世界遺産にも登録されている【京都市の西芳寺について】

京都市にある西芳寺は、苔寺の名前で有名なお寺です。景色がとても綺麗なお寺で、世界遺産にも登録されています。そんな苔寺は拝観するのに事前予約が必要です。苔寺周辺のお寺についてやアクセスについてなども調べてみました。

西芳寺

西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。天龍寺の境外塔頭である。一般には苔寺(こけでら)の通称で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基と伝え、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。
西芳寺は京都府にあり、世界遺産にもなっているお寺です。
通称《苔寺》といわれています。
京都・西芳寺(苔寺)の予約申し込み方法!返信用ハガキの書き方も! (8322)

約120種の苔が境内を覆い、緑のじゅうたんを敷きつめたような美しさから苔寺とも呼ばれる。
庭園(史跡・特別名勝)は、上下二段構え。上の枯山水と、下は池泉回遊式で黄金池は「心」の字を描いている。
庭園内の茶室・湘南亭は、重要文化財に指定されている。
苔寺の名前通り、沢山のこけが生育しているのが特徴です。
世界遺産にも登録されている寺院で、庭園の美しさも持ち合わせています。

鈴虫寺と竹の寺

苔寺のすぐ近くには、鈴虫寺、竹の寺などおすすめスポットがあります。鈴虫寺はお参りすると願い事が叶うということで有名なお寺です。竹の寺は、かの一休禅師が幼少のころ修行をされたことで知られているお寺です。こちらでは抹茶をいただく事ができ(一杯400円)、静かな庭園を眺めながらの一服は格別なものがありました。苔寺に行ったなら是非立ち寄ってみてください。
苔寺のそばには鈴虫寺と竹の寺といわれるお寺が所在しておりこちらも有名です。
苔寺に行った際には一緒に行っておきたい場所ですね。

抹茶の接待

竹の寺地蔵院では、京都市登録文化財である方丈にて、抹茶のご接待をしています。
抹茶のご接待ですが、毎週金曜日はお休みです。そのほか、法事その他の都合で、お休みすることがあります。また、方丈があまりに混雑しているときは、一時的に中止します。(ほとんどありません(^_^)……)
お抹茶について - 京都-竹の寺 地蔵院 (8319)

竹の寺では抹茶を頂くことが出来ます。
普段体験できない茶道もこちらで体験してみるのも良いですね。

拝観方法

西芳寺 - Wikipedia (8324)

参拝には事前申し込みが必要
西芳寺参拝係(〒615-8286 京都市西京区松尾神ヶ谷町56)へ往復ハガキにて、希望日・人数・代表者の住所・氏名を明記して、希望日の1週間前までに届くように申し込むこと。
また庭園のみの拝観は行っていない。写経などの宗教行事に参加が必要。
苔寺は、事前予約なしでは拝観することが出来ません。
予約方法も往復はがきで申し込むことになっています。
苔寺に行かれる際には必ず予約を忘れずにしておきたいですね。
往復はがきによる完全事前予約を行う必要がある。また、拝観だけでなく写経などの宗教行事に参加することになっているが、実際には時間がない場合は宗教行事は省略できる。月日は指定できるが、時間は指定できない。写経冥加料は3000円で、これは1977年の予約制導入から変わっていない。

アクセス

西芳寺には駐車場がありません。
西芳寺から少し歩いた場所に鈴虫寺のコインパーキングがありますのでそちらを利用するのが良いですよ。
近郊から車で行かれる方はアクセスできると思いますが、遠方からの場合は車よりも公共の交通機関が良いかもしれません。

バス

京都バス
京都駅前バス乗り場より、嵐山。苔寺行きのバスがでています。
本数は多くないので、時刻はきちんと確認しておきましょう。
その他にも四条河原町・三条京阪行き、有栖川行きなども苔寺から発着していますが、こちらも本数がとても少ないので注意が必要です。

市バス
洛西バスターミナルより苔寺道行きのバス
地下鉄四条駅の四条烏丸から苔寺道行きのバスがあります。
京都バスと同様に本数が少ないです。

京都バスの利用は270円片道で、約1時間ほどかかります。
市バスの利用料金は230円です。市バスの利用時間は洛西バスターミナルまで30分ほどとなっています。四条烏丸までも30分程度です。

アクセスに便利な場所ではありませんが、世界遺産をゆっくりと見られる西芳寺には一度足を運んでおきたいですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP