【健康運を上げる】東京は意外と多い!神社・お寺を巡ろう♪

病気平癒のご利益がある神社やお寺は、意外にも東京にはたくさんあります。日本中で知られている有名なとげぬき地蔵や、面白い祈願方法を取るものまで多くの神社・お寺があるんですよ。そこで、今回は東京にある病気平癒のご利益があるとされる神社・お寺をご紹介します。

東京にある神社・お寺巡りで健康運を上げよう

独特の雰囲気がある神社やお寺は、行ってみると心が洗われるようで、
あれこれ悩んでいたことが吹っ飛んでしまうことがあります。
祈願しても病気が治るわけではありませんが、色々と心理的に苦しい場合は
行ってみると意外なプラス効果があるかもしれませんよ。
東京都にある神社・お寺で、病気平癒のご利益があるとされるところをピックアップしてご紹介します。

東京で健康祈願ならここがおすすめ!

近年ブームになっているパワースポット巡り。
様々な場所が話題になっていますが、日本古来から信仰されてきた神社やお寺もよいですよ。
古くは病気の治癒を目的として作られた神社・お寺が多かったので、
健康運を上げたいなら神社・お寺を巡ってみましょう。
ただし、神社・お寺ごとに祀られている物が違うので注意してくださいね。
今回は健康にご利益があるとされている、神社・お寺をご紹介します。

芝大神宮

芝大神宮について: 東京の神前挙式なら芝大神宮へ (3950)

芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘二年(1005年)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。
東京にあるとっても古い歴史をもつ芝大神宮は、なんと1005年に創建されました。
「神前挙式なら芝大神宮へ」と言われるように、縁結びの神社としても有名ですね。
しかし、病気平癒のご利益もあるので、結構な方が健康のために祈願しているんですよ。
主祭神は伊勢神宮と同じ、天照大御神と豊受大御神です。

高岩寺 とげぬき地蔵

とげぬき地蔵尊高岩寺 - M.ダックス太郎の「情熱大陸」 - Yahoo!ブログ (5723)

「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれるこのお寺、正式には曹洞宗萬頂山高岩寺といいます。慶長元年(1596年)に江戸湯島に開かれ約60年後下谷屏風坂に移り巣鴨には明治24年(1891年)に移転してきました。
年配の方々が集まる場所として有名な巣鴨地蔵通り商店街。
その途中にある「とげぬき地蔵」は全国でも知られており、テレビなどでも1回は見たことがあるのではないでしょうか?
観音像を水で洗うことでご利益があるとされ、治したい部分があれば同じ場所を洗います。
ちなみに、正確な名称は曹洞宗萬頂山高岩寺となっており、本尊は延命地蔵菩薩です。
見てみたいものですが、残念ながら秘仏とされて一般公開はされていません。

稲荷鬼王神社

稲荷鬼王神社 - Wikipedia (3962)

稲荷鬼王神社(いなりきおうじんじゃ) とは、東京都新宿区歌舞伎町にある神社。
JR新大久保駅の南東約400Mに鎮座する。全国唯一の鬼の福授けの社として信仰を集め、「撫で守り」の授与で有名である。皮膚病・その他病気平癒に御利益がある。境内の三島神社に祀られている恵比寿神は新宿山ノ手七福神の一つである。
少し独特の名前の稲荷鬼王神社は、皮膚病にご利益があるとされる神社です。
また、名前だけでなく祈願方法も独特で、豆腐を奉納するという面白い手順なんですよ。
奉納したら豆腐断ちとして、自分は豆腐を食べないことで病気平癒を祈願します。
ちなみに、鬼王という名前が入っていますが、国内でもここだけになります。

唐泉寺 江戸川不動尊

当山の縁起 | 真言宗 吉祥山 江戸川不動尊 唐泉寺 (3970)

日本唯一の「封じ護摩」の寺として、
御本尊に大日大聖不動明王を招来し、
「がん封じ」「ぼけ封じ」などに
霊験あらたかなお寺として、
参詣の人々が後を絶ちません。
また、昨今は「選挙の寺」唐泉(当選)寺
としても有名です。
多くの病気の人々が訪れるのがこの、唐泉寺にある「江戸川不動尊」です。
特にガンやボケに、ご利益があるとされているんですよ。
なぜそうなったのかは、先代住職がガンを発症したにもかかわらず、元気にバイクで巡拝したそうです。
そこから、唐泉寺はガンにご利益があると有名になりました。
ガン封じ・ボケ封じのお守りも販売されているので、ぜひ見てみてくださいね。

西新井大師

境内散策 | 西新井大師のご案内 | 西新井大師 (3972)

西新井大師は五智山遍照院總持寺(ごちさん へんじょういん そうじじ)といい、
真言宗豊山派の寺院です。
天長の昔、弘法大師様が関東巡錫(じゅんしゃく )の折、
当所に立ち寄り悪疫流行になやむ村人たちを救わんと、
御自ら十一面観音像とご自身の像をお彫りになり、観音像を本尊にそしてご自身の像を
枯れ井戸に安置して二十一日間の護摩祈願をおこないました。
すると清らかな水が湧き、病はたちどころに平癒したと伝えられます。
その井戸がお堂の西側にあったことから「西新井」の地名ができたと伝えられております。
当地西新井はお大師さまと切り離すことのできない歴史を持っております。
引用にあるように弘法大師により開かれた西新井大師は、
病気平癒や無病息災、家内安全を祈願する参拝者が後を絶ちませんでした。
現在でも、この3つに対してご利益があるとされているので、多くの参拝者が訪れます。
境内にはイボ取りにご利益があるとされる「塩地蔵」や、
信仰すれば寿命長延の功徳があるとされる「延命水洗地蔵尊」などもあるんですよ。

まとめ

東京で健康に関係した神社・お寺をご紹介しました。
参拝すれば確実に健康になるわけではありませんが、
「病は気から」とも言われ参拝することで心が軽くなることもあります。
東京には意外と多くの神社・お寺があるので、興味があれば巡ってみてくださいね!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP