弘法大師の魂が見守る真言宗総本山・高野山の見どころ紹介!

真言宗の総本山である高野山は、平安時代に弘法大師空海が修験道場として開きました。広大な敷地には117もの寺院や宿坊があります。弘法大師が今も平和を願って見守っている高野山、パワースポットの宝庫なんですよ。

高野山とは?

 (9397)

標高約900m、蓮華のように八葉の峰々に囲まれた山上盆地に広がる高野山は、弘法大師・空海が開いた日本を代表する真言密教の聖地です。
弘法大師は、密教の道場を開くのにふさわしい地として、都の喧噪から遠く離れた紀伊山地の雄大な自然に抱かれた場所を選びました。国、社会の安泰を祈り、人々のために活躍できる人材も育てたいという思いで活動します。そして、世の中の迷える人や苦しむ人を救うため永遠に祈り、深い瞑想に入りました。
2004年に世界遺産に登録された高野山は、今から1200年前の816年に、弘法大師空海が真言密教の修行道場として開いた日本仏教の聖地です。
その昔は「一山境内地」といい、高野山全体が総本山金剛峯寺の境内とされていました。
1,000mを超す山々に囲まれた高地にあり、交通網の発達していない時代には、そこに辿りつくこと自体が修行であったでしょう。
Instagram (4741)

香川県善通寺から我が子、空海を訪ねてこられた弘法大師空海の御母公、玉依御前(たまよりごぜん)が高野山上へ大師を尋ねようとされましたが、当時、大師自から七里(28km)四方を女人禁制としておられたので、山麓の当院へ迎えられました。
大師は、月に九度は必ず高野山上より二十数キロもの山道を下って母公を尋ねられたので、この地名を❝九度山❞と称されるようになりました。
1904年までは「女人禁制」の地として、お参りする女性たちは高野山への七つの登り口に建てられた「女人堂」までしか行けませんでした。そのため空海に会いに来た御母堂さえも、高野山に入ることが叶わず、空海自らが御母堂の滞在する慈尊院まで、降りてこられたんですね。

弘法大師空海の伝説

Instagram (4753)

弘法大師に関する伝説は、北海道を除く日本各地に5,000以上あるといわれ、歴史上の空海の足跡をはるかに越えている。柳田國男は大子(オオゴ、神の長男を意味)伝説が大師伝説に転化したという説を提出している。また中世、日本全国を勧進して廻った遊行僧である高野聖が弘法大師と解釈されたことも有力な根拠である。
唐からの帰朝後、空海は2年かけて全国行脚をしました。
空海の出身地である四国香川をはじめとして西は九州・五島列島から北は北海道まで、津々浦々に古坊大師伝説が残ります。なんとも健脚の持ち主ですね♪
Instagram (7070)

供所で作ったお大師さまへのお食事をこの地蔵尊に味見して頂き、御廟へ運びます。お大師さまへの食事のお供えは、生身供[しょうじんぐ]といい、毎日6時と10時30分の2回行われます。
空海が62歳の835年、未来永劫の平和を祈るため「即身成仏」となるために、ご入定されました。
「今昔物語」によると、その83年後に天皇の夢枕に空海が現れたことから、天皇は「弘法大師」の贈り名と新しい衣を渡すように観賢僧正に預けました。そして観賢僧正が高野山を訪れたところ、そこには夢に現れた弘法大師のお姿があったということです。
それ以来、毎年3月21日には御衣替の儀式が行われています。

高野山の見どころを紹介

Free photo: Koyasan, Temple, Buddhism, Japan - Free Image on Pixabay - 1582441 (7204)

奥の院と共に伽藍は、高野山の二大聖地です。 お大師様は、この地を賜った後、七里結界の法を修し、現在の大塔の地を中心に伽藍地鎮の式を行われました。西暦819年(弘仁10年)5月3日、地主の神として、丹生、狩場両明神を勧請し、さらに壇上に大塔、金堂を初め諸堂、僧房の建立を計画されました。
高野山のシンボルでもある根本中堂でお賽銭を供える際には、仏様のすぐ横にお金を立ててお参りしてください。おまじないのようですが、そうすると開運のご利益があると言われています。
Instagram (7073)

現在の六角経蔵は昭和9年(1934年)の再建で、少し高くなっている基礎の上に把手がついています。力がいりますが、ここを押すと回転できるようになっています。
根本中堂の南西、金堂の先にある六角経蔵は、鳥羽法王を供養するための経典が収められているお堂です。こちらを一周回すと頭が良くなると言われているんですよ。
受験生にはちょっと嬉しいパワースポットですね♪
Instagram (4740)

高野山の信仰の中心であり、弘法大師さまが御入定されている聖地です。正式には一の橋から参拝します。一の橋から御廟まで約2キロメートルの道のりには、おおよそ20万基を超える諸大名の墓石や、祈念碑、慰霊碑の数々が樹齢千年に及ぶ杉木立の中に立ち並んでいます。
奥之院は、高野山最大のパワーポット。こちらには今も弘法大師空海がいらっしゃる御廟があります。その御廟まで続く参道沿いには、数多くのお墓が建ち並び、厳粛な雰囲気を醸し出しています。

こちらには織田信長・明智光秀・豊臣秀吉や淀君、武田信玄など歴代の武将をはじめとして、俳優の鶴田浩二さんや江崎グリコ・パナソニックのお墓まであります。
現世における宗教や身分、敵味方には関係なく未来永劫安らげる場所となっているんですね。

まとめ

 (9399)

いかがでしたでしょうか?
「あるがままに自らの心を知る」弘法大師空海の教えは今にも通ずるところがあります。聖なる地高野山、心の安らぎを求めて訪れてみませんか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP