お寺と仏壇の関係は?あらゆる方向から見てみました

仏壇とは、その家庭で信仰しているご本尊や、ご先祖様をお祀りするための施設のことを言うそうです。
そう聞くと、宗教と関係が深いものだということは何となく分かると思いますが、実際お寺と仏壇はどのような関係があるのでしょうか?

お寺も仏壇を購入している?

 (5030)

翠雲堂では家庭用仏壇仏具の他に、寺院用仏具の製造販売も行っております。
皆様の信頼とご支援により、日本一の実績を持つ様になりました。篤く御礼申し上げます。

巨大仏像から繊細な仏具まで幅広くご要望を承っております。
お気軽にお問合せください。

寺院用仏具は、家庭用仏具と違って大きさも大きく、特殊なものが多いため、仏教各宗派の専門的知識と、優れた職人のネットワークがないと扱うことができません。
 仏壇屋 滝田商店では、大正2年の創業以来、木地師、塗り師、金箔押師、蒔絵師、彩色師、錺金具師などの優れた職人と共に仏具を製作し、数多くのご寺院のご支持を頂いてまいりました。
お寺の仏壇というと、家庭用の仏壇と比べるととても大きく、荘厳な雰囲気に圧倒されます。
確かに立派なものなんですが、お寺用の仏壇を作っている会社が存在し、巨大な仏像などもそちらで購入されている場合が多いそうです。
その様子を想像すると、お寺に対して少し親近感が湧きますね。
 滝田商店ではご寺院様専用の「寺院仏具カタログ」を発行しております。

 ご希望のご寺院様は専用フォームにてお申込ください。

最近はインターネット通販でも、寺院用向けに仏具などが購入出来るようになっています!
実際足を運ぶのがなかなか難しい時や、地方の寺院の方にとっては有り難いですよね。
カタログを送付してくれるサービスを行っている場合もあるので、吟味して決められます。

家庭用の仏壇を購入したときに、すべきこと

 (5036)

お仏壇を買ったときはお寺さんに何かしてもらうの?

お仏壇を新たにお迎えになった時、お仏壇というよりもご本尊に魂入れをしていただかなくてはなりません。その際はご自宅に来ていただくか、菩提寺にご本尊(掛軸か仏像)をお持ちになりお経を上げていただくという2通りの方法があります。

お仏壇を購入したら、「開眼法要」をお寺様に依頼します。
宗派により言い方は異なり、「開眼供養」、「入魂式」、「魂入れ」ともいいます。
これはご本尊(仏像・掛軸)に魂を入れる法要です。ご本尊に尊い魂が入って完成として、仏像もしくは掛軸に魂を入れるための法要を執り行います 。

ただし、浄土真宗の教義では、仏壇や本尊などに魂が宿るという概念が無いため、「開眼法要」、「入魂」とは言わず、入仏慶讃法要(にゅうぶつけいさんほうよう)もしくは、入仏法要(にゅうぶつほうよう)、入仏式と言います。
浄土真宗で言う、入仏とは「新しくご本山=本願寺よりご本尊さまを家にお迎えする」の意味ですので、他宗派さんで用いる本尊に魂をいれる入魂的な意味合いはないので注意して下さい。
ただし、新しく、家に御本尊を迎え入れた場合、お寺様にお経を上げて頂くのは他の宗派と同じです。

仏壇も今回購入したのですが、仏壇を新規に購入した際は他の宗派ですと「開眼供養」ということをお坊さんにお願いすると知りました。
家庭用の仏壇を購入された時に、すべきことがあります。
購入したままただ置いておくのではなく、近くのお寺にお願いをして「開眼法要」をして貰いましょう。
これは仏壇に魂をいれるための儀式です。魂の入っていない仏壇は、意味がないと考えられています。
仏壇を購入される際は、、「開眼法要」についてもよく考えておきましょう。

仏壇の預け方とは?

何らかの事情で、時には仏壇を誰かに預けておきたいということもあるかもしれません。
 (5044)

宜しくお願いします。今現在、弟に仏壇を預けています。しかし、供養もされずにあります。理由は長々となるので省略します。それで長男の私が引き取りたいと思うのですが、妻が反対しています。何故かを書くと、これも話が長々となるので省略します。そこでとりあえず、同じ宗派のお寺に預けたいと思っているのですが、預かってもらえるのでしょうか?どうか、教えて下さい。

檀家じゃない限りは、基本的には無理でしょう。
菩提寺であれば、場合によっては位牌と本尊くらいは預かってくれる可能性はあります(当家の位牌堂や納骨堂がある場合なら恐らく大丈夫でしょうけれども…もちろん「量」にもよります)が、いずれにしても仏壇本体は無理ですね。寺が好意で預かっても、その後に音信不通になる場合も多々あり、そうなると処理に非常に難儀しますから。現実にはそう言う事がよくあります。特に供養も何もしていない「幽霊檀家」の場合、音信不通になる可能性が高いと判断されるでしょうから、尚更のこと難しいでしょうね。

■仮住まいする際仏壇はどうするか?
仮住まいはマンション、アパート、一軒家になると思いますが
賃貸物件には仏壇を置く場所や、神棚がないので困りますよね。

仮住まいは数カ月と短いので位牌と仏具のみを仮住まいに持っていき
仏壇はレンタルルーム等に使わない荷物と一緒に預ける方が多いようです。

位牌・仏具は高価で壊れやすいものもありますので
出来れば段ボールに必ず梱包して入れ自分の手で運ぶことをオススメします。
業者さんにお願いする時は仏具が入っていることを明記し
気を付けるようにお伝えしてください。

お墓を管理してるお寺に位牌を預ける事って出来ますか?

曹洞宗の寺嫁です。
当寺の場合は、御遺骨や御位牌を無料で預かります。
ただ、お寺によって違うかもしれないので、菩提寺様に聞かれるのが一番良いと思いますよ。

自宅のリフォームをしたり、海外へ用事がある時など、時には自宅を長い間開けなくてはならないこともあるでしょう。
「その際、仏壇をどうしようか?」
「誰かにお願いできないだろうか?」と考えますよね。
仏壇については、お寺で預かってもらうということは難しいかもしれません。
仏具などと一緒に丁寧に段ボールに梱包し、レンタルルーム等へ預けましょう。

ただし、位牌のみでしたら、預かってもらえるお寺もあるそうです。
可能かどうかはお寺によって異なるので、いきなり持ち込むのではなく、あらかじめ問合せをしておきましょう。
魂の宿る仏壇。上手に、付き合っていきたいものですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP