宿坊で出来ることってなに?宿坊で体験できることをご紹介♪

宿坊とは、お寺への参拝者が身を清めるために泊まる宿泊施設のことです。最近では広く一般の方々にも門が開かれており、気軽に利用ができるようになってきました。人気のヒミツはやはり、日常を離れた体験ができること。さて、宿坊で出来ることとはいったい何でしょう?

 (15014)

精進料理が食べられる

肉や魚抜きの、仏教の戒律に基づいて調理された料理をいいます。四季折々の食材をうまく利用しており、かつ栄養バランスもとれた理想の食事だといえます。特に現代人に偏りがちな脂質やカロリーが抑えられている点も近年見直されている理由です。
決して豪華な食事ではありませんが、技巧が凝らされ丁寧につくられた食事をありがたくいただくのも宿坊に泊まる醍醐味といえるでしょう。
 (15035)

座禅に挑戦出来る

禅宗のお寺であれば、座禅を体験することができます。姿勢を正し(調身)、呼吸を整え(調息)、そして心静かに(調心)座禅を組みます。心身のバランスをとる精神統一の修行です。座禅の作法や座り方など、お寺で指導をうけながら行います。
 (15037)

お寺での厳かな雰囲気の中で、普段の仕事や日常の悩みから解放されて心を無にしてみましょう。
現代人は日々の生活に追われ、自分と静かに向き合う時間が少なすぎます。そこでは心身のバランスかくずれがち。ここで学んだ座禅の経験を、その後の日常生活にもつなげていくことが大切ですね。

朝のお勤めに参加

お寺の住職が仏前でお経を唱える法要が主ですが、仏教に基づいたお話をする法話であることもあります。まず早起きをして、朝のお勤めに参加してみましょう。そのあと朝食をいただき、すっきりと気持ちのいい一日を迎えることができるでしょう。
基本的には朝のお勤めは5時半や6時あたりに行われるもの。参加は任意である場合もありますが、せっかくの宿坊まできたのだから、滞在中は是非この機会を活用してみてくだい。
また法話は、生きていく上でのこころのあり方など、仏教の教えに基づき住職がお話してくださるもの。自分の人生に照らし合わせながら、考えをめぐらす機会にしたいものです。
 (15038)

読経でリラックス&集中力アップ

朝のお勤めの際には、読経が行われます。もともとは仏教を広めていく伝承の方法であったとされていますが、今では読経自体にも徳があり修行のひとつとして行われています。
お坊さんたちの魂のこもった読経に静かに耳を傾けてみるのもいいですね。そこでは、お焼香をしたり、経本を手に自ら読経することもできる場合もあります。
自ら声に出すことで、耳だけでなく体全体でお経の世界に浸り、心も体も活性化することができる瞬間です。

写経も是非してみましょう

写経とは、仏教の経典を書き写すこと。これも修行のひとつで、徳があるとされています。276文字からなる般若心経や10個の言葉から成り立つ十句観音経などを書き写し、筆と墨を使い、時間をかけて丁寧に書いていきます。

精神を統一して、普段つかわない筆で字を書くという行為そのものが、現代人にはリラックス効果がありそうですね。

 (15039)

滝行にもトライ

滝行とはその名のとおり、滝に打たれる修行方法です。自然の中で行われるので、危険もともなうこともあり、初心者の方は指導員の指示を受けながら受けることもできます。
滝に入る前に礼をして、お経などを唱えます。その後水にはいり、さらに滝の下へ。すさまじい滝の流水に打たれながら精神統一をはかります。それを2~3回繰り返し、再び滝に礼をしてもどります。
Free photo: Croatia, Lake, Waterfall, Nature - Free Image on Pixabay - 78070 (15041)

滝行はかなり勇気のいる行為ですが、これぞまさに非日常の極みです。体調がゆるすならば、人生に一度はやってみたいものです。

まとめ

宿坊で出来ること、他にもまだまだたくさんあります。お寺と周辺の自然環境を楽しみながら都会の喧騒を離れ、非日常を楽しんでみるのもいいものですね。心もやすらぐ宿坊での旅。是非一度プランしてみてはいかがでしょうか。
 (15042)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP