【寺コン】お寺で婚活?!今話題のお寺主催の寺コンとは?

何度かマスコミにも取り上げられているので、ご存じの方も多いかも知れません。静岡県にある龍雲寺から始まった今話題のお寺での婚活。今では『吉縁会』となり、1000を超える臨済宗寺院が協力しあって運営されています。お寺で行う婚活だけに、結婚に対してまじめな人が多そうという理由から、人気が急上昇したようです。そんな寺コンとはどういうものなのでしょうか。

浜松市 龍雲寺とは?

700年もの歴史のある『西湖山龍雲寺』とはどんなお寺なのでしょうか。
お坊さんのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (15423)

日頃から地域に根付いた活動を

小川には蛍が飛びサワガニが生息している自然豊かな境内。
お寺が行う活動しとして、寺コンの他に座禅会・写経会はもちろんのこと、企業研修やピラティス、結婚式や子供のサマースクールなど、地域に根付いた活動をされています。
中でも子供のサマースクールはとても人気で、参加希望者が多く抽選になってしまうほどです。

日頃から地域に根付いた人との縁を大切にする龍雲寺が、お寺での婚活を始めたのも自然な流れなのかもしれませんね。

どんなことをするの?

寺コンとなると、他の婚活パーティーとは違って何をやるのか想像つきませんよね。
やはり主催は寺ですから、内容はお寺関係になるようです。
仲の良い新婚夫婦のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (15428)

寺コンの内容

① 住職の説法
② 座禅・写経
③ 男女ペアで水引作りなどの共同作業
④ メールアドレスの交換
⑤ フリートーク
その都度、メールアドレスの交換の仕方、共同作業の内容など変更がありますが、開始から約3~4時間ほどで終わります。

結婚相談所と一緒で、けっこうお金はかかるの?

飛んで行くお金のイラスト(円) | かわいいフリー素材集 いらすとや (15434)

入会金・年会費・成婚費などはなく、実費のみ(食事が無い場合)約3000円で参加できます。
ただ、現在の会員数も7年で9000名と増え、会場も静岡の浜松から東九州の大分までと増えていますが、やはり一度に応募する人数に限りがあるので、倍率も受験並みに高いこともあるようです。

参加している年代は何歳くらい?

30代後半から40代のアラフォー世代が目立つようです。しかし、最近メディアに取り上げられ、若い年代から年配の人まで、参加する年代は幅広くなりつつあるようです。

寺コンはチャンスが多い!

メールをするカップルのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (15439)

婚活では相手に連絡先を聞く、もしくは知らせるチャンスは少ないです。
しかし寺コンはそのチャンスが非常に多いのです。
寺コンでは基本、連絡先としてメールアドレスのみ知らせる形になります。

メールアドレスを知らせるルール≪用意するもの編≫

●名刺サイズの名前とメールアドレスを記載したカード
参加人数分用意してもいいですし、1枚でも構いません。ただ、メールアドレスを教える人数は制限されませんので、当日になって困らないよう複数枚用意することをおすすめします。

●封筒
最終的にこの封筒にアドレスを入れてもらうことになるので、メッセージを記入したり、綺麗な封筒を用意するなど配慮した方がいいでしょう。

メールアドレスを知らせるルール≪当日編≫

閉会式の前に、メールアドレスを相手に知らせる時間があります。
男女別々に違う部屋へ案内されます。そこにはそれぞれ個々で用意した封筒が、男性の部屋には女性が用意したもの、女性の部屋には男性が用意したものが置かれていて、自分が気に入った相手の封筒に、名前とメッセージが入ったカードを入れます。
1人でもいいですし、もう少しお話したいと思ってカードを入れるのもいいです。
閉会式後、自分の封筒が返却されます。
その封筒には異性のカードが入っていますが、希望していた異性とも限りませんし、必ず入っているとも限りません。
しかし、ここが寺コンのいいところです。
通常の街婚や婚活パーティーだとここで終了ですが、寺コンの場合相手には自分のメールアドレスが伝わっています。そのため、返信が来るかもしれないという可能性が生まれます。

新しい婚活のカタチ『寺コン』

返信があるかも知れないという可能性が生まれること、連絡先を相手に確実にお知らせする事ができること、また逆に自分の封筒に連絡先が入っていて連絡をとってみると結婚まで発展したというケースも少なくありません。
お寺の好意から始まった寺コンはチャンスが多いのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP