深大寺そばでも有名、東京都調布市の深大寺の魅力!

深大寺は、東京都調布市にあるお寺です。水とゆかりの深いお寺で水子供養も行っています。深大寺そばが有名で、おおくのお蕎麦屋さんが軒を連ねています。そのほか、周辺の施設も充実しており、いろいろな楽しみ方ができます。深大寺の概要と魅力をまとめました。

水とゆかりの深いお寺

Free photo: Water, Drop Of Water, Macro, Drip - Free Image on Pixabay - 1882395 (5869)

崖線から湧き出す豊富な水は古くから田畑を潤し、人びとの素朴な信仰を集めてきた。深大寺によれば、水源地であるがゆえに霊場でもあったこの地が仏教の伝来以降あらためて注目され、“水神「深沙大王」”ゆかりの深大寺建立に至ったのではないかという[3]。
東京都は調布市に位置している『深大寺』の正式名称は『天台宗別格本山浮岳山昌楽院深大寺』といいます。

都民憩いのお寺

深大寺界隈(かいわい)は週末ともなれば、寺をとりまく自然や、名物の深大寺蕎麦にひかれ、家族連れ、老若男女で大いに賑わいをみせます。
蔵野の面影を残す深大寺周辺は、昭和三十六年に開園した隣接の都立神代植物公園とあわせて都人好個の散策地、憩の場所として有名です。
名物の深大蕎麦を食べたり、都立神代植物公園を訪れて、自然に癒されたりと、ゆったりとした時間が過ごせそうです。

深大寺には20件以上のお蕎麦屋さんが!

Free photo: Soba Noodles, Near, Buckwheat - Free Image on Pixabay - 801660 (5866)

深大寺には20件以上のお蕎麦屋さんが営業しています。江戸時代より数々の名士が「深大寺そばはうまい」との評判で今に至っています。20数件ぜひ食べ歩いてみて下さい
おいしいと評判のいいおそばなので、お蕎麦好きの人は食べ歩きをしても楽しめるでしょう。

隣接する都立植物公園には、ドッグランも!!

園無料の東京で最大級のドッグランです。リードをとって思う存分ワンちゃんを走らせてあげて下さい。2面に分かれているので、もし相性の合わないコがいても隣のコートに移れば大丈夫。

ドッグランの西隣の公園でお散歩が楽しめる!

ドッグランの西隣には自由広場と呼ばれる公園があります。敷地内にある体育館は丘になっていて深大寺周辺を一望できるスポットとなっています。リードは必要ですがここもオススメお散歩コースです。
Free photo: Boston Terrier, Pet, Dog, Dog Run - Free Image on Pixabay - 2007711 (5867)

水子供養も行っています。

深大寺では、水子のご供養を行っております。水子の霊が、迷いなく安楽な世界へ導かれることを、お地蔵様に託し、ご法要を執り行います。

ご供養の申し込み
要予約でのお申し込みとなります。
ご予約は、お電話かまたは直接に、深大寺寺務所にてお申し込みください。
水子のご供養は、一般的なご法事と変わりありませんので、相応の服装でお参りください。
■受付時間
午前9時から午後5時まで受付しております。
■ご供養料
要相談
■電話番号
042-486-5511

水子供養とは?

水子地蔵とは、中絶・流産・死産などでこの世に生を受けることの出来なかった子供の供養のことを言います。

水子(みずこ)という呼び方は元来無く、水子(すいじ)・孩子(がいし)といって、生まれて1年以内に死んだ嬰児や死産した胎児を指しました。

最近では、後者を水子といい、地蔵にこの霊を祀ることが流行しています。

もともと子供は7歳まで神の子として死んでも葬式はしなかったり、無縁仏扱いにされていました。

地蔵は、子供を守る仏とされていたことから水子の観念と結びついたとされています。(仏教大事典より 小学館刊)

護摩祈願も行っています。

護摩とは、サンスクリット語・梵語(古代インドで使われていた言葉)でホーマ(homa)といい、焚く・焼くなどの意味があります。

護摩は護摩壇中央にある炉の中に供物や護摩木(願いが書かれた特別な薪)を入れ、仏の智慧の火で煩悩を焼きつくし、皆様の願いを元三大師様にお伝えし、所願が成就する事を祈ります。

厄除・家内安全・商売繁昌・身上安全・身体健全・交通安全・無病息災・當病平癒・良縁成就・安産・学業成就・試験合格等がございますが、その他の祈願事もお受けいたしますのでご相談下さい。

現在は天台宗や真言宗など密教系の仏教宗派が護摩行(護摩供ごまく)という修行の一環として行っているものです。
宗派によってやり方はお子成増が、主にお寺内の護摩堂というお堂の中に護摩壇を用意して、そこに護摩木を投げ入れて、焚き続けるという方法です。
祈願料により護摩札の大きさが異なり、3千円から2万円まで6種類あります。
七五三、初参り、車両安全祈願も行っています。

アクセス

住所: 〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15

駐車場は一般解放していないそうなので、近隣のコインパーキングや飲食店の駐車場を利用することが前提となります。初詣シーズンには普段規制がない道でも一方通行などになっている場合があるそうなので、事前に交通状況を調べたうえで訪れることをお勧めします。

深大寺は参拝だけでなく、おそばを食べたり、隣接する公園で自然を眺めたり、散歩をしたりといろんな楽しみ方のできるお寺です。犬を飼っている人は都内最大級のドッグランがありますので、犬との散歩も楽しめるでしょう。3月にはだるま市、7月にはほおづき祭りといった行事もありますので、お祭りに興味がある人は足を運んでみると楽しめるかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP