川越大師で親しまれる【喜多院】だるま市の魅力について♪

川越にあるとても有名なお寺が、喜多院です。
地元の方からも愛されるお寺で、多くの参拝客で賑わっています。
そんな喜多院の魅力とはどうなっているのでしょうか。
だるま市が人気なようですよ。
喜多院について色々と調べてみました。

喜多院

喜多院 - Wikipedia (8781)

喜多院(きたいん)は、埼玉県川越市にある天台宗の寺院。山号は星野山(せいやさん)。
良源(慈恵大師、元三大師とも)を祀り川越大師の別名で知られる。建物はほとんどが重要文化財に指定され、寺宝にも貴重な美術工芸品を多く有する。広大な境内は池や掘を廻らせた景勝地となっている。1月3日の初大師(だるま市)、節分、長月護摩講塔、七五三、菊祭りなど諸行事はもちろん、四季折々の行楽客で賑わう。境内にある五百羅漢の石像も有名である。
喜多院は埼玉県川越市にあるお寺です。
川越大師の名前で有名で、建物のほとんどが国の重要文化財に指定されている由緒あるお寺です。
初詣には、全国各地から多くの参拝客が来ることでも有名なお寺です。
江戸城ゆかりの建造物に加え、山門・鐘楼門・慈眼堂などが重要文化財に指定されており、また隣接して、駿府で没した徳川家康公の遺骸を日光山へ運ぶ途中で法要が行われたことから建設された日本三大東照宮の一つである仙波東照宮もあり、江戸時代の香りを色濃く残す徳川家とゆかりの深い寺である。
日本三大羅漢の一つに数えられるこちらの五百羅漢は、人間の喜怒哀楽をよくとらえた様々な表情の石仏群でおよそ540体が境内に並び、観光客の人気を集めている。
羅漢とは、供養や尊敬を受けるのに値をされる方の事を言います。
五百羅漢は、色々な顔をしているのが特徴です。
見ているだけでも時を忘れてしまいそうになりますよ。

苦抜き地蔵尊

喜多院 苦ぬき地蔵尊 | 川越の観光・お出かけ情報 カワゴエール (8847)

本堂の左手に苦ぬき地蔵尊があります。
とげ抜きならぬ、苦抜き地蔵です。
いつも色とりどりの旗で囲まれ、赤いよだれかけをつけています。
喜多院の中になる苦抜き地蔵尊には、苦しみを取り除いてくれるご利益があるとされています。
何か辛いことがありましたら、苦抜き地蔵尊をお参りされてはどうでしょうか。

だるま市

フォトショップメイ花のパレット_2015_02_01喜多院だるま市 (8849)

正月3日は厄除元三大師(がんざんだいし)のご縁日です。新しい年のはじめを迎えるので初大師(はつだいし)と呼び名されています。大師を正しくは慈恵大師(じえだいし)と尊称しますが、正月3日に涅槃にむかえられたので別称元三大師ともいわれております。

1月3日は喜多院が祀る慈恵大師の縁日。慈恵大師の入寂が1月3日だったことから、親しみを込めて「元三大師」とも呼ばれる。初大師には、例年各地から約30万人が訪れる。

 境内や参道には、名物だるま市をはじめ多くの露店が軒をつらねた。販売スタッフの一人は「酉年は、だるまのバリエーションが多い。昨年は工夫をしてもサルかゴリラだった。今年は豊富な絵柄の中から、お気に入りのだるまを選んでもらえれば」と話した。

初詣で混み合うのは、だるま市が開催されるのも理由の一つかもしれないですね。
境内には多くのお店が建ち並びます。

だるま選び

だるま選びのポイントは「色」。
スタンダードな赤だるがオールマイティー祈願ならば、その他の色のだるまは、特定の祈願のエキスパート。「何がなんでも今年は恋愛成就!」という方は恋愛のエキスパートのピンクだるま。

最後のポイントは「顔」。同じように見えるだるまでもお店ごとに表情が様々。勇ましい顔、立派な鬚の顔、何だかとぼけた顔など見ているだけでも楽しいです。一年間自分の願いを託され家に飾られる訳なので、やはり気に入った顔がいいですよね。

だるま市の名前の通り、だるまが多く販売されています。
ご自身が祈願する内容に沿っただるまを選んでみると良いですね。

拝観案内とアクセス

拝観料と拝観時間

大人400円
子ども(小中学生)200円

拝観時間
3月1日~11月23日
平日  8:50~16:30
日祝日 8:30~16:50

11月24日~2月末日
8:50~16:00
8:50~16:20

休み
12月25日~1月8日
2月2日・3日
4月2日~5日
4月下旬・5月上旬(宝物特別展開催日の前後日)
8月16日

アクセス方法

車を利用される場合は、関越自動車道川越ICより20分程度で到着できます。
駐車場は、133台収容可能となっています。
利用時間は、3月1日から11月23日まで 9:00~16:30
      11月24日から2月末まで 9:00~16:00
料金 3時間まで500円です。

公共交通機関
東武東上線
川越駅より徒歩20分
西武新宿線
本川越駅より徒歩15分

となっています。
厄除けのご利益がありますので、厄払いには喜多院に行かれることをお勧めします。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP