大丈夫?送り盆の正しいやり方を確認しておきましょう

先祖の霊が帰ってくるといわれているお盆。そのお盆の最終日「送り盆」の正しいやり方を改めて確認してみようというのが今回の記事になります。すでに手馴れたものだ、という方でもときには再確認してみるのも良いと思いますよ?

お盆とは

2015年のお盆休みはいつからいつまで?お盆の意味と由来! (13221)

お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われた。現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。

そもそも「お盆」とは、仏教用語の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称で「お盆」なのだそうです。
元々お盆は精霊への供物を置く神聖なものであるとされていて、それが徐々に精霊を祀ることそのものを指すようになり盂蘭盆会とお盆の意味が混合してしまったといわれています。
こうして現在の「お盆」という呼称になっていったようです。
お盆の正確な起源はわかっていませんが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に、
先祖の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事がありました。

それが、初春のものが先祖の霊の年神(としがみ)として、神格を強調されて、
「正月」になったり、
初秋のものが「盂蘭盆」と習合して、仏教の「お盆」の行事になったと言われています。

送り盆

送り盆とは、お盆で家に帰ってきていたご先祖様の霊をあの世へと送り出すことです。ざっくり言ってしまうとお盆の後片付けを総称して送り盆と呼びます。
基本的にお盆最終日、もしくはそれ以後の後片付けのときがそれになります。多くの地域ではお盆は8月13日~8月16日なので、最終日の8月16日が送り盆になりますね。
東京など一部地域では7月13日~7月16日がお盆になるので、こちらでも同様に最終日の7月16日が送り盆となります。
 (13561)

精霊棚(盆棚)

盆棚の飾り方|仏事まめ百科|仏事のQ&A|メモリアルアートの大野屋 (13217)

精霊棚とは、お盆のみに用いられる祭壇のようなものです。盆の間は位牌を仏壇から取り出し、仏壇の扉は閉めて、その前に飾り付けをします。
精霊棚(しょうりょうたな)は送り盆の際には飾りは片付けて塩で清めてから蔵にしまう、あるいはゴミ出しすることになります。
ご先祖様への労いの心を忘れずに行うと良いでしょう。

キュウリの馬・ナスの牛

お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味って何?いつ飾るもの?地方などで違う? | 四季の暮らし お役立ち情報サイト (13226)

キュウリの馬・ナスの牛は古くから送り盆のときに河川や海に流して先祖の霊とともに送り出す、ということをしていました。
しかし現在では環境保護法等でみだりに河川や海に物を流すことは禁止されてしまいました。
ですので現在流の作法としては、精霊棚の他の生ものと共にお塩で清めてからもえるごみに出すことになります。このときに通常の生ゴミとは別にしておくのが良いとされます。
お盆になすときゅうりで作る馬と牛は精霊馬・精霊牛と呼ばれ、お盆に、ご先祖様が行き来する乗り物として作られました。
なすときゅうりで作った精霊馬の意味はなすやきゅうりは夏野菜ということもあり、きゅうりは足の速い馬として見立てられ、あの世から早く家に戻って来れるように。
ナスは歩くのが遅い牛として見立てられ、少しでもこの世から帰るのを遅らせようとしたとされています。お盆にご先祖様を供養するお供物などを持ち帰ってもらう為に牛にしたとも言われています。

初盆の白提灯

盆提灯 新盆用白提灯 3222-0 −滝田商店 (13233)

昔は送り盆の際に焼いて処分していたのですが、現在では一般家庭での焼却処分は禁止されています。ですので一部分だけ燃やしてすぐ火を消し、それを白い和紙で包んでもえるごみとして出すのが作法となっています。
もちろんこれ以外の提灯は毎回ゴミ出しする必要はありません。あくまで初盆用の白提灯のみで、他の提灯は蔵にしまっておいて、毎年使っていけばOKです。
盆提灯とは、お盆のみに用いる飾りです。
先祖の霊が迷わすに戻って来られるように照らす役割をすると言われています。
盆提灯には初盆・新盆用の白提灯と、翌年目以降も使うカラフルな盆提灯の2つのタイプがあります。

大事なのはご先祖様を送る心

あまりにも完璧にこなそうとして心の余裕がなくなるようでは本末転倒です。
多少のことは置いておくにしても、ご先祖様を気持ちよく送り出す心こそがもっとも大切ですよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP