女性一人でも気軽に参加OK!話題の”宿坊ステイ”で癒しの時間を♪

お寺や神社が好きな方におすすめしたい宿坊ステイ。参拝者であれば予約をすれば神社やお寺に泊まることができる宿坊ですが、女性でも安心して利用できるのをご存知ですか?今回は一人旅で宿坊を利用したい女性のために宿坊の色々な魅力をご紹介いたします♪

本当に一人での宿泊も大丈夫?宿坊の予約について

 (16742)

男性にも女性にもお寺や神社が好きという方はたくさんいます。静かで神聖な雰囲気を感じ、癒しの時間を過ごすのは至福のひと時ですよね。また誰に気を使うことなく自分のペースで動ける一人旅は、グループ旅行とはまた違った楽しみがあります。

しかし一人旅では少し困ってしまう問題が。最近ではあまり聞かれなくなりましたが、少し昔までは特に旅館などに一人で宿泊を申し出ると、断られることが多くありました。一人のために客室を確保し、人件費をかけるなんて割に合わないという問題があったようです。したがって本当は泊まりたい宿があるのに、融通がきくホテルに仕方なく泊まるという経験をした人も多いのではないでしょうか。

宿坊はその点、一人で宿泊できるところがとっても多く、少しネットで検索するだけでたくさんの一人宿泊OKと書かれた宿坊がたくさん見つかります。本来お寺や神社で行う修行は自分自身と向き合うための時間です。一人でも気兼ねなく予約を入れてみてください。人気の宿坊ほど早く予約が埋まってしまうため、早めの計画をたてましょう!

宿坊は雑魚寝?個室はあるの?気になる宿坊のお部屋

 (16741)

女性の一人旅で一番気になるのは宿泊するお部屋についてですよね。
お寺や神社に泊まるとなると、もしかして広間に雑魚寝!?と思うかもしれませんが、まずそんなところはありません。

宿坊はお寺や神社の建物に泊まる場合と、近くの別棟の宿泊所に泊まる場合とあるのですが、どちらにしても個室は準備してくれます。ただ歴史のある古い建造物の場合はお世辞にも綺麗な部屋とは言えなかったり、鍵がかからない、虫が出るということも。宿坊については事前にどんなところかきちんとチェックしましょう!

修行は僧侶と一対一?緊張しないか心配!

 (16743)

宿坊ステイの楽しみといえば修行体験!
お寺や神社では写経や座禅などの普段できない修行を気軽に体験できてしまうのが魅力です。普段は時間に追われて忙しく過ごしている人も、修行の時間だけは自分自身と向き合い、内面から浄化されるような癒しの時間を過ごすことができると人気があります。

しかし女性にとって、その修行の間は僧侶と二人きりになってしまうのかな?とちょっと心配になってしまいますよね。住職や僧侶と一体一で向き合うと、内面まで見透かされてしまいそうで不安という気持ちも。

ただ修行は宿坊にもよりますが、宿泊者の人達と同じ部屋で行うところが多いです。希望する修行内容や閑散期によってはもしかすると二人きりになることもあるかもしれませんが、めったに経験できない素敵な機会だと思いリラックスして過ごしましょう♪

お泊まりセットは何が必要?タオルなども持参するの?

 (16744)

宿坊に用意されているアメニティは宿泊施設によって異なりますが、着替えと洗面道具にタオルぐらいは持参した方が良いでしょう。
中には大浴場があり一日の疲れをゆっくり癒すことができる旅館のようなところもありますが、洗面台やトイレは共同でタオルが無いというところもありますので、用意して持っていった方が無難です。髪が長い女性はコンパクトなドライヤーを持参すると便利かも。

また座禅修行をしたい人はヨガパンツやスウェットなど柔らかい素材のウェアを用意しておくと体に負担がありません。汗をかく時期はTシャツを一枚多く持っていくと快適に過ごせます。

これなら安心!"女性だけが宿泊できる宿坊"があります♪

 (16745)

宿坊には男性を受け入れず、『女性だけが泊まれる宿坊』があるのをご存知ですか?
女性の一人旅でも安心して過ごすことが出来る女性限定の宿坊は若い女性にも人気があります。女性に配慮した目にも鮮やかな精進料理が食べられたり、心も体も解き放ちノーメイクでリラックスできたり、一人旅がより充実した時間になること間違いなし♪
女性限定ということでお部屋が相部屋になることがありますので、絶対個室が良い!という方はご注意くださいね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP