知っておきたい!「墓石」の価格や、建てる時の費用

あなたはこれまで、お墓を建てた経験がありますか?お墓を建てるのはほとんど経験しないことですし、一人が一生のうちに何度も建てることは極めて少ないですよね。今回は、お墓を建てる時にかかる費用について調べてみました。是非参考にしてみて下さいね。

墓石の価格は?お墓を建てる時にどんな費用が必要なの?

写真素材 足成:電卓 (14699)

因みに、墓石の値段の相場は?
なんて疑問を持たれている方も多いとは思います。

墓石のみの値段で、最低ライン約30~40万円/1㎡ほど。
しかし、あくまでもこれは目安です。

霊園が提携している墓石業者からの購入など、制約も多いお墓の値段。
高いところもあれば最低ライン以下で建ってしまう場合もあります。

お墓の価格の目安としては、一般的には70万円~200万円くらいが相場となります。
ただし、お墓を建てる場所がどのような広さなのか、石はどれを選ぶのか、墓石以外の部材をつけるかつけないか、などで価格は大きく変化します。(注1)
基本的には、お墓づくりは「一戸建ての家を注文住宅で購入する」ことと同じです。
土地を用意してから、その上に住宅を建てる場合、
「土地の広さはどれくらいか」
「鉄筋なのか木造なのか」
「駐車場はつけるか」
など、いろんな条件で値段が変わってしまいますよね。
これとまったく同じで、お墓を建てる場合も、まず墓地を用意して、それからお墓を建てます。
そうすると、墓地の広さやお客様のニーズによって、必要なものが変わり、値段も大きく変わってくる、ということなのです。
一人ひとりのお客様のケースが違うので、予め価格表というものは存在せず、じっくりお客様の状況やご要望をお聞きし、毎回お見積りを提出させていただき、はじめて値段は決まってきます。
(注1)ここでいう「お墓」とは、墓石そのものを表します。「墓石」を建てる「墓地」「墓所」は、永代使用料と呼ばれる費用が別途必要となります。
安くて30万、高くて200万といったところでしょうか、高額ですね。
加工費や工事費、さらにお墓を使用する権利である「永代使用料」を合わせると、かなりの費用が必要になります。
しかし、墓石の値段はピンキリであり、地域や条件によって大きく変わってくるため一概にいくらとは言えないようです。

どこでお墓を建てるか?

墓石|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (14700)

公営霊園は、永代使用料や維持管理料が比較的安く、募集に際しては抽選となることもしばしば。そのため、墓所の広さや区画の位置を選ぶことができずに、希望通りのお墓を建てられない可能性があります。

寺院墓地は、その寺院の檀家のための墓地なので、お墓を建立するにはまず檀家に入ることが前提です。永代使用料や維持管理費が明確にされていないこともあり、料金も寺院によって異なります。

民営霊園は、公営霊園と比べると費用としては高くなることが多いですが、墓石のデザインや広さも相談できる上、何より宗教や宗派を問わず使用できるメリットがあります。
また管理もしっかり行われているところが多く、一昔前の寺墓地の様な薄暗いものではなく、親しみのもてる霊園となっていることも珍しくありません。

公営霊園の魅力は、何と言っても維持管理料が比較的安いことです。
しかし、申し込みには様々な条件があったり、人気があるため抽選になるケースも多く、誰でも好きな時に建てられるわけではありません。
寺院墓地は檀家のように普段からお寺とお付き合いがあれば良いのですが、一般で新規に建てる場合はどうしても敷居が高く感じてしまいます。
民営霊園は一般的に費用が高めになるようですが、宗教や宗派を問わず墓石も好みのものを建てられるなど、自由度が高いことが魅力です。
予算はもちろん、お墓参りのしやすさなども考えた上で、無理ない場所を選びましょう。

墓石にはどんな石材を使っているの?

大理石・御影石|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (14701)

墓石に使う石材は、大まかな分類として「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が挙げられ、産地や成分などにより300以上の種類があります。
花崗岩は瀬戸内海沿岸をはじめ、茨城県、福島県、愛知県で多く産出され、各産地により目の粗さや色合いが異なります。
安山岩は江戸城築城に使用された神奈川県真鶴の小松石が有名ですが、東の横綱石とも呼ばれて根強い人気があります。

最近では外国産の輸入石材の流通が増加しています。特に現在国内で建立されているお墓の大半を中国産の石材が占めつつあります。一方、国産石材の需要・採石量ともに減少していますが、希少価値が高まり、高級品として扱われるようになった石材もあります。
また「花粉の多い地域では白系の明るめの石を使用すると花粉の付着が目立たない」など、地域や場所によって選ぶパターンも人気も分かれます。

やはり国産の石材は人気が高く、値段も高価なようです。現在では外国産の石材も多く使用されていることから、産地や種類によって値段も大きく違うことも納得できますね。
また、それぞれの地域の気候・風土にあった石材の選定もポイントとなり、それによって人気も変わってくるようです。

誰に相談すればいいのか?

悩んでいる女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (14702)

石材店の仕事は、「墓石を売る」だけではありません。「墓守」が最も重要な仕事です。「墓石を売って終わり」ではなく、アフターフォローはしっかりしているか、購入後のメンテナンスやサービスは充実しているかなどを確認しましょう。
「お墓の窓口」消費者向けホームページ

対面でのご相談以外でもお墓に関するお悩みを解決するサイト「お墓の窓口」を運営しています。初めてのお墓を建てるとき、お墓の修理やお引越しなどについてわかりやすくご紹介。無料相談フォームからのご相談も随時受け付けています。

お墓を建てるためには、石材店へ依頼することになりますが、どこの石材店へ頼めばよいか迷いますよね。
石材産業や石材店の協会がありますので、まずはそちらへ問い合わせてみるのがいいでしょう。
霊園では提携している石材店がありますし、仏壇仏具店でも紹介してくれますので、いくつかの候補の中から自分の予算や好みにあった石材店を選定していきましょう。

まとめ

写真素材 足成:山手外国人墓地 (14704)

今回、墓石の価格やお墓を建てる時に必要な費用について調べてみたところ、次のことがわかりました。

1)墓石の値段は、安くても数十万円かかる。
2)お墓を建てるには、墓石の値段とその加工費や工事費、「永代使用料」とかなりの費用が
  必要となる。
3)お墓を建てる場所としては、「公営霊園」、「寺院墓地」、「民営霊園」がある。
4)お墓は、石材店へ依頼して建てる。

お墓は、多くの人にとって「一生に一度の買い物」です。これからお墓を建てられる方は、どのようなお墓を建てたいのか、予算はどれくらいか、どのタイプの霊園・墓地で建てるのかなどよく検討し、納得のいく墓石を建てましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP