宿坊に泊まろう♪予約について事前に学んでおく事

お寺さんに泊まってみたい!と、考えたことはありませんか?
普段は参拝をするだけで、さほど滞在時間もないですし、
年に何回も何回も行く場所ではない。
という方も多いでしょう。
しかし泊まることで、お寺ってこんなところだったんだ!と、
新発見もあるのではないでしょうか。

宿坊とは?

 (5673)

もともと大昔の人にとって、旅とはお寺や神社への参拝を目的とした信仰旅行が中心でした。そのために出来た宿泊施設が街道沿いの旅籠と、そして参拝地での宿坊です。現在の宿坊もこの流れを汲んでおり、お寺で用意された参拝者用の宿泊施設のことを宿坊と呼んでおります(一部、神社での宿泊施設も宿坊と呼ばれております)。
宿坊、宿房(しゅくぼう)は、主に仏教寺院などで僧侶や参拝者のために作られた宿泊施設である。僧侶専用の施設は僧房ともいう。本来は僧侶や参拝者のみに特化した宿泊施設だったが、現在では一般観光客も積極的に受け入れる施設も増加し、それに伴い設備やサービスの拡充の傾向が見られ、高野山福智院のように天然温泉を引いた露天風呂を併設する寺院もある[1][2]。
宿坊とは、お寺さんに泊まるということです。
現代の旅行は多くの方がされますし、色々な目的地があるでしょう。
しかし昔は、お寺や神社への参拝が目的だったんですね。
宿坊に泊まることで、信仰旅行の経験もできるのではないでしょうか。
昔の人はこうやって宿泊していたんだな、どのような気持ちだったのだろうかと、
考えさせられる場面もあるでしょう。
普段旅行というと、ホテルや旅館などに泊まることが多いでしょう。
お寺に泊まるという、貴重な体験にもなりますね。

どうやって予約をする?

 (5698)

宿泊予約は、高野山宿坊協会に紹介してもらうか、直接お寺に連絡を
まず、電話で予約をして下さい。あとは宿泊先によって何か必要なことがあれば教えてもらえます。他にもインターネットで予約を入れると割引サービスが受けられる場所もありますので、詳しくは日本全国宿坊一覧でそれぞれの宿坊についてご覧下さい。ただ基本的には普通の旅館などと同じで、特別な手続きは何もありません。
宿坊に泊まる際には、予約をするようにしましょう。
当日急に泊まりたいとお願いしても、対応は難しいでしょう。
予約の方法ですが、一般的には電話でお願いをするようになっています。
希望の日にちなどを伝えて、宿泊が可能かどうか確認をしましょう。
もしくは、一部インターネット上からの予約も受け付けていますので、
可能であればインターネットを利用するのも良いでしょう。

宿坊には色々プランがあります

 (5716)

お寺で宿泊精進料理堪能プラン「三の膳付き」

高野山の宿坊で精進料理を堪能しながら、ゆっくりとした一時を過ごして見てはいかがでしょうか。庭の景色を楽しみながら、お部屋でボリュームたっぷりの精進料理をご賞味下さい。
旅館やホテルとは違った、風情あふれる宿坊でごゆっくりお過ごし下さい。

一日修行体験プラン

「高野山で修行体験をしてみたい!」という方へおすすめなプランです。初めての方でも出来る修行を体験して頂けます。
阿字観(座禅)・写経・作務(掃除)等の体験や勤行・護摩等への参加など精進料理を楽しみながら、高野山ならではの修行体験はいかがでしょうか。

お大師様の日お籠もりプラン

毎月21日はお大師様の日です。20日の夜、昔ながらの「お籠もり」を体験してみませんか?
このプランに限りお部屋は男女別の相部屋とさせていただきます。「お大師様にお参りする」という共通の目的を持った方々との触れ合いをご用意しました。昔のように、相部屋同士のおしゃべりも、旅のお土産になるでしょう。

宿坊に泊まるといっても、色々プランがあります。
旅館に泊まるのと同じ感覚で、和室に家族や友人などと泊まるというプランもあれば、
修行を体験できるプランもあれば、
お籠もりが体験出来るプランもあります。
旅行に行きたいと考えて、せっかくだからお寺に泊まりたい考えるのであれば、
標準のプランがよいでしょう。
お寺で修行をしたり、お籠もりをしたり、普段体験が出来ないことをしたいと考える際には、
特別なプランを選ぶのも良いですね。
どのプランを選んでも、お寺での1日を体験出来ると思います。
無理のないように、自分自身が楽しめるように、プランを選んでみてはいかがでしょうか。

お寺によっても、用意をしているプランが異なります。
予約をする際に、どのようなプランがあるのか?確認をしてみるとよいでしょう。
また希望する日にちによって、選択が出来る、出来ないプランもあるので聞いてみましょう。

お料理についても忘れずに!

 (5710)

当院も宿坊の1つとして、宿泊やお食事(昼食)などに御利用いただいております。(要予約)
宿坊でしか味わえないサービスと心のこもった料理でゆっくりお寛ぎください。
宿坊に泊まる際には、食事についても忘れずに予約をしましょう。
朝食、昼食、夕食が必要かどうか?
訪れる時間帯によっても異なるでしょう。
食事については、事前に予約を必要としていることがほとんどですので、
あわせてお願いをしたいものです。
お肉やお魚を使わない精進料理が出てくることが多いのですが、
普段は味わえない食材やお料理もあるでしょうし、
宿坊に泊まる際には、是非ご馳走になりたいものですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP