お盆になすで牛を作って飾る?その意味と作り方徹底解説!

お盆の時期になると、「なす」と「きゅうり」で作った動物らしき飾り物を見たことはありませんか?盆棚に飾られるもので、なすは牛を見立てていて、きゅうりは馬を見立てています。なぜこの飾りが必要なのか、その意味と作り方などを徹底解説していきます!

お盆に飾る”なす(牛)”と”きゅうり(馬)”、その意味は?

【楽天市場】【あす楽】【カメヤマローソク】【お盆用品】 精霊馬ローソク 【牛馬】【お盆飾り】 【RCP】【HLS_DU】:お仏壇百貨店(現代仏壇&お線香) (5992)

なすときゅうりで作った 牛馬の飾りを見たことのある人は多いと思います。
これらは、精霊馬(しょうりょううま)という名前で呼ばれ、なすが牛、きゅうりが馬の飾りとなっています。
なぜ、このような飾りを作るのかというと、ご先祖様の魂(精霊)が乗って帰って来られるという意味があります。
二つは精霊馬と呼ばれており、ご先祖様が天と家を行き来する乗り物となります。
天からやってくるときは早駆けの馬としてきゅうりの馬を使います。少しでも早く家につくことができるよう、馬を用意したのです。
その反対に帰りはゆっくり帰れるよう、牛を使います。たくさんのおみやげを天に持ち帰ってもらうため、力強くてゆっくり帰ってくれる牛を用意するのです。

「精霊馬」はいつ飾ればいい?

精霊馬をいつ飾るのかといいますと、13日の朝に精霊棚を作り、この棚の上になすやきゅうりで作った精霊馬を置いて飾ります。
そして13日のこの日に、ご先祖様が迷われないように家の門口や庭先で迎え火を炊きます。
精霊馬は、一般的に迎え火と同じタイミングに飾ることが多いようですが、
地域によっては送り火と同じタイミングに飾る場合もあるようです。
東北、関東エリアでは、13日に精霊馬を飾るケースが多いようですが、
中部エリアでは16日に精霊馬を飾り、供え物など一緒に川・海へ流す風習があるようです。
お盆の儀式は地域性が色濃いことが分かりますね。

「精霊馬」の正しい飾り方とは?

お盆について、お盆豆知識|【泉屋】仏壇仏具.寺院仏具.葬儀.霊園.サービス付き高齢者向け住宅 (6008)

ご先祖様をお迎えするときは内向き、お送りするときは外向きにおくのが一般的です。
途中で向きを変えることになるんですね。
他にも、ご先祖様は東から来ると言われるため、きゅうりは西向き、なすは東向き、という置き方があります。
入り口から入って来られるため、 玄関に向けるなどという飾り方もあります。

お盆に必要な”精霊馬”は、どうやって作る?

職人ブログ : 精霊馬の作り方 (6003)

<用意するもの>
・割り箸 2組
・きゅうり 1本
・なす 1本

<作り方>
1. 割り箸を適当な長さに切って4本づつ、計8本の足を作る
2. きゅうりとなすに、足をバランスよく4本づつ挿したら出来上がり。

お子さんでも作ることができますから、ご家族みんなで作ってみてはいかがでしょうか。
できあがった馬や牛に顔を描くのもおすすめです。

地域によって異なる”精霊馬”

沖縄では精霊馬に加え、特産品のさとうきびも飾るそうです。
さとうきびは 杖を表しており、沖縄ならではの飾りのようで、地域性が出ていて興味深いです。
各地域の特産品を生かした精霊馬は、意外に多いようです。
たくさん生産・収穫される野菜や旬のものを、なすの代わりに使う精霊馬も面白いですね。

最近はユニークなデザインの「精霊馬」もある!

ご先祖様もビビるw最近の自由すぎる「精霊馬」たち (5993)

いろいろ探してみると、ユニークなデザインや素材を使った精霊馬がたくさんあります。
オーソドックスな精霊馬は、爪楊枝や箸を刺して作るだけでお手軽ですが、
包丁やナイフで飾り付けして、手の込んだ精霊馬を作ってお盆を楽しく過ごす方も多いようです!
ご家族でオリジナルの精霊馬を作り、ご先祖様を楽しませるお盆も良いですね。

飾り終わった「精霊馬」はどう処分するのが正解?

昔は使ったお盆飾りは川や海へ流したり土へ埋めるなどしていましたが、現在は環境汚染の問題等から、川や海へ流せる地域はあまりないでしょう。
お寺や、もしくは自治体などが主催でお焚き上げをして頂けるのであれば、そちらへ持っていけば良いですが、それも少ないと思います。
なので、一番現実的な処分方法は、半紙で包んだり、塩で清めたりしてから、普通のゴミとして処分することです。他の雑多なゴミと一緒に混ぜないで、それだけ単独で捨てると丁寧ですね。
お盆に精霊馬を作った後そのままゴミに捨てていたという方は、処分方法を見直してみましょう!
ご先祖様を迎え送る大事な行事は、後片付けまできちんと済ませることが大切です。
ご家庭で楽しく精霊馬を作る習慣ができれば、お盆を過ごすときの気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP