多くの文化財が残る兵庫県・鶴林寺を訪れてみませんか?

兵庫県加古川市の由緒ある寺院・鶴林寺。「播磨の法隆寺」とも称される程、歴史と伝統の残るお寺です。鶴林寺にはたくさんの文化財が残っており、中には国宝に指定されているものも。鶴林寺の建築も所蔵されている絵画や仏像も貴重なものばかりです。

兵庫県・鶴林寺とはどんなお寺?

鶴林寺 クチコミガイド【フォートラベル】|加古川・播磨・高砂 (12894)

お寺といえば京都や奈良を思い出しますが、こちら兵庫県にある鶴林寺もびっくりするほど由緒のある素敵なお寺なんです。今回はこちらの鶴林寺さんについてご紹介します。
589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝(はたのかわかつ)に命じ仏教をひろめる為の道場として建てられました。釈迦三尊と四天王を祀り「四天王寺聖霊院」と称されたのがこの寺のはじまりといわれ、播磨の法隆寺とも呼ばれています。平安時代の壁画が見つかった県下最古の木造建築物、国宝「太子堂」や、泥棒が盗み出し壊そうとしたら「アイタタ」という声が聞こえてきたため、改心したと伝えられている国重要文化財「金銅聖観音立像」など、多くの文化財が残されています。
鶴林寺公式ホームページ (12923)

聖徳太子の縁起にちなんで、鶴林寺のマスコットキャラクター「聖太くん」。

兵庫県・鶴林寺の文化財

古いお寺なだけあって、鶴林寺さんに所蔵されている文化財は数多く、
中には国宝に指定されているものもあります。ぜひ一度見てみたいですね。
鶴林寺には、その歴史的、学術的価値に応じて、国指定の国宝2件と
重要文化財18件、県指定文化財9件、市指定文化財16件があり、
それぞれあわせて、計45件の指定文化財がある。
加古川市内全ての指定文化財 87件中、ほぼ半数近い貴重な
歴史遺産を有する寺院である。

鶴林寺にはなんと国宝が二点も指定されています!

鶴林寺の本堂(室町時代 応永4年)と太子堂(平安時代 天永3年)の二件は国宝に指定されています。
近くに御寄りの際はぜひ一度ご覧になってみてください。
新西国第二十七番 鶴林寺 (12902)

鶴林寺の本堂は国宝に指定されています。日本の仏教建築を代表する貴重な文化遺産のひとつですね。
鶴林寺最大の建物で内陣厨子(ずし)の棟札に
応永4年(1397)の銘がある。
入母屋造り、本瓦葺。日本の仏寺建築は、
和様の時代から鎌倉の初期には大仏様・禅宗様
が輸入され、和様との折衷様式が流行し始める。
鶴林寺本堂は大阪府河内長野市の観心寺本堂
と並ぶ、折衷様式の代表例とされる。
外部は桟唐戸(さんからど)で閉め切ったときに
いっそう重厚さにあふれて見える。
新西国第二十七番 鶴林寺 (12905)

「本堂」の東南側に建立されている檜皮葺きの「太子堂」です。
こちらも国宝に指定されています。
方三間、一重、宝形造りの建物の前に一間の
縋破風をかけ、奥行き一間の礼堂をつけたもので
四方を縁ではりめぐらしています。
全体として藤原建築の美点を遺憾なく発揮し
バランスの富んだ建物です。
赤外線で発見することができた太子堂壁画も
この建物に納められていました。
鶴林寺公式ホームページ (12935)

国宝の建物のほかにも、重要文化財に指定されている仏像や聖徳太子ゆかりの絵画まどたくさんの文化財を所蔵しています。

兵庫県・鶴林寺の口コミ

一番参考になるのは実際に訪れたことのある人の感想ですよね。
鶴林寺の口コミ・感想はどのようなものでしょう?
何も調べずずに場所だけ調べてふいに行ってみた鶴林寺ですが期待してなかったからか良かったです。街中にある寺で広くもないのですが、逆に見どころがコンパクトにまとまってました。本堂や太子堂は国宝で重要文化財まで入れると50ほどあるそうで播磨の法隆寺と呼ばれてるそうです。
楽に見て回れるというのは嬉しいポイントですね。
聖徳太子の寺といえば法隆寺しか頭に無かったのですが、太子由来の寺というのが、加古川の鶴林寺や太子町の斑鳩寺など、いくつもあるということを知りました。また、ここには国宝や重要文化財があるということも初めて知りました。知名度が高くなくても、けっこう由来のあるものや重要な建造物があるのだと、再認識させてくれる寺でした。

兵庫県・鶴林寺へのアクセス方法

大人も子供も大騒ぎ。聖徳太子ゆかりの鶴林寺で、新年の鬼追い/刀田山鶴林寺 | 瀬戸内Finder (12940)

《所在地》 〒675-0031
兵庫県加古川市加古川町北在家424
《電話・FAX》 TEL:079-454-7053  FAX:079-454-7055
《交通》
・JR 「加古川」 駅よりかこバス8分、または徒歩25分
・山陽電鉄 「尾上の松」 下車 徒歩15分
新西国第二十七番 鶴林寺 (12900)

いかがでしたか?
奈良や京都にあるお寺に比べると、それほど知名度のない鶴林寺ですが歴史や伝統、文化財では引けをとらないお寺ですよね。
お近くに御寄りの際はぜひ一度たちよってみてはいかがでしょう?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP