初詣は神社だけじゃない☆お寺へ初詣に出かける際に知っておきたい作法と楽しみ方♪

「初詣といえば神社」と考えている人も多いのではないでしょうか?実は、初詣は神社でもお寺でもいいんです。でも気をつけたいのが参拝方法に違いがあるということ。お寺へ初詣に行く際に気をつけたいポイントや初詣ならではの楽しみ方を紹介したいと思います。

そもそも初詣とは?

 (15990)

同じ地域に住む人々が共同で祀る神様、氏神様に、昨年のお礼と報告、そして新年への祈願を行う為にお参りに行く事を初詣といいます。
多くの人が、初詣はお正月の三が日の間に行わなければならないと思っているようですが、実はその期間は決まっておらず、何月に行ってもそれが新年明けてから初めての参詣ならば、それを初詣といいます。

初詣、神社とお寺に違いはある?

 (15991)

実は、初詣は神社でもお寺でもどちらでも構わないんです。昔は仏教と神道の区別が無く同一視されており、その頃の名残が現在にも至っているようですね。神社やお寺がハッキリと区別されるようになったのは明治時代以降のこと。特に信仰している宗教が無い場合は、どちらを参拝しても良いでしょう。

覚えておきたいのが、初詣とは「昨年のお礼と報告、そして新年への祈願」を行う事。参拝先がお寺でも神社でも、初詣の際にはその気持ちを忘れずにいましょう。

お寺での参拝方法

 (15992)

1.まずは山門の前で一礼して、敷居を踏まないよう左端から入ります。
2.手水舎で手と口を清めます。
3.常香炉/香閣で煙を体にかけ、身を清めます。
4.本殿にてお参りをします。静かにお賽銭を入れ、静かに一礼して合掌をし、お祈りします。最後に一礼して退きます。

初詣に行ったら…"おみくじ"を引こう♪

 (15993)

初詣といったら、おみくじですよね!
口や手を清め、お参りを済ましてから、おみくじを引きましょう。

神社とお寺のおみくじには違いがあり、お寺でのおみくじは漢文で書かれています。
引いたおみくじをその場で結ぶか持ち帰るかはお寺や神社によって見解が違うため、こうしなければならないという決まりは無いようですが、凶など縁起の悪いおみくじを引いてしまったときはその場に結びつけてご加護をお願いする人が多いようです。凶のおみくじを利き手の反対の手で結ぶと、凶が吉に転じるという説もあります。

お寺で買う"お守り"について

 (15994)

実はお寺でも受け取る事ができる、お守り。
神様の力を宿していると考えられている神社のお守りとは違い、お寺のお守りは「祈り」という意味合いが強く込められているようです。
様々なご利益があるお守りは、常に身につけてその「祈り」の力を充分に受けたいですね。

注意したいのは、お守りの扱い方。
まず、お守りは仏像を数えるのと同じように「一体、二体、」と数えましょう。また、古くなったお守りは感謝の気持ちを込めてお寺に持参して処分してもらいます。お寺で買ったお守りはお寺へ、神社で買ったお守りは神社へ持っていきましょう。お守りは神仏の力が宿るとされているので、きちんと最後まで丁寧に扱うよう気をつけたいですね。そして、お守りの中身をのぞくという行為は固く禁じられているので、気をつけましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP