美しい紅葉と枯山水庭園が魅力的!京都・曼殊院を満喫する

京都の曼殊院と言えば、美しい紅葉や国の名勝にも指定されている「枯山水庭園」が有名です。
秋には夜間参拝を実施しており、ライトアップされた幻想的な庭園を見ることが出来ます。
また、紅葉だけではなく四季折々の花も楽しめるお勧めのスポットですので、是非お出かけしてみて下さいね♪

天台宗五門跡の一つ【曼殊院】

曼殊院

曼殊院

〒606-8134
京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町42

拝観時間
9:00~17:00(受付は16:30まで)

拝観料
一般600円 高校500円 中小学生 400円

延暦年間(728~806)、宗祖伝教大師最澄により、鎮護国家の道場として比叡の地に創建されたのが曼殊院のはじまりである。

その後、天暦年間(947~957)是算国師のとき比叡山西塔北渓に移り、「東尾坊」と号した。また、この国師が菅原家の出生であったことから、北野天満宮が造営されると初代別当職に補され、以後明治維新まで北野別当職を歴任することになる。寺では是算国師を曼殊院初代としている。

曼殊院は妙法院、三千院、毘沙門堂、青蓮院と並ぶ天台宗五門跡の一つです。
天台宗五門跡は比叡山延暦寺を総本山とする天台宗の寺院の中でも、皇族や貴族が門主を務める寺院のことを言います。

曼殊院は紅葉スポットや枯山水庭園が有名ですが、国宝の絹本著色不動明王像や古今和歌集などをはじめ、重要な文化財を多く有する寺院でもあります。

庭園は四季折々の花も魅力

曼殊院の霧島ツツジ(4月) - 京都フリー写真素材集:京都の神社・寺院・観光地・世界遺産写真が無料! (11017)

 庭園は、大書院と小書院の南に展開し、白砂敷の上に大小三つの中島が築かれている枯山水です。中でも書院から見て右奥の中島にある大きなゴヨウマツが目を引きます。左手奥には滝石組が組まれており、白砂敷はそこから流れる川を表していると考えられます。大きな二つの中島の間には石橋が架けられ、中島や背景の築山には5つの燈籠が据えられています。
良尚親王の趣向が反映された美しい庭園です。
秋の紅葉はもちろん、五月には鮮やかな赤色をした霧島つつじを堪能することが出来ます。
その他にもソメイヨシノや椿など四季折々の花が咲くので、一年を通して参拝する楽しみがありますね。

曼殊院の紅葉とライトアップ

曼殊院 紅葉 (11021)

桂離宮を造営した八条宮智仁親王の皇子である良尚法親王により、現在の場所に移築された。様々なところで桂離宮の影響がうかがえる。枯山水の美しい庭園には真っ赤に染まった紅葉が美しく映える。また参道の紅葉も素晴らしく、地面までが散紅葉で真っ赤に染まった様は圧巻だ。
期間:2016年11月1日(火)~30日(水)

開館時間
17:00~20:00(拝観終了)

日中に訪れて紅葉を見るのも良いですが、夜のライトアップもとても幻想的でお勧めです♪
上記は2016年の実施期間ですが、だいたい毎年11月頭から末ごろまでの期間にライトアップされるようです。

お抹茶接待

赤山禅院~曼殊院門跡~圓光寺~丈山寺の紅葉を巡る写真旅 (11025)

お抹茶接待    10月22日~11月30日

抹 茶    800円 (菓子付)
コーヒー   800円 (菓子付)

10月下旬から11月ごろ、紅葉が色づく時期に庭園を眺めながらお茶を楽しむことが出来る「お抹茶接待」が実施されます。
休憩しつつ、美しい庭園をゆっくりと堪能することが出来るのでぜひ頂きたいですね♡

国宝不動明王のお守り

productfarm (11061)

この不動明王は智証大師円珍の不動感得伝説にちなむ作品で、身体が黄色いことから黄不動と呼ばれています。青蓮院の青不動、高野山の赤不動と共に三不動に数えられるお不動様です。

 ストラップ型になっていますので、お不動様をいつも身近に感じていたい方にはおすすめです。

曼殊院にある国宝不動明王像のお守りです。
一般的なお守りの形とは違っていて、ストラップタイプでおしゃれですね。
気軽に身に着ける事が出来るので、ご利益もより期待できるかも?

曼殊院へのアクセスと駐車場

アクセス
京都駅から京都市営バス5号系統「一乗寺清水町」下車
四条河原町からから京都市営バス5, 31号系統「一乗寺清水町」下車
京阪三条から京都市営バス5号系統「一乗寺清水町」下車

駐車場
普通車50台 無料

バス停「一乗寺清水町」で下車した後、東へ20分ほど歩くと曼殊院へ到着します。
バスの場合、降りた後は徒歩で行く必要があるので、タクシーを利用しても良いかもしれません。
徒歩で向かう場合は迷わないよう、地図を用意するか、あらかじめルートを確認しておきましょう。

また、無料で停めることの出来る駐車場がありますが、駐車可能な台数が50台なので混雑が予想されます。
早い時間到着するようにするか、別の交通機関をうまく利用しましょう!
境内の所要時間は約30分です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP