知っているようで実は知らない?覚えておきたいお寺での”正しい”参拝方法

日本人にとって訪れる機会の多い身近な存在のお寺。でもあなたは正しい参拝方法を知っていますか?実はいつも周囲の人の見よう見まねで拝んでいるという方、こちらを参考に日本人としての基礎知識であるお寺での参拝方法を身につけてみてはどうでしょう?

お寺での"正しい"参拝方法

 (15987)

1:山門をくぐる

お寺の前にある山門をくぐる前に、軽くおじぎ、もしくは合掌をします。帽子を被っている場合は、脱帽して行います。
山門・三門(さんもん)とは「三解脱門」の略で、「欲望、怒り、愚かさ」の三つの汚れを山門の前で清めてから本堂へ向かう、という為に存在します。仏様のいる”聖域”と人間の住む”外界”を別ける結界/境目となる門です。
また、山門を通る際には敷居は踏まず、そして左端から入りましょう。

2:参道を歩く

山門をくぐったら、参道を歩きます。参道や境内は左端を歩くようにしましょう。中心は神様が歩く道「正中(せいちゅう)」となります。

3:身を清める

手水舎(てみずや・ちょうずや)で手と口をすすいで、身を清めます。
まず右手で柄杓を持ち、水をすくって左手に水を注ぎ清めます。柄杓を持ち替えて今度は右手も流し清めます。
柄杓を右手に持ち替え、左手のひらに水を溜めてその水で口をすすぎます。
その左手に柄杓から水を流し、左手を清めます。
最後に、柄杓の中の水で柄の部分を清めるよう、立てるようにして水を流し落とします。
これらの動作を柄杓一回分の水で行います。

4:お祈りをする

本堂に着いたら、おじぎをしてお線香とロウソクを上げます。
ロウソクは1本、お線香は3本立てます。他の人が立てた灯を種火にすると、その人の業(ごう)を貰うといわれているので、必ず自分で着火しましょう。
お賽銭箱にお賽銭を入れて、目をつむり合掌して頭を下げます。鈴があれば鳴らしましょう。
お賽銭はお寺では「お布施」となり、自分の煩悩を捨て修行をさせていただくという気持ちを捧げる行為となります。
お祈りをします。最後にまたおじぎします。

5:山門を出る

帰る際も参道の中心を避け、左端を歩きましょう。山門を出たら、振り返り本堂に向かって最後にもう一度おじぎ、もしくは合掌をしましょう。

【注意】お寺の参拝時に気をつけたい事

お寺により鐘を撞くか異なる

 (15988)

お寺によってはお線香やロウソクを置いていない所もあります。また、本堂でお祈りをする前に鐘をついても良いというお寺も。
鐘をつく行為は、「お参りに来ました」という挨拶になります。鐘をつくのを禁止しているお寺もあるので、確認してから行ってください。ここで気をつけたいのが、お寺を出る時に鐘をつかない事。参拝後に鐘をつくのは「出鐘」といって縁起が悪いので、鐘をつくなら本堂で参拝する前にしましょう。

柏手は打たない

 (15989)

また、お寺でお祈りする時は、柏手を打たないように気をつけましょう。
数珠を持参すると、間違えずにお祈りできそうですね。
ここでは基本的な参拝の順序を紹介しました。仏様に敬意を示す為にも、注意点に気をつけて正しい参拝方法でお参りをしましょう。

まとめ

お寺での"正しい"参拝方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
神社とお寺での参拝方法の違いを知らない方は意外と多いですが、お寺で参拝するなら必ず知っておかなければいけない知識です。
これからお寺に行くという方は、ぜひ正しい参拝方法で訪問してくださいね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP