京都の守り神!上賀茂神社と下鴨神社ってどんなところ?

京都・洛北には京都最古の神社、上賀茂神社と下鴨神社があり、両社とも世界遺産に登録されています。境内には国宝や重要文化財の建物が連なり、また「葵祭」など様々な行事が季節に彩りを添えています。そんな上賀茂神社と下鴨神社の魅力をご紹介します。

上賀茂神社と下鴨神社の関係は?

上賀茂神社と下鴨神社の位置

上賀茂神社と下鴨神社の位置

2つの神社は約4km離れています。
賀茂別雷神社〔かもわけいかずちじんじゃ〕は、古くは左京区に鎮座する賀茂御祖神社〔かものみおやじんじゃ〕とあわせて「賀茂社」と呼ばれ、賀茂県主〔かものあがたぬし〕によって奉祀されていた。地理的な位置関係から「上賀茂神社」「下鴨神社」と通称される。
社伝によれば、別雷神〔わけいかづちのかみ〕が神社の北北西にある「神山〔こうやま〕」に降臨し、天武天皇の白鳳6年(678)、現在地に社殿が造営されたという。
上賀茂神社の由来です。
賀茂川と高野川の合流点・糺〔ただす〕の森に鎮座する賀茂御祖神社(下鴨神社)は、賀茂別雷神社の御祭神の母・玉依姫命を東本殿に、外祖父・建角身命を西本殿に祀る。
賀茂建角身命〔かものたけつのみのみこと〕は賀茂県主らの祖神であり、神武天皇を導いた八咫烏〔やたがらす〕のこととされる。
『山城国風土記』逸文によれば、日向の曾〔そ〕の峯に天降り、神倭石余比古〔かむやまといわれびこ〕(神武天皇)を導いて大和の葛城山に至り、さらに移動して山背国(山城国)に入り、久我国の北の山麓(現在の左京区上高野東山、御蔭神社〔みかげじんじゃ〕の地)に鎮まったという。
そして神伊可古夜日女〔かむいかこやひめ〕を娶って生まれた子が玉依日子〔たまよりひこ〕と玉依日女〔たまよりひめ〕(玉依姫)であり、賀茂県主は玉依日子の後裔であるとされる。

時代を下って天武天皇6年(678)、現在の地に社殿が造営されたという。
以後、上賀茂神社と一体の賀茂社として朝野の厚い崇敬を集めた。明治の社家制度廃止まで賀茂一族によって奉仕されたが、上賀茂の社家が賀茂氏を称したのに対して、下鴨の社家は鴨氏を名乗った。

下鴨神社の由来です。
二つの神社は、古代氏族の賀茂氏の氏神を祀る神社として太古の昔からこの地にあり、
京都の守り神として崇められています。つまり、京都のパワースポットです。

正式には、上賀茂神社は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちのじんじゃ)」、
下鴨神社は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」と呼びます。

両社はもともと一つの神社で、総称して「賀茂社」あるいは「賀茂神社」と呼ばれていました。
ですから上下は格の違いではありません。
また、賀茂と鴨の漢字の違いは諸説ありますが、時代ととともに変わっていったと言われています。

パワースポット「上賀茂神社」探索!

上賀茂神社楼門

上賀茂神社楼門

上賀茂神社のHPには、社殿は本殿と権殿の2棟が国宝、41棟が国指定重要文化財とあります。
手水舎

手水舎

手水舎の水は、神様が降臨されたといわれる神社の背後にある神山(こうやま)
からの湧水を汲み上げたもので清らかな水は飲むこともできます。
立砂(たてずな)

立砂(たてずな)

細殿前にある円錐形の「立砂」(たてずな)は、こちらも、神山(こうやま)に因んだものです。
神山を模し、一対になっていて、陽と陰を表し、鬼門の「清めの砂」の起源とされています。
岩上(がんじょう)

岩上(がんじょう)

この岩は、古代祭祀の形を今に伝える場所で神と人との心が通う場所といい、特に「気」が集まるパワースポットです。
神山

神山

高さ約300mの神山は上賀茂神社の北約2kmのところにあります。
神社由来の地でありパワースポットの源の地といいます。
ここは、神域なので登ることは禁止されています。
境内のしだれ桜

境内のしだれ桜

春は境内全体に見事な桜が咲き競ういます。
これは「斎王桜」(さいおうざくら)という巨大なしだれ桜です。
また、秋には紅葉が清らかな「ならの小川」沿いなどで楽しめます。
四季折々に自然のパワーが感じられます。
上賀茂神社境内図

上賀茂神社境内図

上賀茂神社は神域全体から清涼なパワーを誰でも感じることができます。
厄除け、八方除け、雷除け、そして縁結びなどの御利益があるといいます。

パワースポット「下鴨神社」探索!

下鴨神社

下鴨神社

下鴨神社には、東西本殿の2棟が国宝、境内にある31棟の建物が国指定重要文化財になっています。
また、境内は原生林に覆われています。それが「糺(ただす)の森」です。
糺の森

糺の森

糺の森はこの一帯が山城国(山代国・山背国)と呼ばれていた頃の植物相をおおむね留めている原生林であり、ケヤキやエノキなどニレ科の落葉樹を中心に、約40種・4,700本の樹木が生育している。森は賀茂川と高野川に挟まれるように広がり、南北に細長い。林床を縫ってこれらの川に注ぐ数本の清流があり、周辺には水辺を好む植物も茂る。古くは『源氏物語』や『枕草子』に謳われ、今なお親林の場として人々に憩いを提供する史跡である。

森を流れる小川は4つあり、それぞれ御手洗川・泉川・奈良の小川・瀬見の小川と名付けられている。御手洗川は湧水のある御手洗池を水源としている。糺の森の東側を流れる泉川は高野川の支流である。奈良の小川は御手洗川に泉川の流れの一部が合流したもので、賀茂川の支流である瀬見の小川に取り込まれて糺の森の中央を流れる。

「糺の森」の「ただす」が何に由来するのかという点については諸説ある。「偽りを糺す」の意とするほか、賀茂川と高野川の合流点であることに起因して「只洲」とする説、清水の湧き出ることから「直澄」、多多須玉依姫の神名に由来するという説などの各説がある。他に、木嶋坐天照御魂神社(蚕の社)にある「元糺の池」、およびその周辺の「元糺の森」から遷された名前であるという意見もある。

糺の森の概要と名の由来。
相生社(あいおいのやしろ)と連理の堅木(れんりのさかき)

相生社(あいおいのやしろ)と連理の堅木(れんりのさかき)

縁結びの神様「相生社」です。その左側には「連理の堅木」というご神木があり、
なぜか2本の木が途中で一体となったものです。
まさに夫婦を連想させるというので、古くから縁結びや安産のご利益があるといわれています。
印璽社(いんじしゃ)

印璽社(いんじしゃ)

印璽とは「しるし」の意味で、印鑑のことです。ここは「契約の神」といわれています。
大切な契約や約束事などを守ってくれます。
井上社(いのうえしゃ)、御手洗社(みたらししゃ)とも呼...

井上社(いのうえしゃ)、御手洗社(みたらししゃ)とも呼ばれています

井戸の上に社が建っていることから「井上社」といい、手前の池を御手洗池といいます。穢れを払い、病気や災難除けの神様として信仰されています。
の毎年土用の丑の日には、裸足になって池に入り、無病息災を願う、みたらし祭が行われています。
また、ここは「みたらし団子」の発祥の地と言われています。
河合神社の鏡絵馬

河合神社の鏡絵馬

糺の森にある河合神社は、御祭神には、美麗の神、玉依姫命(たまよりひめのみこと)をお祀りしています。
この神社では、鏡絵馬の授与を行っています。そこに、内面ともに美しい女性になれるよう願いを託し、お化粧して奉納するのだそうです。
まさに女性美顔のパワースポットですね。
下鴨神社境内図

下鴨神社境内図

豊かな森に囲まれた下鴨神社も上賀茂神社と同じように境内全体にパワーが
みなぎっています。
縁結び、安産、子育て、厄除けなどの御利益があるといいます。

上賀茂神社と下鴨神社共通のお祭「葵祭」

最後に、「祇園祭」「時代祭」とともに名高い京都三大祭の一つ「葵祭」をご紹介しましょう。
京都御所を出発し、下鴨、そして上賀茂まで雅な行列が京都市内を進んでいきます。
毎年05月15日に行われます。
平安時代以来、国家的な行事として行われてきた歴史があり、日本の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されている。

葵の花を飾った平安後期の装束での行列が有名。斎王代が主役と思われがちだが祭りの主役は勅使代である。源氏物語中、光源氏が勅使を勤める場面が印象的である。

葵祭は賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭で、古くは賀茂祭、または北の祭りとも称し、平安中期の貴族の間では、単に「祭り」と言えば葵祭のことをさしていた。賀茂祭が葵祭と呼ばれるようになったのは、江戸時代の1694年(元禄7)に祭が再興されてのち、当日の内裏宸殿の御簾をはじめ、牛車(御所車)、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、すべて葵の葉で飾るようになって、この名があるとされる。

祭の起源と沿革は、欽明天皇の567年、国内は風雨がはげしく五穀が実らなかったので、当時賀茂の大神の崇敬者であった伊吉の若日子に占わせたところ、賀茂の神々の祟りであるというので、若日子は勅命をおおせつかって、4月の吉日に祭礼を行い、馬には鈴をかけ、人は猪頭(ししがしら)をかぶって駆競(かけくらべ)をしたところ、風雨はおさまり、五穀は豊かに実って国民も安泰になったという。819年(弘仁10)には、朝廷の律令制度として、最も重要な恒例祭祀(中紀)に準じて行うという国家的行事になった。

葵祭の行列、風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭の行列、風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭の行列、牛車(ぎっしゃ)

葵祭の行列、牛車(ぎっしゃ)

古代に創建され今なお京都の守り神として崇められている「上賀茂神社」と「下鴨神社」。
京都最強のパワースポットとして全国からたくさんの人々が訪れています。
気をいただきにゆっくり訪ねてはいかがでしょうか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP