あじさい寺の愛称で知られる岡山県美作市の「大聖寺」

岡山県美作市にある真言宗のお寺「大聖寺」。山号は恵龍山(けいりゅうざん)で、本尊には不動明王を置いています。ただこの本尊は秘仏扱いなので、脇仏として愛染明王・如意輪観音があります。そしてこのお寺が最も有名なのは「あじさい寺」としてでしょう。

大聖寺(だいしょうじ)

大聖寺(あじさい寺)/美作市ホームページ (12667)

大聖寺(だいしょうじ)は岡山県美作市にある真言宗の寺院。山号は恵龍山(けいりゅうざん)。

本尊は本堂不動院に不動明王(秘仏)、脇仏として本坊客殿に愛染明王、観音堂に如意輪観音が祀られている。本尊不動明王は33年毎の開扉で、次回の本尊開扉大法要は2024年3月27日である。

アジサイの名所として寺領内に1万株のあじさい園を誇り「あじさい寺」の通称がある。また冬のナンテンの名所として「福寿難転(南天)寺」を称している。

西国愛染十七霊場第七番札所、山陽花の寺二十四か寺第十三番札所。

あじさい寺 別格本山大聖寺の縁起 | あじさい寺 別格本山大聖寺 (12738)

 天平10年(738年)聖武天皇の勅命によって開山されたと伝わる由緒あるお寺で、「山陽花の寺二十四か寺」の第十三番札所でもあります。四季折々の草花に囲まれた境内にはあじさいが「心」の字形で植えられ、散策道をのんびり歩くことができます。築400年の本坊では愛染明王を拝観でき、見事な日本庭園とともに、藩主の使っていた部屋、京都御所勅使の駕籠など多くの寺宝を見ることができます。また、予約すれば「御寺(みてら)料理」を頂くことができ、写経体験も可能。

いろいろな花が見られます

あじさい寺という愛称で親しまれてはいますが、なにもあじさいしかないわけではありません。
ナンテンの名所としても知られていますし、山門の前には小説「宮本武蔵」に登場する千年杉のモデルであるといわれている2本の大イチョウがあります。
大聖寺(あじさい寺)/美作市ホームページ (12677)

あじさいの見頃を過ぎても大聖寺はさまざまな花が咲きます。
7月後半から8月に咲く花々を紹介します。

8月頃
『ウツギ』:アジサイに似た白い花が山門近くに咲きます。(武蔵像の近く)

7月末頃~8月頃
『ハス』:蓮池に大輪のハスが咲きます。

自然の宝庫大聖寺には、その他様々な野草に花を付けます。

チューリップツリー

名前を聞いたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか?かなり珍しいチューリップそっくりの花をつける木なのです。
あじさい園の遊歩道やヘリポートのそばにチューリップツリーが計十数本あります。その一本一本におよそ1000個ほどの花がつくのです。
花はこんなカタチ↓です。本当にチューリップそっくりですね。
普段、なかなか見ることのない花なので、ぜひ立ち寄って見てみたいですね。
チューリップツリー | あじさい寺 別格本山大聖寺 (12699)

あじさい寺

岡山県美作市【あじさい寺 大聖寺】あじさい七夕まつりとアクセス | 季節を代表する、日本のイベントシリーズ (12668)

大聖寺では毎年七夕の時期になると「あじさい七夕祭り」「あじさい花祭り」を開催しています。
抹茶とお茶菓子がついて参加料(拝観料)は500円とお手頃なので、もし興味をもたれたならば是非参加を検討してみてくださいな。
※自家用車を利用する場合は駐車場1台500円別途かかりますのでご注意を
大自然に囲まれた当山境内は、多宝塔を中心にアジサイ花を始め沙羅、南天、椿など、四季のうつろいとともにさまざまな”悉有仏性の花々”が咲き誇り、可憐な花々にみほとけの慈悲を表現します。

秘仏「愛染明王さま」ご参詣の上、客殿(勅使の間)狩野宗信筆、襖絵など貴重な文化財の数々と合わせ山アジサイを始め日本アジサイの古代原種ともいわれ自生する銀梅草などさまざまな山野草に彩られた本坊庭園をぜひご観賞下さい。

精進料理

普段なかなか口にする機会のない精進料理。予約が必要ですが大聖寺でも楽しむことが出来ます。
こちらはあじさい祭りの時期でなくとも受け付けているので、興味が沸いた方はぜひともご賞味あれ。
これに関しては「事前予約」が必要になりますが、精進料理である「御寺(みてら)料理」、そして大聖寺ご用達の「姫松」の京風精進料理も楽しむことができるそうです。

「御寺(みてら)料理」とは、皇室ゆかりの寺院に与えられる尊称『御寺(みてら)』に由来するお寺のことを指します。

そんな由緒正しい「御寺料理」は1日15名さま限定で、3,500円~。

「姫松」の京風精進料理は、1日80名さま限定で、3,500円~。

興味のある方は、是非この機会に、なかなか日常では食すことのできない精進料理をたしなんでみてはいかがでしょうか。

交通情報

中国自動車道【作東インター】より 約20分

駐車場あり
普通車 100台 / バス 10台

中国ハイウェイバス

バス停【作東】下車 タクシーで約20分
智頭急行

【佐用駅】下車 タクシーで約25分
JR姫新線 

【美作江見駅】下車 タクシーで約20分

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP