるお正月とは異なるのか…?皆さんはこの小正月の意味をご存知でしょうか。今回は小正月の意味をひも解きながら、いまだ各地に残っている小正月の風習などを調べてみました。

小正月って一体いつのことかご存知ですか?

1月15日までが小正月?

1月15日までが小正月?

元日を中心とした「正月(大正月・おおしょうがつ)」に対し、1月15日(厳密には14日の日没から15日の日没まで)を「小正月(こしょうがつ)」と言います。「月」を暦の基準にしていた大昔の日本では、「満月から次の満月まで」が一カ月でした。昔の人は満月をめでたいものの象徴としていたようで、一年で初めての満月の日を「正月」にしていました。これが「小正月」の起源です。
関西では、小正月までを松の内とします。
年神様や先祖を迎える行事を行う大正月に対して、小正月は家庭的な行事を行う正月で、盆と同様に大切な節目でした。
月を暦の起源としていた大昔までさかのぼる言葉だったようですね。
昔の人にとって漆黒の空に煌々と輝く満月は、とても美しくおめでたいものだったのでしょう。

女正月ともいわれるとか。どうしてでしょう?

 女正月は、1月15日のことを指し、この日で正月のすべての行事が終了します。この日は、女性たちが暮れのおせち料理作りから年始客の接待など、何かと忙しかった正月の疲れをとるための休息日とされています。
昔はお正月というと一族が集まってお祝いするため、客人をもてなしたり、その準備をするために女性は大変だったのでしょう。その労をねぎらったことからこういう呼び名がついたのですね。

それでは小正月に行われる行事にはどんなものがあるのでしょう

まず、小正月と関連が深い餅花ってどんなものなのでしょう?

Instagram (31428)

餅花(もちばな)とは、日本の一部地域で正月とくに小正月に、ヌルデ・エノキ・ヤナギなどの木に小さく切った餅や団子をさして飾るもの。東日本では「繭玉」(まゆだま)の形にする地域が多い。一年の五穀豊穣を祈願する予祝の意味をもつとされる。
農業が生活の中心であった昔の人にとって、年の初めに五穀豊穣を祝うのは自然の流れだったのですね。

1月15日に小豆粥を食べる風習も!

特に東日本の地域で1月15日の朝に小豆粥を食べる風習がまだ残っているようです。これは小豆の赤い色が邪気を払う力があると思われていたことから始まったようです。この小豆粥を使って、その年の天候や作物の豊凶を占うことも行われていたようですね。
Instagram (31435)

小豆粥といえば、成木責めという面白い行事もあるようですよ。

小正月に家の主人とその長男、または男の子と女の子というょうに二人が組になって柿のところへ行き、「成るか成らぬか、成らねば切るぞ」、「成ります、成ります」などという掛け合いをしながら一人が木の幹に傷をつけ、もう一人がその切り傷に小豆粥を入れます。これも柿をはじめとする果実の豊作を祈る行事の一つでした。
もともとは傷をつけるのではなく、小正月の行事用にヌルデやヤナギの木で作った「祝い棒」でたたいたものでした。
おもしろいですね。小正月の行事には子供が活躍するものが沢山あるようです。
「かまくら」も子供の小正月の行事なのですよ。

「かまくら」も子供の小正月の行事なのですよ。

その他今でも地方によっては左義長まつりとして残っている左義長とはどんな行事か見てみましょう。

 左義長は元来新年に行われる火祭行事を指し、三毬杖・三木張・三毬打・爆竹とも書き、地域によってはサギチョウ、トンド、サエノカミと呼ばれています。旧正月を中心に14日夜か15日朝、正月の飾り物などを広域に集めて焼く行事であり、1年の無病息災を祈って現在でも全国各地で行われています。
 もともとは中国から来たもので、漢の時代から正月行事として行われていた爆竹が元と言われています。わが国では正月馬に乗り、紅白の毬を先がヘラになった杖で掬って遊んだという「打毬の楽」が由来しています。打毬の楽で破損した毬杖を集めて焼いたのが三毬杖・三木張・三毬打の語源とされているからです。
別名どんど焼きとも呼ばれるようですね。その他、お焚きあげ、さいと焼き、さぎっちょ、あわんとり等々地方によっていろいろな呼び名で親しまれている行事のようです。
Instagram (31433)

最後に

いかがでしたか。元旦でもお店が開いているいる現代、だんだんお正月も昔ほど特別なハレの日ではなくなってきていますね。でも、地方等に残っている行事の持つ意味がわかると、日本人として大切にしていこうという気になりませんか。忙しいあなたも小正月の間くらいはゆっくり休めるといいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP