四十九日の法要【香典の表書きは御霊前?御佛前?】

四十九日は、忌明けに行うとても大切な法要です。四十九日のために準備や、用意すべき香典の金額や包み方についてはご存知でしょうか。当日慌てることがないよう、あらかじめ確認しておきましょう。大切な行いだからこそ、しっかりとした準備が必要になります。

四十九日の法要の準備

四十九日は、仏教で次の生を受けるまでの期間とされています。
つまり故人がまだ今生と後生の中間にいらっしゃる時期であり、旅立っていく大事な節目でもあります。
葬儀(葬式) -  GATAG|フリー素材集 壱 (11109)

・日時の決定
・場所を決めて、必要があれば予約
・お坊さんの手配<急ぎ>
・呼ぶ人を決めて連絡
・本位牌の手配(2週間かかります)
・霊園に納骨する旨の連絡
・石材店に墓誌の彫刻依頼
・石材店に納骨準備の依頼
・会食場所の予約
上記が四十九日の準備の流れを簡単に説明したものです。
期間を要し、各所への早めの手配が必要なことが分かります。

香典

葬儀(葬式) -  GATAG|フリー素材集 壱 (11111)

こうでん) とはもともとお香を持参して供えた物で、香奠(こうでん) と書き、奠は供え物を意味していましたが、いつしかお金を包むようになりました。

香典は四十九日までに持参するものですが、通夜に弔問するときは通夜に、通夜には行かず葬儀に参列するときは葬儀のときに持参します。通夜と葬儀どちらにも行く場合は通夜に持参し、葬儀では不要です。

香典は、お亡くなりになられた方へのお供え物です。
では、香典の相場はいくらくらいなのでしょうか?

香典の相場

四十九日、一周忌、三回忌等香典の相場のお尋ねですが、法事の際は、親族の場合、0,000~0,000程が相場です。
ご家族でご出席の際は、先方も引出物やお食事の心配りがありますので、そのあたりを十分考慮されておつつみください。
また、供花、お線香等のお供えはあくまで任意となります。
必ず必要かといえば、そうではありません。
「お気持ちがあれば・・・」といったものです。
大人1人1万円、夫婦で2万円が最低相場でございます。
ご主人のお父様ですので、プラスαで3万でも宜しいと思いますよ~。
尚、2~3000円の菓子折り等の「御供え」をお持ちすればより丁寧です。
香典は地域や、お亡くなりになった方との関係性で包む金額は異なります。

包むお金のこと、そして正しい包み方

■お札について
新札は「前から準備していた」と思われるので、使い古しのお札を入れる、
と言われますが、お葬式は突然ですので、新札を用意できない場合もあり、
使い古しのお札しか入れられない場合もあるため、このように言われるようになったのです。
不祝儀袋へお金を包む際には、出来るだけ新札は控えましょう。
新札しかない・・・という場合、真ん中に折り目をつけるようにすると失礼に当たりません。
正しい包み方もあるので、下記のマナーを確認しておきましょう。
① 中包みを広げます
②お金の向き 中央にお金を入れます
「お葬式の時はお札を裏返して入れる。」 と言われることもあるようですが、
そのようにする必要はありません。

③元通りに折ります。 
裏の「〆」と書いてあるところは糊などで貼って下さい。

表書きの仕方

流美オリジナルの布製ご祝儀袋 konuno金封 わちがい紋 赤 (11106)

水引きの上中央に「御香典」「御仏前」「御霊前」などの表書きを書きます。水引きの下中央に差出人の氏名を表書きよりも少し小さな文字で書きますまた、香典袋には「蓮」の花が描かれているものがありますが、これは仏式専用に作られた香典袋です。

故人にたむける香のかわりに持参するものです。霊の前に捧げる「御霊前」、仏の前に供える「御仏前」、香を供えるのが「御香典」というわけです。

※浄土真宗に関しては、「御仏前」を用います。一般的に「御仏前」は四十九日後に使われる表書きですが、浄土真宗では「往生即成仏」との考えから「御霊前」という言葉は使いません。

不祝儀袋・不祝儀袋の書き方、知識とマナー (11108)

基本的に四十九日の段階では、『御霊前』と表書きをするのが良いとされています。
しかし宗派によっては、御霊前という言葉は使用しません。
亡くなった方のご親族に、事前に宗派を聞いておくのが良いですね。
ちなみに浄土真宗の場合は、『御佛前』となります。

四十九日は、法要の中でも特に重要な行いです。
正しいマナーを覚えておき、故人を悼む気持ちが伝わるようにしましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP