知っているようで知らない【東大寺】を復習しよう!

奈良の【東大寺】と言えば社会科の授業で必ず習うし、誰もが知っている大仏さんがおられるお寺です。でも、どんなお寺か覚えていますか?今回は大人になって再発見できる東大寺にスポットをあててみました♪ぜひ行ってみてください。

東大寺

天平文化の象徴といってもよい寺で、
世界最大の木造建築である大仏殿や、
見事な彫像群が並ぶ法華堂、
伝統行事の「お水取り」の舞台である二月堂など、
じっくり見て回ると、一日かけても足りないほどです。
テーマ「東大寺」のブログ記事一覧 写真ブログ「一期と、一絵」 /ウェブリブログ (7933)

社会科の授業で741年に聖武天皇が建立した寺であり
金堂には大きな大仏があると習いましたね。
奈良時代には中心堂宇の大仏殿(金堂)のほか、
東西2つの七重塔(推定高さ約70メートル以上)を含む
大伽藍が整備されたが、中世以降、2度の兵火で多くの建物を焼失した。
現存する大仏は、台座(蓮華座)などの一部に
当初の部分を残すのみであり、
また現存する大仏殿は江戸時代の18世紀初頭(元禄時代)の再建で、
創建当時の堂に比べ、間口が3分の2に縮小されている。
東大寺の正式名称は「金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)」です。
7~8世紀の東洋の世界は、唐を中心に善隣友好の国際関係が
昇華した時代であった。当時の唐朝は道教を信奉したが、
同時に仏教も振興し、帰化僧による仏教聖典の漢訳の盛行も
そのひつの現れであり、各地で仏教寺院が建立され、
それぞれの国家の安寧と隆昌を祈願させた。

金堂 大仏さん

 (7955)

東大寺の大仏さんは本尊として世界最大の金銅仏、
正式名を毘盧遮那(ビルシャナ)大仏といい、
天平時代(740年)に造営が始まった。
延べ260万人余りの人が工事に携わったと言われており、
銅499トン、メッキに使われた金は440㎏、
これだけのものを日本国中から集めるほど、
聖武天皇の力があったのでしょう。
大仏さんの高さは14.98mあります。

名所【大仏さんの鼻の鼻の穴】

本尊に入り、大仏さんをぐるっと時計まわりした終盤に
穴の開いた柱があります。
これは大仏さんの鼻の穴と同じ大きさ、
多くの方がくぐっておられますが
大人は少しきついです。
ちなみにサイズは30×37×120、
当時の方はそんなに大きくなかったので
大人でもくぐれたでしょうね。

大仏殿の北東にあたる場所が鬼門のため
柱に穴を開けて邪気を逃がしているのだそうです。

東大寺大仏殿、柱の穴くぐり! | 十紀夫語録 (7965)

法華堂(三月堂)

不空羂索観音菩薩像@東大寺.法華堂 letuce's room/ウェブリブログ (7992)

国宝。8世紀に建てられた東大寺最古の建物で、
東大寺の前身とされる金鐘寺の遺構。
正面にあたる礼堂は鎌倉時代に重源により新造されたもので、
時代の異なる2つの柱が一様に見えるよう美しい調和がたもたれている。
毎年3月に法華会が開かれることから三月堂とも呼ばれる。
堂内は本尊の不空羂索観音立像(国宝)、
日光・月光菩薩像(国宝)、須弥壇左右に立つ梵天・帝釈天像(国宝)、
内陣の四隅で本尊を護る四天王立像(国宝)など
8世紀彫刻の宝庫。
現在、修復工事中のため拝観することはできません。

二月堂

奈良 東大寺 (その2) てくてくにっき/ウェブリブログ (7997)

正式名称は観音堂、二体の十一面観音立像がおられますが
残念ながら秘仏なので拝むことはできません。
旧暦の2月に「お水取り」が行われるので二月堂という名前で呼ばれています。
二月堂は絶景ポイントの一つ。
ここからの奈良市街、奈良盆地の眺めは雄大です。

修二会(しゅにえ)=お水取り

Sunday写楽 ときどきブログ: 東大寺のお水取り、二月堂修二会のお松明を拝観 (8032)

多くの方がこの儀式を見るために訪れます。
関西地方では春を告げる行事として毎年ニュースになるほどポピュラーな儀式です。
修二会(しゅにえ)とは、東大寺二月堂のご本尊・十一面観音に罪過を
懺悔して除災招福を祈る、悔過という儀式。
その期間は長く、2月18日~3月15日で2月中は別火といって支度期間。
3月に入ってから本行となり、3月12日の夜中に行われるのが
「お水取り(おみずとり)」。
いつからか、修二会そのものをお水取りと呼ぶようになったそうな。

鹿さんたち

奈良公園をはじめ、東大寺も自由に歩き回ったり昼寝したり
観光客にせんべいをねだったり、かなり自由な鹿さんたちですが
とても神聖な存在なのですよ♪
東大寺へ - フォト ダイアリー (8044)

奈良に都ができたころ、藤原氏の氏神として、
茨城の鹿島神宮から神様を春日山に移してまつりました。
このとき、神様は鹿に乗って来たとか。
以来、鹿は神様の使いとして大切にされてきました。
今は奈良のマスコットとしてかわいがられている鹿、
実は神聖な動物なんですね。

御朱印

大仏殿の出口付近で御朱印がいただけます。
料金は300円です。

二月堂や三月堂でも御朱印はいただけます。

   ふらふら旅行ブログ ふらふら奈良散歩2 若草山で鹿せんべい祭りして東大寺で大仏っつぁん見て帰る (8143)

参拝時間と料金

■参拝時間
※季節によって参拝時間が異なります。

11月~2月 8時半~16時半
3月 8時半~17時
4月~9月 7時半~17時半
10月 7時半~17時

■参拝料金 500円
※小学生以下300円

アクセス

〒630-8211 奈良県奈良市雑司町406−1
最寄り駅
近鉄「奈良駅」・JR「奈良駅」下車とほ約30分です。
途中、猿沢池や興福寺、春日大社の鳥居など
観光スポットもあるので歩いても退屈しません。
JR奈良駅から徒歩移動です。
東大寺へは30分くらいはかかるでしょうか。
※最寄駅は「近鉄」の奈良駅です。JRからはバスが出ています。

通り道にある興福寺にも寄っていきましょう。

駐車場は有料

東大寺近辺には駐車場がたくさんあり、
入り待ちはあまりないですが
すべて有料です。
ただ「夢風ひろば駐車場」等ショッピングができる施設併設の駐車場は
「買い物をすれば〇〇時間無料」などお得な駐車場もあります。
こういった駐車場はすぐに満車になるので
朝一番に参拝することをおすすめします。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP