“お寺で結婚式ができる”って知ってた?『仏前結婚式』の流れ

結婚式と言われて思い浮かぶのは、教会で行われるキリスト教式や神社で行われる神前式が主流ではないでしょうか。宗派にとらわれない、証人を立てて行う人前式というのもありますね。開催場所も結婚式場やホテル、レストランなど今や多種多様ですが、お寺で仏前結婚式というスタイルもあるのをご存知でしたか?

あまり知られていない「仏前結婚式」

 (16979)

お寺での結婚式は仏様に結婚を誓うもので、一度結婚した人と来世でも縁があり結ばれるという仏教の教えに基づいています。

一般にはあまり浸透していませんが、実は明治25年から行われています。
神前式が明治11年から行われていることから、歴史的な違いはさほどないのですが、大正天皇が神前式を行ったことで一気に大衆に神前式が広まって一般化していったようです。

仏前結婚式の流れ

 (16980)

仏前結婚式は両家どちらかの菩提寺、自宅が主流ですが、最近では扱っている結婚式場やホテルなどもあります。
今回は基本的な、お寺の本堂での流れを解説します。

1.新郎新婦入堂

親族や参列者は先に本堂に着席しており、新郎新婦が入場する形です。
キリスト教式と違い、新郎と新婦は同時に入場します。
入堂の際は雅楽が流れるのが一般的です。

2.司婚者登壇

司婚者とは、その式を執り行う司会進行者のことです。

3.勤行

お経をあげます。

4.表白(ひょうびゃく)

司婚の僧侶のお言葉です。お経と違い、その式の趣旨や願いを述べるものです。

5.勧請(かんじょう)

キリスト教式における「誓いの言葉」にあたります。

6.念珠の授与、指輪の交換

念珠は数珠のことです。指輪の交換のように、互いに数珠を交換するのが仏式です。
最近では時代の流れで、数珠と指輪を交換する場合もあります。

7.三三九度

神前式でも行われる、新郎新婦がお酒を飲み交わして結婚を誓い合うものです。
親族全員で行う場合もあるようです。

8.証明授与

結婚証明書が交付されます。

9.合掌礼拝~新郎新婦退堂

全員でご本尊に向かって合掌、礼拝をして新郎新婦の退場です。
おおまかな流れについて説明しましたが、宗派やお寺によって違いがあります。

念珠の授与の前後で新郎新婦や親族の焼香があり、三三九度がない挙式や、香を焚きしめて塗り、禊をする塗香(ずこう)という儀式が入ることもあります。
最後に曼荼羅(まんだら)の花びらをまくこともあるのだとか。

仏前結婚式のメリットと注意点

 (16981)

キリスト教式や神前結婚式に比べて、圧倒的に費用が安く済みます。
また、とても厳粛な雰囲気で、親族の絆がとても深まり記憶に残る式になります。

しかし、仏前結婚式は、2人が結婚することをご先祖様に報告するという意味合いが大きく、参列者は親族のみが基本です。そのため、デメリットも存在します。
また、お寺で行う際は、衣装を自分で準備しなければなりません。衣装の手配だけでなく、当日忘れ物がないよう注意が必要です。

仏前結婚式に『ゲスト』で呼ばれた呼ばれた場合の注意

 (16978)

お寺=黒のフォーマルではなく、他の結婚式と同じように服装は自由です。
ただし、数珠は必ず持っていくようにしてください。

香を炊くので強い香水は厳禁です。
また、レンタル衣装の場合、香の香りが移る可能性もありますので、注意しましょう。

お寺での結婚式、いかがですか?♪

 (16977)

お葬式や法事、お墓参りで、死につながる暗いイメージの強いお寺ですが、実は出産後のお参りや名付けでお世話になったり、初詣や七五三、厄除けなど、人生の節目で関わりがあります。また法事を行うということで、親族の繋がりを認識できる場所でもあります。

そう考えると、お寺はとても厳かで、両家の繋がりを強く感じられる結婚式を行える場所なのかもしれませんね。
結婚式を検討している方は、お寺での結婚式も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP