【神社の求人事情】神職から巫女さんまで神社で働こう!

神社の求人事情はどうなっているのかでしょうか?巫女さんだけではなく、神職の求人もあったり、後継者不足もあるのでしょうか?今回は、そんな神社の求人事情についてまとめてみました。ぜひチェックしてみてください!

神社の求人の定番は巫女さん

 (2700)

巫女さんのバイトは基本的に普通のアルバイトと違ってあくまで奉仕という形になります。
神に仕えるお仕事なんですね。

もちろんアルバイトですからそこに働いた分だけのお給料はもらうことができますが、基本的には奉仕、という意識で働くことになります。

巫女はふつうのバイトにあらず、神に奉仕をする精神が問われる。
これは面談で見抜かれるのでしょうか?神様にうそはつけませんからね。
働きたいと思う神社に直接連絡してみるのが一番良いでしょう。

大きめの神社だと、年末年始だけではなく、神社で行われる結婚式などのためにアルバイトを常時募集しているところもあります。

巫女さんのバイトを探すのは、求人情報誌や直接問い合わせを行う方法があります。
地元の有名な神社なら、正月時期に求人募集は行っているのかもしれないですね。

巫女さんの平均給料はどのくらい?

 (2701)

巫女バイトの給料は、時給制だと大体700円~1200円、日給制だと大体8000円~1万円のところが多いようです。先述したとおり、時給・日給は神社の大きさ、土地、勤務時間などによって変わってきます。
場所によって給与が変わってきますので、事前に調べておきたいところですね。

巫女のバイトはどんなの?

 (1311)

巫女装束を纏い粛々とした姿が印象的な巫女さんだが、厳しい寒さに加え初詣客が大量に訪れるこの時期、巫女バイトは想像以上に過酷なものなのだ。
やはりつらいのは寒さですね!これはどの体験談でも過酷だと書かれています。
基本的にはずっと立ち仕事なので、シフトあがったころには足がパンパンになっていました。

シフトの半分以上が神社境内での仕事、
つまり寒空の下なので働くのも結構大変な環境です。

寒さだけでなく、立ち仕事は確かにしんどいですよね・・・。がんばれ巫女さん!

巫女さんの仕事内容はこんな感じ

 (1320)

おみくじ

おみくじを引くところに立って、ご参拝者の方々のおみくじを引くお手伝いをします。

ご参拝者の方におみくじをがらがらして引いていただいて、出てきた番号と同じ番号の引き出しからおみくじの紙をとり、
ふたつに折ってお渡しする、というものです。

おみくじ係は定番ですね。巫女さんにおみくじのお金を渡した方も多いと思います。
 (1323)

お守り・お札

私がご奉仕した神社では年末年始だけは特設テントが設営されて、そこでもお守りやお札を販売していました。

ストーブや椅子も置いてくれていましたが、座る暇はほとんどなかったです。

通常のバイトだと「〜円です」みたいな言い方になるところ
巫女さんのバイトで金額を伝える時は「〜円のお納めになります」という言い方になるのがちょっと変わっていて面白かったです。

こういう雰囲気でお仕事するっていうのが、バイトの中でも特別な体験という感じですね。
「言霊」ですね。さすが神社だと思います。

神職の求人も発見

神社本庁からの推薦状が不要であるということも関係していると考えられますが、神社に縁やゆかりがなくとも神職を志願する人は多いことがわかります。

求人数全体でみると、社家以外の募集はそれほど多くなく、志願者数を考えるとかなり高倍率の狭き門であるというのが実際のところです。

大学在籍中から積極的に足を使って神社とのつてを作る努力も必要かもしれません。

神主の求人も行われているようですが、やはり神職は資格が伴うのですね。
また、専門の学校を出ていることはひとつの条件となります。
こちらはバイトということにはなりませんね。

神社の求人事情に関するまとめ

神社の求人事情についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
神社でつとめるということは、神様への奉仕の精神で行うとともに、
非常に貴重な体験として成長につながるのではないでしょうか。
ただ、風邪を引かないようにきちんと寒さ対策を行いたいですね。

神様からのお年玉がもらえるという神社の求人事情に関するまとめでした。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP