【絶景】国宝だけじゃない!夜景も紅葉も素晴らしい『青蓮院』

青蓮院は平安時代末期に建設されたお寺です。お寺には国宝でもある青不動明王が保管されています。一度取り壊しになった青龍殿も新たに創設され、大舞台と呼ばれる展望台からは、京都市内を見渡すことが出来ますので、訪れた際には、青龍殿にも是非足を伸ばしましょう。

青蓮院

青蓮院について | 天台宗 青蓮院門跡 (9221)

青蓮院門跡は、皇室や摂関家によって受け継がれ、皇室と関係のあるお寺です。
平安時代末期に建てられたお寺で、明治時代まで寺の門主は皇族か五摂家に関わりがある方で、由緒深いお寺でもあります。
青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも称する。山号はなし。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)である。現在の門主(住職)は、旧伯爵東伏見家出身の東伏見慈晃。

慈圓について

青蓮院について | 天台宗 青蓮院門跡 (9205)

こちらは平安末期から鎌倉時代の慈圓の像です。
仏の道を進みながらも歴史哲学者として、愚管抄という本を残しています。
また歌人として拾玉集にも名を連ねています。
慈圓は、時代の流れにも積極的な理解と対応を示し、当時まだ新興宗教であった浄土宗の祖法然上人や、浄土真宗の祖親鸞聖人にも理解を示し、延暦寺の抑圧から庇護致しました。それ故、現在でも青蓮院は、浄土真宗との関係は深いのです。浄土真宗の祖親鸞聖人は、上記慈圓門主のもとで得度したため、青蓮院は同宗の聖地の一つとなっています。
様々な宗派も庇護されていたので、かなり度量と心の広い人物だったと推察されます。

青蓮院に参拝するには

拝観時間

9:00~17:00(16:30受付終了)
※春・秋に夜間ライトアップを開催しています。

拝観料金

個人:大人500円 中高生400円 小学生200円
団体(30名以上):大人450円 高校生350円 中学生300円 小学生200円
寺院団体(10名以上)400円

アクセス方法

京都市営バス5・46・100系統 「神宮道」下車 徒歩3分
地下鉄東西線 「東山駅」下車 徒歩5分
円山公園から徒歩10分 知恩院北隣
※門前の大楠が目印です

車でのアクセス

青蓮院には駐車場、というより門前に若干の駐車スペースがあります。

収容台数 バス3台、自家用車5台
駐車料金 無料
営業時間 拝観時間に準ずる

基本的に駐車できないと考えましょう。
北の岡崎公園駐車場か、南の知恩院・円山公園に駐めるのが一般的でしょう。

国宝「青不動明王二童子像」とは

天台宗青蓮院門跡 将軍塚青龍殿|青不動 (9219)

こちらが、国宝にもなっている青不動明王二童子像です。
身体の色が青黒いことから青不動明王という名前がつきました。
平安時代の中期に描かれた作品です。
寺の宝として大切に保管されています。

紅葉のライトアップの時期は是非訪れたい!

青蓮院門跡の紅葉情報|紅葉情報2016 (9215)

10月下旬から12月上旬にかけて
青蓮院では夜間のライトアップを行なっています。
美しい日本庭園が真っ赤な紅葉の葉で埋め尽くされ、素晴らしい景色です。
家族や恋人同士でお出かけするのにピッタリです。

新設された青龍殿にも足を伸ばそう

天台宗青蓮院門跡 将軍塚青龍殿|青龍殿 (9233)

一度解体処分されましたが、見事に蘇りました!
大正2(1915)年、明治天皇大喪使総裁、大正天皇即位大礼使総裁の伏見宮貞愛親王殿下より令旨を賜り、大正天皇の即位を記念して、大日本武徳会が中心となり、京都府民から浄財を募り、「大日本武徳会京都支部武徳殿」として京都北野天満宮前に建立されました。
武徳殿は一見純和風に見えて、屋根を支える小屋組みと建物を支える基礎は外来の技術が用いられており、「和洋折衷」という大正時代建築の特徴を示す木造大建造物で、いずれ重要文化財指定の可能性も充分にある価値の高い建物です。
その後、昭和22(1947)年、京都府に移管され、「平安道場」として警察の柔道剣道の道場となりましたが、

平成10(1999)年、京都府は、雨漏りの手当が遅れ、修繕に多額の維持管理費用がかさむことから平安道場を閉鎖し、解体処分とすることにしました。

平成21年、青蓮院が「青龍殿」として京都東山山頂将軍塚に移築再建することを決定し、平成26年10月に完成いたしました。

天台宗青蓮院門跡 将軍塚青龍殿|青龍殿 (9232)

京都東山山頂に平成26年10月に新設されたばかりの青龍殿です。
木造の大舞台からは京都市内を見下ろすことが出来ますので、是非晴れた日には、この絶景を眺めたいものです。
また美しい庭園も見下ろすことが出来るので、季節に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
天台宗青蓮院門跡 将軍塚青龍殿|大舞台 (9235)

青龍殿には大舞台という展望台があります。
天候がよければ、京都市内だけではなく大阪のビルまで見渡すことが出来るそうですよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP