織田信長最期の地!本能寺は「本能寺の変」の場所ではない?

本能寺といえば、あの歴史的有名事件「本能寺の変」が起こった場所ですが、実際の事件現場は今の本能寺とは少し離れた場所にあります。いったいどのような場所なのでしょうか。現在の本能寺と本能寺跡へのアクセスの仕方をご紹介します。

本能寺は「本能寺の変」の現場ではない!?

 (7951)

本能寺は織田信長が明智光秀の襲撃により非業の最期を遂げた場所です。
本能寺の変の際に全焼した本能寺は、すぐに再建にかかりましたが、現在寺町にある本能寺は秀吉によって場所移されたものです。
1582年に起こった「本能寺の変」といえば、歴史上のターニングポイントとなる大事件ですが、
全焼してしまった本能寺はその場所で再建することはありませんでした。
1591年に秀吉の命によって場所を移して再建されます。

つまり、今ある本能寺は本能寺の変があった場所ではない、ということですね。

本能寺はどこにあるの?

本能寺

本能寺

京都駅から本能寺までのアクセス方法をご紹介します。
アクセス
地下鉄東西線 「市役所前駅」すぐ
JR京都駅 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗換東西線へ、

市バス「市役所前駅」下車
市バス・京都バス 「河原町三条停」下車すぐ

京阪電車 「三条駅」下車 西へ徒歩5分
阪急電車 「河原町駅」下車 北へ徒歩10分

住所
〒604-8091
京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
TEL
075-231-5335
FAX
075-211-2838

 (8210)

映画で話題の「ホテル本能寺」の裏側になります。

隣接している「大賓殿宝物館」を訪ねるのも良いですね。
重要文化財や信長ゆかりの品々も多数展示されています。

開館時間・・9:00~17:00
入館料・・・一般 500円
      ホテル本能寺利用者 300円
      中・高校生 300円
      小学生 250円
      修学旅行生 200円
      身障者 200円

商店街のど真ん中にあります

 (8173)

寺町通りのアーケードは、御池通りから四条通りまでつながる一大アーケードで両側にいろんなお店がぎっしりある京都でも有数の商店街です。

そんな商店街に、突然あの有名な「本能寺」があるので最初ここへ来たとき驚きました。

これほど有名なお寺が商店街の真ん中にさりげなくあるんですね!
では、実際に本能寺の変が起こったのはどの辺りなのでしょうか。

本能寺の変が起こった場所はどこ?

本能寺の変が起こった場所に寺院のような建物はありません。
旧本能寺跡

旧本能寺跡

【住所】 
京都府京都市中京区小川通蛸薬師元本能寺町

【アクセス】
・阪急電鉄京都線「大宮駅」下車、徒歩約5分
・嵐電「四条大宮駅」下車、徒歩約5分

 (8146)

織田信長が明智光秀に襲われ自害・焼失した本能寺は現在地の寺町御池ではなく、1582年(天正10)ごろは堀川四条の近くにあり寺域は東西150メートル、南北300メートル。本能寺の変後、豊臣秀吉が現在地に再建。現本能小学校は寺跡の中心で門前に立礼。
言わずとしれた「本能寺の変」の舞台となった場所。
1568(永禄11)年に足利義昭を奉じて上洛を果たした織田信長は京都には居館を構えず、妙覚寺や本能寺を宿所としていたという。
1582(天正10)年6月2日早朝、明智光秀により本能寺を襲撃された織田信長はこの地で自刃し、本能寺は炎上した。信長の「是非に及ばず」の言葉は有名。

旧本能寺跡にはかつて本能寺小学校がありましたが、現在は特別養護老人ホーム、京都市立堀川高等学校、および本能寺会館などが2006(平成18)年に建てられています。
この石碑はその時に設置された新しいもの。

信長が自刃した本能寺は、今では本能寺跡という石碑が建っているだけです。
 (8149)

実際に本能寺があった場所は、現在はほぼ住宅街です。

本能寺跡の周辺でちょっと一休み

信長茶寮(しんちょうさりょう)

信長茶寮(しんちょうさりょう)

「織田信長と酒を酌み交わす」というコンセプトのアミューズメント観光施設です。

営業時間・・・11:00~26:00
入館料・・・・大人(大学生含む) 500円
       中・高校生 300円
       小学生以下 無料
       本能タイム入場料 一律300円
       (会員は無料)

こちらは旧本能寺の敷地内に建っています。
CafeやBarが併設されていますから、散策がてらちょっと一休みできます。
旧本能寺跡と信長茶寮

旧本能寺跡と信長茶寮

まとめ

本能寺から旧本能寺跡までは、1.8km。歩いて20分ほどです。
歴史の大事件「本能寺の変」を感じたい!と思ったら、両方の場所を訪ねることをお勧めします。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP