スケールが違う!西日本の二大パワースポットのご紹介

西日本で代表格のパワースポット、那智山と出雲。
いずれの地も日本人のルーツを語り、遥か太古の神話の時代まで遡る、大きなスケールで歴史を感じさせてくれます。
日本人ならいつか辿り着きたい魅惑の領域にあなたも足を踏み入れてみませんか?

神の気が満ち満ちる那智山

大門坂

和歌山県那智勝浦町に位置する那智山。
日本人なら一生に一度は訪ねておきたい場所です。
国内随一のパワースポット群はユネスコ世界遺産に登録されています。
神域とされてきたため手つかずの自然となっている那智原始林。
飛瀧神社のご神体でもある那智の大滝など、観光地としても大変魅力あるエリアとなっています。
大門坂を昇り、熊野那智大社、青岸渡寺、飛瀧神社を参拝するコースが定番おすすめコースでしょう☆
Instagram (3167)

石畳が美しい大門坂。
周囲は杉並木に囲まれ、神々しい雰囲気が漂っています。

車で那智山まで登ってしまってもいいのですが、時間と体力に余裕があれば、ぜひ大門坂からスタートしてみて下さい!

約30分で古道の雰囲気を楽しめるお勧めコースで、那智大社と青岸渡寺に歩いてたどり着けば、きっと当時の人々の感動を味わえるでしょう。

熊野那智大社

「熊野那智大社」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2870)

熊野那智大社の社殿は鮮やかな朱色に染められ、華やかな雰囲気です。

境内からの眺めも素晴らしい!

熊野那智大社は、田辺市の熊野本宮大社、新宮市の熊野速玉大社とともに熊野三山の一社です。
全国約4,000社ある熊野神社の御本社でもあり、日本第一大霊験所根本熊野三所権現として崇敬の厚い社です。

那智山 青岸渡寺(せいがんとじ)

「那智山 青岸渡寺」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2875)

青岸渡寺で有名なのは、三重の塔とバックに見える那智の滝とが組み合わさった風景です。

絵画のように整った構図ですね。

那智山青岸渡寺は、一千日(3年間)の滝篭りをされた花山法皇が、永延2年(988)に御幸され、西国三十三ヶ所第一番札所として定めたとされ、多くの信者や参詣者が全国から訪れています。

飛瀧神社

All sizes | 那智の滝 | Flickr - Photo Sharing! (2917)

飛瀧神社へ行くには15分ほど
山を下っていきます。

実はこの那智の滝が、
飛瀧神社のご神体なのです。

滝の水には延命長寿の
ご利益があるといわれています。

那智の滝を御神体とする神社で、本殿はなく滝の前方約200mのところに神籬を立てて拝所としている。

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)

那智山と同時に訪ねておきたい補陀洛山寺。
補陀洛山寺は平安から江戸時代にかけて行われた、南海の果てにあるという観音浄土を目指す苦行、補陀洛渡海の出発点でした。
復元された補陀洛渡海船が境内に展示されています。

補陀洛山寺は、那智駅からも徒歩5分とアクセスも便利。
隣りには熊野三所大神社もありますので合わせてどうぞ☆

神話が繰り広げられる出雲・山陰のパワースポット

出雲大社

Free photo: Izumo, Izumo Taisha, Huge - Free Image on Pixabay - 1405172 (3173)

縁結びで名高い出雲大社。
拝殿の巨大なしめ縄が、あまりに有名ですね。
このしめ縄ですが、大きさだけが特徴ではありません。
実は一般の神社のしめ縄と逆向きなのです。

出雲大社の祭神は大国主大神。
『いなばのしろうさぎ』などの物語に登場し、日本神話で大活躍した国造りの神様です。

立派なしめ縄に大きなお社
とても御利益がありそうです!
大黒様や兎が多く写メもたくさん撮れて思い出たくさんです!

須佐神社

「須佐神社」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3183)

出雲大社から車で40分ほどの距離にある須佐神社には、須佐之男命(スサノオノミコト)
の御魂が祀られています。

スサノオは、ヤマタノオロチを退治したことで有名ですね。

実はスサノオは、大変荒々しい性質の神様で、高天原を追放されてしまいました。
地上にやってきた矢先、ヤマタノオロチの事件に出くわし大活躍したというわけです。

神話を知れば知るほど、神社との距離も近くなるような気がしますね。

毎年初詣してます。古風な神社で飾らず、厳かな雰囲気があり、ここだけ空気感が違います。参った後に裏の大杉からパワーををもらい、今年一年のスタートに弾みをつけました。

八重垣神社

「八重垣神社」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3203)

八重垣神社は松江市の南にあり、縁結びの神社として有名です。
こちらもヤマタノオロチ退治と関係が深く、
主祭神は素盞鳴尊(スサノオノミコト)と稲田姫命。
スサノオはヤマタノオロチに生贄にされるところだったクシナダヒメ(稲田姫命)を救い妻に迎えました。

良縁を願うみなさん、出雲大社と合わせて八重垣神社も参拝してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP