今更聞けない(汗)今話題の寺社仏閣の御朱印巡りで必要な『御朱印帳』の基礎知識♪

近年御朱印を集める若い女性、「御朱印ガール」が急増中なんだとか。寺社仏閣によって様々なデザインの御朱印帳が頒布されており、今や文具店や書店などでも特設コーナーが設けられているほど、オシャレなものが多数売られています。しかし今更御朱印について聞けない、そんなあなたに向けて御朱印帳の基礎知識をまとめてみました。

御朱印って一体なに?

 (16973)

寺社仏閣で参拝者向けに押印される印章のことを御朱印といいます。

自分で押す記念スタンプと違い、寺社の職員や僧侶、氏子などが祭神、本尊の朱印を押印し、さらに手書きで寺社名や参拝日を墨書してくれる寺社が多いようです。
中には、寺社名や本尊を墨書せずスタンプで押す、版木押しという方法で対応しているところや、印刷したものを貼り付ける形をとっている寺社仏閣も古くから存在します。
また全ての寺社で受け付けているわけではないので、確認して足を運ぶようにしましょう。
御朱印は一般的には300円ですが、金額が違う寺社や、金額を明示していないところもあります。

御朱印帳って・・・

 (16972)

どこで手に入れるの?

御朱印を集めるための専用の帳面を御朱印帳といいます。
昔は御朱印帳といえば年配の方向けの、紫や濃紺のものが主流でしたが、昨今のブームに乗って若い女性向けだったり、豊富なデザインのものが売られています。

お値段はだいたい1,000円~1,500円くらいで、20~22頁ほど。
屏風折のものや和綴じのものが主流で、寺社だけでなく仏具店や神具店、文具店や書店などで手に入ります。

神社とお寺、一緒の御朱印帳でもいいの?

日本は古来から独特の宗教観を持ち、人によって深浅はあるものの、神仏習合といって神社とお寺の両方が生活に根付いています。
日光東照宮の本地堂など、お寺の中に神社があったり神社の中にお寺がある寺社も存在します。
ですから、基本的に同じ御朱印帳にいただいても問題はありません。

しかし、分けてほしいと仰る寺社も稀にあり、栃木の太平山神社などは御朱印の混在は断っているようです。
あらかじめ分かっている場合は別のものを準備していけば良いのですが、そうでない場合はその場で新調して押していただくことになります。

神社用とお寺用を二冊に分けている人、一冊で混在NGのところではいただかないようにしている人、地域ごとで分けている人など、そのあたりは個人の好みになるようです。

御朱印帳を集める際の注意

 (16975)

御朱印は、参拝後にいただきます。間違っても、参拝もせずに御朱印だけいただきに行ったりしないようにしましょう。
スタンプ帳やメモ帳への押印をお願いするのも良くありません。

また、御朱印帳をお願いする際に、御朱印帳の上にお金を載せないようにします。
お金は人の欲望の象徴で不浄なものとされているので、神聖な御朱印帳の上に載せてはいけないのです。

一度にたくさんの御朱印帳を預かってくださる場合もありますので、御朱印帳には必ず自分の名前を書いておき、さらに自分のものとはっきり分かる目印をつけておくと紛失や取り間違いを防げます。連絡先も記載しておくと、万が一置き忘れた場合などにも安心です。

ブームに乗って御朱印帳をいただく人が増えているのに比例して、期間限定のものや珍しい御朱印や御朱印帳がオークションで転売されているなどの問題も起きています。

神聖な場所でいただく神聖なものであり、手間隙を掛けて書いていただくものと考え、礼儀やマナーを守って楽しむようにしましょう。

御朱印巡りを楽しもう♪

 (16976)

御朱印は楷書で書かれた分かりやすいものから難しい言葉で書かれたものなどさまざまです。
お寺と神社で違いがありますし、宗派によっても様々です。特に、神社の御朱印はお寺に倣ってはじめたものですので、参拝記念としてデザイン的にもかなり多様です。
自分の気に入ったデザインの御朱印帳を選び、押していただくだけでなく、何度も見返して御朱印収集を楽しんでください。

保管の際は、神棚や仏壇がベストですが、ない場合は清潔な高い場所に保管してくださいね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP