鎌倉時代の風情を色濃く残す【瑞泉寺】!その見どころは?

年間を通じて、多くの方が参拝に訪れる瑞泉寺。神奈川県鎌倉市にあり、コンパクトながら見どころがたくさんあるんです。
夢窓国師作の庭園はじめ、境内で見られる四季折々の草花、御朱印、現在非公開の徧界一覧亭など・・・。瑞泉寺について、たっぷりとご紹介します!

神奈川県を代表する寺院「瑞泉寺」

 (9722)

1327年に創建された瑞泉寺。
鎌倉時代の情緒あふれる景色を残していることから、周辺地域も含め「歴史的風土特別保存地区」
に指定されています。

瑞泉寺は鎌倉期に作られ、国の名勝にも指定されている庭園や、
鎌倉時代の風情を感じさせる見どころがたくさんあります!

家族や友人と行くのはもちろん、お一人での散策でも楽しめる瑞泉寺。
その魅力をたっぷりご紹介します。

夢窓国師作の庭園

 (9728)

瑞泉寺庭園はとても風変わりである。岩盤を掘って作られた天女洞が正面にあり、その東には坐禅のための窟が掘られている。

そして天女洞の前には貯清池が掘られており、池の中央を掘り残して島となしている。

瑞泉寺を創建した夢窓疎石は、臨済宗の禅僧で優れた作庭家として有名です。
瑞泉寺の庭園の他にも、様々な地域のお寺で作庭をしたそうです。

岩盤に彫られた巨大な穴(天女洞)が印象的な瑞泉寺庭園は、
書院庭園の起源をなすものとされています。

花の寺

瑞泉寺は「花の寺」といわれることもあるように、季節を通して様々な花が楽しめる。特に梅やスイセン、かえでの紅葉が美しい。
 (9717)

年間を通じて、境内の様々な箇所で四季の草花を楽しめるのも瑞泉寺の魅力です。

水戸黄門としても知られる徳川光圀が植えたとされる山桜や、
山一面に広がる紅葉が特に人気です。

 (9716)

境内のあらゆる所から紅葉を楽しめます。
お寺の景観に馴染んで、落ち着きますね。
 (9749)

梅の花も楽しめます。
特に梅は鎌倉の寺社としては最大級の規模を誇ります。受付のある下手と参道を登った本堂のある場所と大きく2か所にわかれ、計約120〜130本もの規模です。

境内下手は白梅をメインに紅梅が数本あり、一か所に集中して植えられているため、その中を散策すれば梅に囲まれているような感覚が味わえます。

下手の梅を終えたら、美しい参道を上り、本堂へ。数多くの白梅の他、見事な枝垂梅、鎌倉市の指定天然記念物にして「黄梅」の名の由来となった木など見所がたくさんあります。

例年、上にある本堂付近は早めに咲き、下手はその後に咲きます。3月10日前後が満開となりますが、春の強風の時期でもありタイミングに気をつけたいところです。

その他の瑞泉寺情報

御朱印

 (9747)

通常は、御朱印を授与していないお寺です。

しかし、期間限定で御朱印が授与されました。
平成28年度秋期京都非公開文化財特別公開記念のもので、豊臣秀次と角倉了以の2種類存在します。

オリジナルの御朱印帳は、ありません。

徧界一覧亭

 (9739)

残念ながら一般公開はされていませんが、瑞泉寺の山頂付近には夢窓疎石によって建てられた徧界一覧亭があります。
お堂は当時のものではなく昭和10年に再建、平成11年に改修をされています。
徧界一覧亭舊跡
亭ハ嘉暦三年 夢窓國師ノ建立ニシテ五山ノ僧徒屡々詞會ヲ催セシ所ナリ 然ルニ其後頽癈セシヲ徳川光圀一堂ヲ建テ其傍ニ寮ヲ設ケ一覧亭集詩板ヲ懸ケシトイフモ堂寮共ニ今ナク礎石ヲ存スルノミ
前毛またかさなる山のいほりにて梢につヽく庭の白雲 ハ 夢窓國師ノ此亭ニテ詠メルモノナリト傳ヘラル
                                             昭和十年三月 鎌倉町青年團建

偏界一覧亭は嘉暦3年(1328)に夢窓国師が建立し、鎌倉五山の僧達が度々詩会を催した所です。その後荒れ果てていましたが、徳川光圀が堂を建て、傍らに寮を設けて一覧亭集詩板を懸けたといいますが、堂も寮も今は無く基礎の石が残っているだけです。

アクセス

拝観料 大人200円 小中学生100円。障害者無料

拝観日 年中無休

拝観時間 9:00-17:00(通年)
入門は16:30まで

駐車場 約10台

アクセス 鎌倉駅から京急バス。[鎌20・4番]大塔宮行き
大塔宮下車 徒歩10分

住所 鎌倉市二階堂710
TEL 0467-22-1191

見学所有時間は大体15分。
鎌倉へ旅行の際は、瑞泉寺へ立ち寄ってみませんか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP