集めてみよう!御朱印を集めるお寺と神社巡りの旅♬

お寺を見て歩く旅は、何ともすがすがしい思いでいっぱいになります。
ただ漫然とお寺や神社を巡るというのもいいのですが、ちょっとした目的を持って訪れるのもいいものです。
ここでは、様々なお寺や神社でゲットできる、とてもあり難い御朱印を集める旅を題材にしてみました♬

お寺と神社巡りで御朱印をゲットする!

全国各地のある、御朱印をいただけるお寺と神社をまとめてみました!
御朱印をいただくということは、霊験あらたかな感じがします。
そこでまずは御朱印を知らない方のために、御朱印の意義について見てみましょう♪

御朱印とは

 (2407)

御朱印とは神社やお寺で押印と墨書で参拝日や神社名・寺名などを記入していただけるもので、下の写真をみていただければわかりやすいと思います。

この御朱印は若い女性にも人気で、神社やお寺に参拝する方も年々増えています。

御朱印はぞれぞれの神社やお寺で書き方や印が違います。
中にはアートのような御朱印もあり魅了される事もあります。

また「御朱印めぐり」や「霊場めぐり」と言うものがあり、決められた神社やお寺をすべて参拝し御朱印を戴ければ証書を戴ける所が多くあります。

でもコレクションみたいになると記念スタンプみたいなイメージかな?と思われますが、実はそういう訳ではありません。
昔は写経を収めた時に戴けたと言われていて、御朱印そのものが神様仏様と同じくらい貴重で大切なお守りとなります。
参拝させていただいて御朱印を有り難く戴けたら、神棚や仏壇におくか、大事に保管する事をお勧めします。

御朱印はどの神社やお寺も300円で戴ける所が多いです。

(※浄土真宗の寺院では偶像崇拝を基本的にされていない為、御朱印は戴けません。)

こうしてみると、ただ集めるだけのコレクションとは一線を画すものらしいですね。
ちゃんとご利益がある、あり難いもののようです!
また、巡るコースといったものが存在するようです。
次からは御朱印がいただけるお寺や神社について、見ていきましょう♪

伊勢神宮・別宮 御朱印めぐり

 (2413)

伊勢の神宮(伊勢神宮)は、正宮、別宮、摂社、末社、所管社を含めた、合計125が三重県内の4市2郡に分布する。その範囲はかなり広範であり、相当の覚悟を決めなければ、すべては回れない。しかし、御朱印収集をメインにしている方、昨今多くなっているという御朱印ガールにとっては、すべて回る必要はない。

伊勢の神宮で御朱印が頂けるのは、125社中7社。皇大神宮(内宮)(1)、豊受大神宮(外宮)(2)、月夜見宮(3)、月讀宮(4)、倭姫宮(5)、瀧原宮(6)、伊雑宮(7)。

それ以外はほとんど無人の神社も多い。瀧原宮(内宮別宮)と伊雑宮(内宮別宮で、かつ志摩国一宮)が少し離れているほか、内宮と外宮を中心とした地域に集中している。

意外に広範囲にわたって、御朱印巡りをしなければならないのですね。
かといって、すべては回らなくていいという方法もあるので少し安心です!
伊勢の神宮内では、7つの御朱印がゲットできるようです♬

京都五社めぐり

 (2426)

京都五社めぐりとは

八坂神社では、以下のような案内がされています

京の四方と中央を守護する五つの神社を巡拝して、御朱印を集める京都五社めぐりです。 八坂神社では色紙の授与も行っております。

色紙(八坂神社朱印押印済):初穂料 1000円
御朱印のみ:初穂料300円

五山とは、「四神相応(ししんそうおう)の京(みやこ)」という修飾辞がついて、以下の5つ神社になります。

中央:八坂神社

北(玄武):賀茂別雷神社 (ちなみに上賀茂神社のことです)

東(蒼龍):八坂神社

南(朱雀):城南宮

西(白虎):松尾大社

京都での五社めぐりは、その名の通り、五つの神社を訪ねて御朱印をもらいます。
色紙の授与も行っているというので、ぜひ購入したいものです♬

大和十三仏御朱印めぐり

 (2439)

十三仏まいりは、三世にわたって私たちをお守り下さるありがたい13の諸尊を巡礼するものです。日本仏教文化発祥の大和の古刹名刹を巡る旅でもあり、それぞれ趣の違う寺々の参拝は、きっとみなさんの心を満たしてくれるものと期待します。
13か所ある霊場を巡って集める大和十三仏御朱印めぐりは、十三仏守護台紙などを販売していて、御朱印集めも楽しくできそうですね!
せっかくだからすべて集めて、飾りましょうね♬

中尊寺

 (2448)

岩手県平泉町にある世界遺産としても有名な中尊寺。
その金色堂で見開き(2ページ)いっぱいに書いて頂ける珍しい御朱印があります。
金色堂で手に入れた御朱印帳だけに見開きの大きな御朱印が頂けるのです。

正確にいうと、金色堂の御朱印帳には、あらかじめ見開きの御朱印が記載されており、
(もちろん、印刷ではなく筆で直書きし押印してあります。)
その場で、参拝日と表紙に苗字(希望者のみ)を記載して頂きます。
中尊寺では本堂・金色堂も含め、なんと十カ所以上で御朱印が頂けます!

世界遺産の中尊寺でも御朱印がもらえますが、専用の御朱印帳を手に入れなければならないようです。
ですが、非常に珍しい御朱印だそうなので、購入する価値はありそうですね!

御朱印ゲットでご利益が

パッと見は墨字で描かれた印章のようですが、非常にあり難いお守りのようなものです!
集めてご利益にあやかりましょうね♬

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP