【日本三大恵比寿】「京都恵美須神社」へ行ってみよう!

京都で商売繁盛の神社といえば伏見稲荷を連想される方が多いと思いますが、京都には日本三大恵比寿のひとつである【恵比寿神社】があります。ニュースなどで見る「福笹」は十日戎です。お休みがうまくとれたならばぜひ十日戎に合わせて京都に行ってみてください!

恵比寿神社

 (10062)

ご祭神は事代主神(ことしろぬし)。
大国主神、少彦名神。事代主神は大国主神の息子です。
恵比寿様というと蛭子神のことを指す場合もありますが。
こちらではえびす様=事代主となります。
どちらにしてももともとは海に関係する漁業の神様で、
のちに商売繁盛の神様となりました。
土御門天皇の建仁2年(1202年)、
禅の祖といわれる
栄西禅師が建仁寺建立にあたり、
その鎮守社として最初に建てられたものだそうです

日本三大恵比寿のひとつ

京都ゑびす神社 - コトログ京都 (9799)

日本にはたくさん恵比寿神社がありますが、

京都 京都ゑびす神社
大阪 今宮戎神社
兵庫 えびす宮総本社 西宮神社

この3つの神社は日本三大恵比寿と言われています。

参拝は鳥居をくぐってください

 (9805)

神社は鳥居がある表から入るようにしましょう。
(裏から入ることを福返しというそうです。)
一の門をくぐると次の門(鳥居)のてっぺんの中心に
恵比寿さんがいらっしゃいます。
そこに福箕があるので、恵比寿さんに向けてお賽銭を投げてみましょう!
10円等、重めの硬貨が狙いを定めやすいです。
恵比寿様の顔の下、熊手の上に網のようなものがあります。
ここにお賽銭を投げて上手く入ると、願いが叶うと言われています。

十日ゑびす大祭(初ゑびす)って何?

初えびすという言葉を聞いたことありますか?
福笹をもらいにいったりマグロに硬貨を貼りつけたり、
ニュースで見かけるあの行事は「十日戎」「初えびす」という
恵比寿神社の行事です。
毎年1月8日から12日の5日間、
初えびす(十日ゑびす)が行われ、
毎年商売繁盛のご利益をもとめて多くの参拝客に賑わいます。
五日間にわたる神事で、商売繁昌・家運隆盛を祈願した
吉兆の笹が授与される。
そのほか、
縁起物の大宝・福俵・福箕・熊手・福鯛・宝船・宝来
なども授与される。
8日の招福祭から12日の撒福祭まで、
毎日さまざまな神事がとり行われる。
福笹の説明は後ほどいたします。

十日戎の流れ

①福笹をもらいます。
福笹とは十日戎で手に入れる縁起物です。
福笹を福娘からもらいお好みで吉兆
(縁起物の大宝・福俵・福箕・熊手・福鯛・宝船・宝来)
をつけます。
福笹は3,000円、吉兆は500円から2,000円です。

②飾りつけをした福笹を持ってお参りへ行きます。

福笹について

ブログ:ノルマ!!: 残り福:京都恵比寿神社09 (9795)

今日多くの方はゑびす様と言えば
「商売繁盛の笹」をイメージされますが、
ゑびす信仰の象徴とも言える笹は元来京都ゑびす神社独自の
「御札」の形態が広まったものです。
笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で
「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」
「葉が落ちず常に青々と繁る」といった特徴から
家運隆昌、商売繁盛の象徴となりました。
福笹は巫女の舞で清めます。

変わった参拝方法

初ゑびす 残り福祭 - 京都ゑびす神社 : 一年365日 京日和 Ⅱ (9789)

拝殿横の壁に「優しくトントンと叩いてください」という
張り紙があります。
これには理由があります。
何でも戎様は耳が遠いと言うことで、
正面からお参りした時した願い事が聞こえていない
可能性があるんだそうです。
それで皆さん念のために此処を叩いて、
もう一回お願いをしていく、
と言うわけです。
トントンと叩いて自分が来たことを知らせてから正面へ周りお参りをします。

残り福

1月11日は「残り福祭」といい、
舞妓さんが来られます。
残り物には福があるということ、
また舞妓さんに会えることから
この日を目指して来られる方も多いです。
ブログ:ノルマ!!: 残り福:京都恵比寿神社09 (9760)

残り福には、祇園町と宮川町から舞妓さんが奉仕に来られ、
福笹と福餅を授与してくれます。
舞妓さんをお目当てに、残り福に来られる方も多いんでしょうね。

混雑する日

5日ともかなりの混雑ですが
特に10日と11日は夜でも大変混み合います。

素朴な疑問

Bernard Lykes (@skyc0dephotography) | Instagram photos and videos (9820)

持ち帰った福笹はどうすればいい?

東か南の方角の高い位置にお祀りします。

返却できない福笹はどうすればいいの?

近くの神社で、お焚き上げとして境内所定の場所に納めてください。
納めるときには、神様の感謝御礼の気持ちも込めて、
納める福笹と同額程度のお焚き上げ料を添えて納めてください。

参拝料金・参拝時間

■参拝料金:無料

■参拝時間:通常9時から17時
十日戎のときは9時に開門、閉門時刻は23時であったり0時であったり、
この5日間は閉門時刻が異なります。
ちなみに、1月9日と10日は閉門しません。

アクセス

■住 所
京都市東山区大和大路通四条下ル小松町125

■連絡先
075-525-0005

京阪電車「祇園四条」から徒歩約8分です。

駐車場

2台ほど駐車スペースがあるのですが
駐車することは難しいです。
近くには八坂神社や清水寺があり
お車でこの近辺に来るのは混雑に自ら入るようなもの、
また、人も多く運転するのも神経を使います。
数台駐車ができる有料の駐車場はありますが
公共交通機関を利用したほうが良いでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP