知ってるようで知らない!?寺社仏閣の参拝方法

初詣などで足を運ぶ機会のある神社やお寺ですが、見よう見まねで何となく参拝していませんか?神社とお寺では参拝方法にも違いがあります。意外と知らない寺社仏閣の正しい参拝方法について紹介します。

神社参拝は「二拝二拍手一拝」

 (16970)

神社は神道の信仰に基づくもので、八百万(やおろず)と言われるように自然やその土地の護り神、皇室や氏族など実在の人物や伝説上の人物、動物など多種多様の神が祀られています。
入り口に鳥居があり、神社の周りには『鎮守の杜』と呼ばれる森林があることが多いです。

参拝方法は「二礼二拍手一礼」が基本となります。

1.鳥居の前で服装を整え、一礼してから中へ入る

鳥居は、外界と神霊が鎮まる神域の境界線です。
服装を正し、神様にお辞儀で挨拶をしてから入ります。
参道の中央は神様の通り道なので、端を歩くようにします。

2.手水舎(ちょうずや、てみずや)で身を清める

この動作は禊(みそぎ)の儀式を簡略化したものです。
お参りの前に手と口をすすいで清浄します。

3.二礼二拍手一礼で参拝する

・浅く頭を下げ、鈴を鳴らしてお賽銭を納める(逆でも大丈夫です)
・2回お辞儀ををする(二礼)
・手を胸の高さで合わせた後、右手を少し下げて2回手を打つ(二拍手)
・指先を元のように合わせてからお祈りをする
・手を下ろし、最後に1回お辞儀をする(一礼)

出雲大社や宇佐八幡は「二礼四拍一礼」になるので注意が必要です。

寺院参拝は"拍手"を打ってはいけない

 (16969)

お寺は仏教の信仰に基づきます。
インドから伝わり、お釈迦様の遺骨を納めるとされる仏舎利塔があったり、仏像を崇めています。
神社への参拝と違い、拍手を打つことはNG行為なので気をつけましょう。

1.山門の前で一礼してから中に入る

山門は外界と聖域の境界です。
参道は端の方を歩くようにします。

2.手水舎で身を清める

方法は神社と同様で、手と口を清めます。

3.鐘をつく

一般参拝者の鐘つきを禁じてる所もありますので、許可がされていない場合はついてはいけません。
また、参拝後は絶対に鐘をつかないように。
「戻り鐘」と呼ばれ、縁起が悪いと言われています。

4.ロウソクとお線香を上げる

ロウソクで仏様の知恵を、お線香は仏様の徳をいただきます。宗派によりますが、一般的にロウソクは1本、線香は通常3本とされています。

5.本堂に入って参拝する

参拝方法だけでなく、"お賽銭"の意味合いも違う!?

 (16971)

お賽銭を入れる際に、神社は鈴、お寺は鰐口を鳴らします。

鈴は心霊を招く道具とされ、神社の鈴には邪気を祓う意味があります。
神社でのお賽銭は、神様への日頃の感謝のお礼の気持ちをお伝えするために収めます。

一方、お寺の鰐口は、仏様に参拝することを伝える行為です。
お寺のお賽銭は自分の欲を捨てるお布施と考えられており、大切な修行の一つとなっています。

このような違いを知ると、参拝の際の気持ちや向き合い方も変わってきますね。

どちらに参拝するとしても、感謝の気持ちを忘れずに。

 (16917)

もちろん正しい参拝方法は大切ですが、観光地としても有名な寺社や初詣の際には人が多く、全ての工程をしっかり行うことは難しい場合があります。
作法ばかりにこだわるのではなく、神様や仏様に挨拶をし、感謝の気持ちを込めることが大切です。
お願い事が叶ったら、お礼参りも忘れないようにしましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP