縁結び効果絶大!?出雲大社のお守りを手に入れましょう!

島根県にある出雲大社は、縁結びのご利益があることで有名です。そのご利益にあずかろうと、お守り目当てに参拝に行く人も多いのだとか。そこで今回は、出雲大社のお守りについて調べてみました。縁結びだけではなく、様々な種類があるようですよ♪

神話の時代から存在する出雲大社!

日本を代表する歴史書といえば「記紀」と呼ばれる『古事記』と『日本書紀』ですが、
その中にはなんと!出雲大社の創建にまつわるお話が記されているそうです。
神話の時代から存在する神社が、今日までその姿を残しているんですね。
雄大な歴史を感じます。
 (2562)

出雲大社の創建については、日本神話などにその伝承が語られている。以下はその主なものである。
大国主神は国譲りに応じる条件として「我が住処を、皇孫の住処の様に太く深い柱で、千木が空高くまで届く立派な宮を造っていただければ、そこに隠れておりましょう」と述べ、これに従って出雲の「多芸志(たぎし)の浜」に「天之御舎(あめのみあらか)」を造った。(『古事記』)
高皇産霊尊は国譲りに応じた大己貴神に、「汝の住処となる「天日隅宮(あめのひすみのみや)」を、千尋もある縄を使い、柱を高く太く、板を厚く広くして造り、天穂日命に祀らせよう」と述べた。(『日本書紀』)

出雲大社のお守りは一年ごとに取り替えるべき?

そんな出雲大社のお守りですが、中でも人気が高いのはやっぱり縁結びのお守りだそう。
実はこのお守り、ただ持っているよりも「あること」をすると効果が上がるんです。
 (2559)

 出雲大社の縁結び お守りの効果

効果については、縁を結ぶ力がとても強いといわれています。
また、縁の種類は恋愛だけなく、夫婦・家族・友人・仕事・お金などあらゆる良縁・幸せです。

効果が表れるまでには1年かかるといわれていますが、数週間から数ヶ月で効果を実感した人もいます。
また、1年ごとに新しいお守りに変えることで、お守りは最大限の効果を発揮するといいます。

1年後にお守りを買い替えるときは、古いお守りは捨ててはいけません。
神社の境内にお守りを返却する「納め所」があるので、お守りに感謝しつつ納め(返却)ます。

ずっと同じお守りを持ち続けるのではなく
1年経ったら新しいものに替えることが大事なんですね。

縁結びだけじゃない?色々種類があるお守り!

とはいえ出雲大社に来る人は縁結びだけが目的ではありません
長寿、大願成就、安産祈願などなど・・・
ニーズに合わせて神社側でも様々なお守りを扱っています。
 (2571)

学業守
1000円
合格祈願に訪れた学生さんは志望校との縁が結ばれるかも知れないということで購入されるようです。

開運御守
1000円
すべてのご縁をつなぎ、運を開いていくお守り。
福徳のご利益があるようです。

長寿守
1000円
健康、長寿を授けるお守り。
幽世(かくりよ)を治める大国主大神が、この世での福寿との縁を結ぶのでしょうか。

敬老の日や父の日、母の日に実用的なプレゼントに長寿守りを添えてさしあげるのも喜ばれると思います。

学業や長寿のお守りは、大切な方へプレゼントしても喜ばれそうですね。

出雲大社に奉納されたダイヤモンドを使ったネックレス!

出雲大社のパワーを借り受ける形でネックレスを販売しているところがあります。
商品名は「Wish upon a star」。星に願いをという意味です。
出雲大社に奉納されたダイヤモンドで作られているそうなので、
これをつけるだけでもご利益がありそうですね!
見た目もとってもオシャレです。
Wish upon a star(ウィッシュアポンアスター) - 出雲大社にある、「願いが叶うダイヤモンド」って? - (3459)

この“Wish upon a star”が出雲大社に奉納された2014年は、60年に一度、神様から特別なご利益(おかげ)を授かることができるとされている「おかげ年」。実際、過去には景気が好転した、婚姻率が上昇した、など社会現象も起きたと言われているほど。そんな特別な年に奉納された由緒高きダイヤモンドが“Wish upon a star”なのですが、じつはコレと同じものを、実際に購入することができるんです。

激レアの限定お守りがある!?

ところで日本の神社は「遷宮」という、建物を修繕するためにご神体を移す行事があります。
出雲大社では60年に1度、この遷宮が行われるのですが
最後の遷宮は平成21年(2009年)。
実はそれを記念して限定お守りが発売されたのをご存知でしたか?
 (2567)

この「大還宮」を記念して平成27年迄の期間限定で出雲大社の平成の大還宮限定記念「蘇りの御守り」(¥1000)が販売されており、今1番熱い人気の高い御守りとして注目を集めています。

また、御本殿大屋根の「檜皮(ひのきの樹脂)」を混ぜた厚手の紙に包まれた出雲大社の平成の大還宮限定記念 「縁結びの御守り」(¥1000)も平成27年迄限定販売されています。

その他にも神在祭の期間のみ販売される

「神在祭守り」/錦袋¥1000/小袋¥300があります。

このお守りが次に発売されるのは2069年・・・
ずいぶん先になってしまいますが、機会があれば記念の意味を込めて買っておきたいですね!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP