【無病息災】小正月に神社で行われる”どんど焼き”って?

日本で全国的に行われているどんど焼き、昔は集落ごとに各地で行われていましたが、今では主に神社で行われています。神社以外では町内会や子供会が主催するものがあります。この記事では、どんど焼きの起源、呼び名、燃やして良いものなど、様々な情報をご紹介致します。

"どんど焼き"とは?

 (15293)

どんど焼きは小正月(=1月15日)の行事の1つで、松飾や、しめ縄、書き初めなどを持ち寄り、それを1か所に積み上げて、燃やすもので、無病息災と五穀豊穣を祈る行事です。

どんど焼きの火にあたったり、残り火で焼いた団子や餅を食べれば、その年1年間は健康でいられるとされています。
また、書き初めを焼いた炎が高く上がると字が上手になる、ともいわれています。

どんど焼きは歳神様の送り火

歳神様は、正月元日に、日の出とともに家にやってきて、1年間その家に幸せをもたらしてくれるのです。
歳神様はまず、玄関の門松にやってきます。次いで、家の中に入って鏡餅に年神様の魂が宿ります。1月15日(小正月)のどんど焼きの炎と煙に乗って、天上へ帰っていくのです。

どんど焼きは地域によって「呼び名」が違う!

どんど焼きは左義長とも呼ばれ、日本全国で行われていますが、地域によって呼び名が違うのです。幾つか例を挙げます。

*どんど焼き…群馬、愛媛など
*さぎっちょ…富山、石川等
*とんど…奈良、広島等

そのほか、次のような言い方もあります。
お焚き上げ、おんべ焼き、どんどや、ほっけんぎょう

これまでに出てきた言い方以外にもまだたくさんの呼び名があります。

どんど焼きの起源と語源

 (15419)

平安時代に貴族の間で現在のホッケーと似た遊びがありました。球を打つステッキのようなものを毬杖(ぎっちょう)といいました。正月の15日に、毬杖を3本束ねたものに扇子や短冊などを取り付け、これを陰陽師が歌いはやしながら焼いて吉凶を占いました。この行事を三毬杖(さぎっちょう)と呼びました。この行事が民間に伝わって、今のどんど焼きになったと言われています。
そのため、どんど焼きのことを左義長(さぎちょう)と呼ぶこともあるのです。

どんど焼きはいつ行われる?

 (15421)

1月15日が成人の日として祝日になってからは、ほとんどのどんど焼きは1月15日に行われていました。しかし、その後(平成12年から)成人の日が15日でなくなったときから、どんど焼きの日程も15日前後の土日に移動する地域が多くなっています。
現在では、いずれも1月15日の近くですが、神社により、地域により、それぞれが設定しています。

神社のどんど焼きで燃やせるもの

 (15420)

一般的には、門松やしめ飾りのような正月飾りと書き初めです。

それ以外に、神社でいただいたもの(破魔矢、おみくじ、お札、お守りなど)は、神社のどんど焼きで焼くことができるようです。

さらに、だるまやまねきねこ、年賀状、子供の描いた絵、こいのぼり、掛け軸、ぬいぐるみ、人形、賞状、クリスマスツリーなどもOKのところもある、とのことです。

おわりに

どんど焼きで燃やせるものは、どんど焼きを主催する神社や地域によってまちまちです。
間違いなく受け入れてもらえるのは、門松やしめ飾りのような正月飾りだけと言ってよいでしょう。それ以外のものについては、主催する神社や地域の組織に事前に確かめる必要があります。

なお、どんど焼きで燃やすものは、正月飾りもそれ以外の物も、プラスチック類や、金属が含まれている場合は、それらを取り外したうえで持っていく必要があります。 どんど焼きに持っていく前に十分にチェックしてください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP