【2017年】春分の日に行きたい無料施設in東京

もうすぐそこに春が来てますね。

春分の日は昼と夜が同じ長さになると言われている日。

そんな日に無料で行ってみたい場所をいくつかピックアップしてみました。

どれも春を迎えるにあたって新鮮な気持ちになりそうな素敵な場所ばかりです。

春分の日に無料で春を出迎えましょう。

碑文谷体育館「一般公開まつり(無料体験)」

碑文谷体育館・野球場・庭球場 目黒区 (22038)

日程

3月20日(月曜日・祝日)

会場

碑文谷体育館(目黒区碑文谷六丁目12番43号)

講師

各種目の協会・連盟指導員

持ち物

なぎなた

運動のできる服装、タオル、飲み物、(道具の無料貸出あり)

トリム体操

運動のできる服装、タオル、飲み物、屋内シューズ

ノルディックウォーキング

運動のできる服装、タオル、飲み物、屋外シューズ(雨天は屋内シューズ)、ポール(無料貸出あり)

春を迎えるのにスポーツは欠かせませんね。

こちらでは、メインとしてなぎなたとトリム体操というものが体験できるそうです。

普段と違う、人と場所でみんなで汗をかいてみるのはどうでしょうか?

ひと汗かいた後の春の訪れ方はまた一つ味が変わるかもしれません。

事前申し込みが必要なものもありますので、公式HPにてご確認ください。

It's a Sony展 Part-2

 (22034)

・1階から4階まで人工芝のフロアに変身。
・2階から4階の壁面が、横幅約120メートル、標高差約9メートルのウォールアートに。
・ソニービルの花びら構造を生かし、階段に沿って4階から2階まで連なる約35メートルの“パークの木琴”が登場。

【開催日】
2017年2月22日(水)~2017年3月31日(金)

【時間】
11:00~19:00
※営業時間は変更になる可能性があります。

【会場】
銀座 ソニービル

【料金】
入場無料

【お問合せ】
ソニービル代表 TEL:03-3573-2371
(11:00~19:00)

ソニービルの中に人工芝を敷き詰め、

なお内部の壁面には巨大なウォールアートが出現しているそうです。

春と芸術を大都会の中で感じるには一度は行ってみたい場所の一つでしょうね。

殿ケ谷戸庭園「春の殿ケ谷戸とカタクリを楽しむ」

殿ケ谷戸庭園の写真一覧 - じゃらんnet (22317)

開催期間
2017年3月11日~20日  9:00~17:00(最終入園は16:30) ※カタクリ演奏会/18日10:30・13:00、カタクリを詠む/期間中毎日

開催場所
東京都国分寺市 殿ケ谷戸庭園

交通アクセス
JR中央本線・西武「国分寺駅」から徒歩2分

主催
公益財団法人東京都公園協会

料金
参加無料 ※入園料が必要/一般150円、65歳以上70円、小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料

問合せ先
殿ケ谷戸庭園サービスセンター 042-324-7991

ホームページ
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index036.html

春の訪れとともに咲くカタクリという花を殿ヶ谷戸庭園にて楽しむ企画となっております。

春分の日ならではですね。

紫の可憐なお花とお庭に癒される一日も素晴らしそうです。

是非一度見てみたいですね!

野川公園「春の日まつり」

 (22027)

春の野川公園でゆったり音楽を聴きながら、地元のカフェのコーヒーなどを楽しめるパークカフェがOPENします。地元アーティストによるワークショップやパークレンジャーによる春の生きもの観察会も開催。春の公園を一日楽しむことができるイベントです。

【開催日時】
2017年3月20日(月・祝)
11:00~15:00

【場所】
野川公園梅林

【料金】
基本無料

【お問合せ】
野川公園サービスセンター
TEL:0422-31-6457

公園まで足をのばせばそこには音楽と地元のコーヒーに一息つく癒しの空間が広がっています。

お花見とはまた違う春分の日ならではの公園の楽しみ方がありそうですね。

ご家族やお友達と特別な場所で時を過ごされてみてはどうでしょうか?

国立天文台無料ガイドツアー

 (22020)

★日  時:2017年3月20日(月・祝) ①11:30〜13:00 ②13:30〜15:00 ③15:30〜17:00(雨天決行)★募集人数:各回20名(事前申込制)
★参加費:無料★参加方法:Webまたは往復ハガキでお申し込みください。詳しくは下記の「お申し込み」をご覧ください。
申し込みが定員を超えた場合は抽選を行います。抽選の結果は3月9日以降にメールもしくは返信ハガキでお知らせします。
国立天文台は約130年にわたって、日本の天文学研究のナショナルセンターとして活動してきました。その仕事のうちの一つが、天体の観測から日本の「時」や「暦」を決定することでした。春分の日にちなんで、「時」や「暦」を決定してきた国立天文台の一面をご紹介できればと思います。
国立天文台三鷹キャンパス構内を春分の日に無料ガイドしていただけます。

事前申し込みが必要なので、公式サイトにて応募してください。

私は、ゴーチェ子午環室が気になります。。。

春の陽気とともに「時」や「暦」を考える時間は如何でしょうか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP