《盆・お盆》の起源とは?なぜお盆休みがあるのか?

盆・お盆と言えば、日本の多くの会社が休みになり、里帰りをする方が多いですよね。そんな盆・お盆はどのような理由から設けられたのでしょうか?またお盆休みはなぜ生まれたのでしょうか?その理由を調べてみました。

盆ってどういう意味?

盆・お盆とは祖先の霊を供養する行事です。お盆の期間・お盆の時期には祖先の霊が子孫や家族の元に帰って来るとされ、盆の入りには迎え火を焚き祖先の霊をお迎えし、盆明けには送り火を焚いて送ります。
盆の時期が多くの企業で休みなのは日本の良い文化だと言えますね。帰省をする家庭が多いのも盆の文化の影響だと思われます。

盆・お盆の始まりとは?

お盆とは正式には【盂蘭盆】といい、古代のインド語の一つであるサンスクリット語の「ウランバナ」を漢字にあてはめて読まれた言葉です。

お釈迦様の弟子の目連は、母親が死後の世界で餓鬼道に堕ちて飢えに苦しんでいる姿を見て、お釈迦様に母を救う方法の教えを請いました。その教えに従って、布施や供養を僧侶や多くの方々に施したところ、その功徳により母親は極楽浄土に行くことができました。それ以来、目連が多くの人に施しをした7月15日は先祖供養の大切な日となったと伝えられています。

また一方中国では仏教以前から死者への祖霊の儀式もありました。これらが一緒になって日本に祖霊信仰として伝わってきたとも言われます。

お盆の時期お寺では「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という法要を執り行います。各家庭ではお盆には故人の霊が帰って来るといわれ、お供えや提灯を飾ってお迎えします。

始まりは仏教と中国文化なのですね。

お盆の期間はいつからいつまで?

日本ではお盆休みが定着していますが、本来のお盆の期間はいつからいつまでなのでしょう。
お盆の日にちは地方によって異なります。
◆東京など都市部では、 7月13日~16日(4日間)に行うことが多いようです。
◆地方では、 8月13日~16日(4日間)
※日付に関しては始めと終わりが多少異なることはあっても15日を含むことは変わりがありません。

◆旧暦のお盆は8月の12日ですが、 地方でのお盆は一ヶ月遅れの形式で行われるのが一般的です。
※その理由は、15日という「日へのこだわり」があるためでしょうね。
旧暦のお盆の15日というのは満月の日という意味です。
しかしそのような意味合いも、解りやすく憶えやすいことが優先されて、現在のような「一月遅れのお盆は8月15日」というところに収まったのだと思います。
旧暦で年中行事が行われていたころには7月15日が中心になっていましたが、 現在では新暦の7月13日から15日まで、ないしは8月13日から15日までというのが一般的になっています。

・地域によってさまざまですが、お盆は全国的に都市部を除くと8月ということになります。

お盆は8月だけだと思っていましたが、7月にお盆がある場合もあるのですね。全国的には8月のお盆の方が強いのでそれに準じて休みも8月にあるのですね。

盆の期間にやること

■13日:迎え盆(お盆の入り)
夕方に仏壇や精霊棚〔しょうりょうだな〕(※)の前に灯りを灯した盆提灯〔ぼんちょうちん〕を置き、庭先や門口に皮をはぎ取った麻の茎(麻幹〔おがら〕)を焚きます。この灯りと炎を「迎え火」と言い、精霊に戻る家の場所を伝えます。また、先祖の墓が家の近くにある場合には、お墓の前で盆提灯や盆灯籠を灯し、お墓から家まで精霊を案内します。このように、お盆は精霊を家に迎え入れる事から始まります。
※精霊棚…精霊を迎えるために、お盆の間だけ臨時に設ける祭棚のこと

■14日・15日
精霊が家に留まっている期間です。仏壇にお供え物をして迎え入れた精霊の供養をします。

■16日:送り盆(お盆の明け)
16日の夜に、精霊は再びあの世へ帰っていきます。この時、迎え火と同じ位置に今度は「送り火」を焚き、再び帰り道を照らして霊を送り出します。

祖先の魂も里帰りしている印象を受けますね。
人魂のイラスト(妖怪) | かわいいフリー素材集 いらすとや (30477)

なぜお盆休みがあるのか?

そもそもなぜお盆休みそれ自体が存在するのでしょうか?
 (30478)

3世代同居も少ないですし、3世代が集うことが出来るのが、お盆休みのいいところですよね。
現在の日本企業では、お盆休みとしてお盆の中日である8月14・15日を挟んで、前後3日~5日を休日にするというところが多く、お盆の週は1週間お盆休みという企業も珍しくなくなってきました。

このお盆休みという考え方は「薮入り(やぶいり)」や「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」からきたのではないかといわれています。

また新たな用語が出てきました。「薮入り(やぶいり)」や「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」はどいったものなのでしょうか?見ていきましょう。

藪入り

薮入りとは、1月16日と7月16日の年に2回、奉公人が主人から休暇をもらい、実家に帰ることをいいました。
(中略)
昭和40年代頃までは、東京のデパートやお店でも薮入りの日は休んでいましたが、時代の流れとともに「薮入り」という言葉と行事は忘れ去られていきました。戦後の集団就職の頃には今よりも一斉にお盆の時期に帰省ラッシュが見られました。

この「薮入り」の名残で、多くの企業がお盆の時期にはお盆休みがあると考えられています。また、お盆には先祖供養でお墓参りに行くといった慣習も影響しているのでしょう。

閻魔の賽日

また、仏教では、この日を「閻魔の賽日(さいじつ)」といい、地獄の獄卒(ごくそつ)と呼ばれる、囚人を取り締まる役人さえも休む日とされていたため、奉公人も休むことになったといわれています。
この日は1月16日と7月16日のことを指すのですね。逆に1月16日がなぜ休みでないのかと思いましたが、年末年始休みの直後なので休んでもいられないのでしょう。
「薮入り(やぶいり)」や「閻魔の賽日(えんまのさいじつ)」といった、日本の文化的伝統がお盆休みを作り出したのですね。地獄の釜も開くお盆の時期、あの世もこの世も休息をとることが許された時期でもあったようです。ご先祖様の墓前を清掃したり、挨拶をしにいくためにはやはりある程度まとまった休日が必要となるためとても大切な休暇ですね。

最後に

 (30889)

盆・お盆は大人の夏休みや墓参りに行く期間といった印象しかありませんでした。
ですが今回、深く調べてみると地域によって期間が違ったり、お盆の中でもやることが決まっていたり独特な風習があったりと奥が深いものだと感じました。
ただ、『休めてラッキー』というものではなく、親族で集まり先祖を手厚く迎えそして送る。
一族の繋がりを大切に紡いでいく大切な行事なのですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP