【新盆・初盆】お布施も必要になります!金額は?渡し方は?

新盆を迎える際には、色々と準備をしておかなくてはいけません。
住職さんに来てもらってお経を読んでもらったり、法要も行われます。
その際にはお布施を渡さなくてはいけません。
一般的にどれぐらいの金額を渡すのか?覚えておくと慌てずに済みます。

新盆とは

 (10166)

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を新盆(初盆)といいます。

地域によって、新盆(にいぼん)、初盆(はつぼん、ういぼん)と呼び方が異なります。

お盆の供養は毎年行われますが、初盆は故人が亡くなってはじめての里帰りとなりますから、盆棚と呼ばれる祭壇や盆棚(精霊棚)を設けて盆提灯などの華やかな飾り付けをして盛大に行われるのが一般的です。

新盆とは故人の四十九日(忌明け)以降に初めて迎えるお盆のことです。
そのため、四十九日以内にお盆がくれば、その年ではなく翌年が新盆となります。

お盆には故人や先祖の霊が帰ってくるといわれ、一般的には自宅でお供えや提灯を置いてお迎えしたり、お墓参りをするなどの供養をしますが、新盆ではそれらに加え、僧侶や親族、故人と親交の深かった人などを招いて法要を行います。

亡くなって1年以内の故人の御霊をお迎えするお盆は「新盆」「初盆」といわれ、通常のお盆とは違うお祀りをする習慣が全国で見られます(地域によっては没後3年以内、7年以内を新盆とする場合もあります)。
新盆とは故人が亡くなってから49日経ち、はじめて迎えるお盆のことです。
お盆というと、家族皆集まって食事をするといった機会もあると思いますが、
特に新盆については盛大に行うという家庭もあり、住職さんに来てもらって法要を行います。
家族だけではなくて、親族や親戚なども来て故人を供養します。
普段とは違うということで、お布施についても気をつけなくてはいけないでしょう。

お布施の金額

 (10171)

新盆・初盆のお布施は30,000円~50,000円前後を目安として渡される方が多いようです。
◉お寺に渡すお布施やお礼の金額の目安(相場)は以下のとおりです。
 ◎お布施または御経料は、初盆・新盆の場合3万円程度
     (ふだんのお盆は1万円くらい)
 
大阪でも、地域によってはかなり開きが有りますよ。
泉南地方は3万が普通だと聞いてます。
堺付近の旧村は初盆1万円+通常棚経で2000~5000円。
新盆に住職さんに来てもらって、お経をあげてもらったりして法要を行います。
その際には、住職さんにお礼としてお布施を用意をしなくてはいけません。
金額についてですが、一般的に3万円ほどと言われています。
地域によっても、また家庭によっても異なります。
他の家族が亡くなり新盆を迎えた際には、3万円渡したということであれば3万円用意をするとよいでしょう。
はじめてお願いする際には、ご近所さんや家族に聞いてみて金額を決めるのも良いです。
通常のお盆であれば、3000円から10000円と言われています。
しかし新盆ということで、盛大に行うという意味からも金額を多めに渡す習慣があります。
普段よりも多く用意をするということも、是非守りたいものです。

お車代

 (10182)

また、家に来ていただく場合、5,000円~10,000円をお車代としてお渡しすることもありますが、地域によって考え方が異なることもあります。
お車代は、5,000円~10,000円程度。
お車代は、5千円〜1万円くらい。
新盆の法要を、自宅や法要が行える部屋を借りて行うこともあるでしょう。
住職さんに会場まで足を運んでもらう際には、お車代を用意しなくてはいけません。
地域にもよって、またお寺からどれぐらい距離があるかによっても変わりますが、
一般的には5000円から10000円ほどと言われています。
こちらはお布施とは別に渡す必要があるので、あわせて用意をしておくようにしましょう。
新盆に限らず、普段から住職さんに来てもらう際には必要になるものですので、
今後どれだけ渡すのかも決めておいて、毎回同じ金額を用意するのもおすすめです。

お布施の渡し方

 (10197)

御布施は、小さなおぼんに載せた状態で僧侶にお渡しします。直に手渡しや床に置くようなことは無礼です。お盆の準備もお忘れなく。
新盆に住職さんに来てもらった際には、お布施を渡すでしょう。
渡し方も決まっているので、失礼の無いようにしたいです。
小さいお盆を用意しておいて、その上に乗せて渡すようにします。
さりげなく渡すようにもしたいです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP