京都最古の禅寺、建仁寺へ行こう!座禅や写経体験もできる!

京都は四条河原町にある臨済宗のお寺、建仁寺。こちらは京都最古の禅寺として伝えられています。日本の臨済宗の祖、栄西が建てたこのお寺では、座禅や写経といった禅寺体験のコースが用意されており、一般にも広く開かれています。その内容を詳しく見ていきましょう!

禅寺では京都最古、建仁寺ってどんなお寺?

Instagram (11421)

建仁寺
【所在地】
京都市東山区大和大路通四条下る小松町584
【アクセス】
京阪電車「祇園四条駅」、阪急電車「河原町駅」より徒歩
建仁寺は建仁2年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として宋国百丈山を模して建立されました。元号を寺号とし、山号を東山(とうざん)と称します。
創建時は真言・止観の二院を構え天台・密教・禅の三宗兼学の道場として当時の情勢に対応していました。
14 の塔頭が建ち並ぶ。 「風神雷神図」二曲屏風(俵屋宗達 作)、雲龍図(海北友松作)「桜花図」「秋草図」屏風(狩野山楽 作)などが有名。 国宝に指定されている茶室「如庵」を境内正伝永源院に再現。
有名な作品や国宝も残されており、禅や臨済宗とあまり縁がない方でも見どころがたくさんで楽しめるはず。

ちなみにこちら建仁寺は「京都最古」の禅寺で、日本最古の禅寺は福岡県にある聖福寺だと伝えられています。日本臨済宗の祖、栄西禅師は京都よりも先に九州で活動していたからです。

建仁寺を建てた栄西禅師って?

京都最古の禅寺、建仁寺を建てた栄西禅師は、宋、現在の中国から日本に初めて臨済宗をもたらした僧侶です。
初めは比叡山で天台宗の教えを学んでいましたが満足できず、宋へ留学して臨済禅と出会い、2度の留学で臨済宗を学びました。
日本へ戻り、最初は九州で布教を行っていました。
2度宋にわたって禅宗の一派の臨済禅を学び、帰国して臨済宗を伝えた。当初、古い宗教などから弾圧を受けた。その後京都から鎌倉に行き、幕府の援助を得ようとした。そして、北条政子が建てた寿福寺の住職になると、将軍源頼家の保護を受けて京都に建仁寺を建て、教えを広めた。
日本の臨済宗(禅宗の一派)の開祖である栄西(ようさい/えいさい、1141-1215)は、二度、宋に渡って禅宗を学び、禅院で飲茶が盛んに行われているのを見聞きしました。帰国後、栄西は日本初の茶の専門書「喫茶養生記」を著し、お茶の効能を説きました。1214年、栄西は、深酒の癖のある将軍源実朝に、良薬としての茶にそえて、本書を献上したと 「吾妻鏡」に記されています。
なんと、栄西は日本にお茶の文化を伝えた人物でもあります。
身近なところに禅の影響を受けた文化があるのは驚きですね。

建仁寺で禅寺体験!その①座禅体験

禅寺体験 | 建仁寺 (11419)

建仁寺では、出家していない一般の人でも宗派を問わず、禅寺を体験することができます。
歴史ある禅寺で充実した時を過ごせるのはありがたいことですね。
その体験の一つが座禅。
ただ座る、その中で自分を見つめ直すという貴重な時間。
初めての方にも丁寧な指導があるので、気軽に参加できますよ。
毎月第二日曜日の午前8時から午前10時まで、座禅を体験できます。

座禅は20分ずつ2回行います。

座禅の後、茶礼と御住職の法話があります。

最初に座り方や姿勢、呼吸法などを教えていただき、
20分×2回の座禅を行います。
その間、ずらーっと並んだ体験者の間を、和尚さんが
警策(きょうさく)を持って歩きます。
「座禅が初めて」という方でも安心して参加できますよ。
和尚さんが持って歩いている棒、「警策」。
棒でぶっ叩かれるのでは?と怖がっている方もいるかもしれませんが、心配ご無用です。
警策で肩を叩くのは、基本的には座る人の申し出があった場合のみ。
居眠りはしないように気をつけましょう。

建仁寺で禅寺体験!その②写経

Instagram (11417)

禅寺体験、もう一つが写経です。
般若心経をなぞるようにして書き通すというもの。
一字一字を丁寧に書くこともまた、自分の心を澄ます時間になります。
般若心経写経用紙、写経用具は建仁寺大書院にて用意いたしております。
座禅会の後、お寺を拝観して回り、受付で写経を申し込んでみました。志納料1000円。

上から筆ペンでなぞるタイプなので、初心者でも簡単に始められます。

どちらかと言えば、文字を書くというより、絵を塗る感覚に近い。

建仁寺では、写経が終わると、御朱印をいただけます。

御朱印帳を持っている人は、ぜひ、持って行きましょうね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ちょっとでも禅に興味があるという方、日常のストレスやモヤモヤをリセットしたい方、ぜひ京都最古の禅寺である建仁寺で禅寺体験にトライしてみて下さい!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP