秘かなブームが来てる!お寺の法話の意味をご存知ですか?

少し前まではお葬式の時にお坊さんが話しているお話というだけの印象だった法話ですが、最近ではこの法話を自分たちの方から積極的に聞こうとする人々が増えています。ではなぜ法話を聞くのか、どうやって聞いていけば良いのか、などの詳細を調べてみました。

普段は聞けないもの?

法話へのお誘い|浄土真宗の法話案内 (398)

説教とも説法とも言われますが、もっとわかりやすく言うなら“仏さま教え(法)についての話”です。聞いたことがない、という人も少なからずおられるでしょう。それもそのはず、仏さまの教えは、いまではふだんの生活のなかではほとんど話題には上ってきません。またテレビ・新聞ではほとんど聞くことも読むことはできませんから。確かに、仏さまの教えなど、現代社会では必要ないと思われているのでしょう。しかしそうではありません。現代社会にこそ必要な話なのです。なによりもこの世に生まれることができた人間には、ぜひとも聞くべき(読むべき)話だと思っています。
法話へのお誘い|浄土真宗の法話案内 (400)

説教と聞くと怒られるというイメージを持つ人いるかもしれませんが、こちらでお話をするお坊さんの法話は怒っているというわけではなく、仏様の教えを話しているということなのです。そして普段なかなか聞けれない法話だからこそ、自分たちの方から法話を聞きに行くという人々が増えているようです。

お寺も積極的

法話の寺 遍照寺 (403)

来山者の目的は寺の建物でもなく花でも仏像でもなく、太田真照住職その人である。
太田真照住職が行うのは「しあわせ笑談」という法話。おもしろくてストレスも解消、 そして生きる勇気が湧いてくる。訪れるすべての人への応援歌だ。
「欲をすてるな、欲に執着するな」というテーマの法話は堅苦しさ一切なし。
太田住職のユーモアあふれる表情、そして話しぶりは聞く人たちを笑いの渦へと導き、 終わるころには老いも若きもみんながほがらかな顔になる。
太田住職いわく「売りは自分だから」と入山料・参拝料・法話料は無料。
人々を引きつける魅力は寺の中だけにとどまらず、各地で講演活動も行い、 知る人ぞ知る名物和尚になっている。
Free photo: Ancient, Architecture, Asia - Free Image on Pixabay - 1793421 (404)

基本的にはお金儲けを目的としていないので、話法を無料で聞かせてくれるお寺というのも増えているようです。中にはこちらのように、出来るだけ多くの人々に興味を持ってもらえるようにユーモアなどを織り交ぜながら話法を話してくれるお坊さんもいるようです。

中身はどんなもの?

BONZE bodhimandala お坊さんの小話(法話)〜浄土真宗〜INDEX(PC) (408)

お坊さんの小話(法話)集
子供のころ見たり読んだりした映画や小説を、大人になってあらためて見たり読んだりすると、まったく違った感じ方をすることが、しばしばあります。
それは…経験をつんで物事を深く見たり感じたり出来るようになっいるから…また逆に子供の頃の純真さを失っていたりするからと…その理由は様々です。
この『小話』も…繰返し読んでみてください。自分が健康なとき、病気のとき、恋をしているとき、失恋したとき、楽しいとき、怒っているとき、身近な人の死を経験したとき…さまざまなときに読んでみてください。そのたびに、書かれている文章は同じでも、感じ方・捉え方はきっと違ったものになるはずです。
法話 – 善福寺|和文のお経のお寺 (409)

法話には興味があるけれど、なかなか伺う機会がないという方や、仏の教えだけに内容が固いのではないかと考える人もいるかもしれませんね。ですが、実際には健康や恋愛など身近な生活の中に即した内容が中心となっているので、真剣に聞いていけば理解できる法話のが殆どです。

どうしても時間がない・・・

法話「偉大なる自分」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト (413)

できることなら、地元ので実際直接お話を聞きたいところですが、人によっては難しいという方もいらっしゃのでは?そういった方は、ネットサイトからでも自分の求めるお話を伺ってみるのもよいかもしれません。
今、自分はどんな人生を選んでいるでしょうか。自分の「偉大ないのち」の望みを本当に理解して生きているだろうか。自分の偉大さを引き受けるという、その決断が出来ているだろうか。
本当の自分は「どこまでも偉大な自分」なのです。だから、力がある。勇気がある。優しさがある。何もかも、すべて持っている。
さあ、あとはそれを使うだけです。「偉大なる自分」としての今を、精一杯に生きていきましょう。
法話を聞きたいがどうしても時間がないという人は、こういった法話を集めているサイトなどでどんなものがあるのかを調べるのも良いかもしれません。こちらのように素人が書いた内容ではなく、れっきとしたお寺に在籍しているお坊さんの書き下ろしの法話などを取り扱っているサイトも存在しています。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP