~金閣寺~舎利殿だけではない!みどころをチェック!

京都の有名な観光スポットの一つであり世界遺産にも登録されている金閣寺。静かな森の中に凛と建つその存在感は息を飲むほどです。金閣に目を奪われがちですが、周辺にも素晴らしいスポットがあります。
今回は、観光で金閣を訪れた際には押さえておきたいスポットをご紹介します。

金閣寺とは?

 (9589)

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。
義満の死後、遺言により「北山殿」は舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となった。禅寺の名前は義満の法名鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名付けられた。この唯一残された舎利殿(お釈迦さんのお骨を祀る建物)こそが、通称「金閣寺」に由来する建物で、鏡湖池のほとりに建つその姿はあまりに有名。
金閣寺は元の別荘の一部であったというから驚きです。時の将軍様が建てたのですから、当時はとてつもなく立派な別荘だったのでしょう。
北山文化の象徴として国内外に知られる名刹。
金閣は舎利殿として建てられたもの。鏡湖池に臨む三層の楼閣は二層・三層に金箔をはった室町期楼閣建築の代表的例。庭園は特別史跡・特別名勝に指定されている。
三島由紀夫や水上勉(みずかみつとむ)の小説で知られるように、現在の金閣は昭和25年火災で焼失したものを再建したもの。
そして、放火事件があったことも有名ですね。当時の建物でないことは残念ですが、それでも相当な存在感を放っています。
金閣・建物構造
1層(初層)
寝殿造りで法水院(ほうすいいん)と呼ばれ、 中央に宝冠釈迦如来像、向かって左に足利義満像が安置されています。
2層
武家造りで潮音洞(ちょうおんどう)と呼ばれ、 岩屋観音像と四天王像が安置されています。
3層
禅宗仏殿造りで究竟頂(くっきょうちょう)とよばれます
屋根
椹(さわら)の薄い板を重ねた柿葺(こけらぶき)で上には鳳凰が飾られています。
1層ずつ異なる建築様式を採用しているのはすごいですね。外見だけでなく、内側も贅沢な造り方をしていることがよくわかります。室町時代の全盛期を象徴している建築物であることがうかがい知れる内容です。

観光で訪れたら金閣には圧倒されますが、見どころはこれだけではありません。
他の見どころもチェックしてみましょう。

金閣(舎利殿)だけではない!押さえておきたいその他の見どころ

 (9595)

①水面の金閣が美しい!庭園

舎利殿の他にも、当時考えられていた日本列島の形を模したとされる池泉回遊式庭園は、国の特別史跡および特別名勝。鏡湖池に映る金閣の姿も見どころのひとつ。
鹿苑寺の鏡湖池(きょうこち)には大小10の中島と15を超える岩島がある。池の中央に位置する最大の中島が「蓬莱島(ほうらいじま)」であることは一般にもよく知られているが、ここ鏡湖池では「葦原島(あしはらじま)」とも呼ばれている。
日本の国を称えて言う言葉に、「豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)」という言葉があります。

つまり「葦原島」の呼称とは、この「豊葦原瑞穂国」を由来とした「日本列島」を表現して造られた島だとも云われています。

池にはいろいろな岩がありますが、その中でも大きい島が日本列島を表しているというから驚きです。
そして、足利義満といえば中国との貿易のため「日本国王」を名乗ったことでも有名。日本列島を池に配置することで、権力者であることのアピールのためにこの島を造ったのでしょうか。。。

さて、見どころは池や島だけではありません。

②夕日が絶景!夕佳亭

金閣寺の北側出口付近の高台にある茶室「夕佳亭」は、金森宗和が制作に携った代表的な数奇屋造りの茶室の一つです。夕方に金閣がまことに美しく見えるという意味から名付けられた茶室で内部は思ったよりも広くゆとりのある茶室で比較高い場所に造った為、茶室がはり出しているのが特徴です。
「この茶室から見る夕方が特に佳(よ)い」の意味合いから命名されました。

境内の高台にある「夕佳亭」からは、金閣が見降ろせます。

ここから見ることのできる夕日に輝く金閣の姿は格別です。

季節や天候によってさまざまな姿を見ることができる金閣ですが、晴れた日の夕方に是非見てみたいものです。

当時ここで飲む茶は格別に美味しかったことでしょう。

③出世祈願のご利益が!龍門の滝

金閣寺の舎利殿(金閣)の裏山には龍門瀑と呼ばれる滝や足利義満公縁の泉があります。滝を登り切った鯉が龍に変身するという中国の故事に由来しており、高さ2.3mの滝と鯉に似た石は出世祈願の効果があるとされています。これらは方丈や書院に通じる参道沿いにあり、禅と大陸の文化が融合した「北山文化」の一面を垣間見ることができるスポットとなっています。
歴史を感じる立派な滝です。
 (9585)

他にも見どころはありますが、金閣寺の代表的なスポットを3つに絞ってまとめてみました。

金閣は季節や天候といったシーンによっても多様な表情を見せてくれます。
京都へ観光した時には条件が違えば毎回訪れて、その違いを確認してみるのも面白いかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP