【無病息災】奈良・長谷寺でだだおしの鬼を追い払おう!

2月14日はバレンタインデーですが、奈良県にある長谷川寺ではだだおしの鬼払いという行事が行われます。この行事は春を呼ぶこむために行なわれ、無病息災を祈るためのものです。松明を持った迫力のある鬼達が神社の中を暴れまくります。

奈良県にある長谷寺のだだおしをご存じですか?

長谷寺便り|奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺 (8058)

2月14日はバレンタインデーなのですが、奈良県にある長谷寺ではなんと鬼が現れます!
鬼が現れるだなんて怖そうな祭りだなと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、実は、これは春を呼ぶ行事でもあり、無病息災を願う行事でもあるのです。
今年、一年健康に暮らしたいと願う方は、是非、参拝されてみてはいかがでしょうか。
鬼が暴れ火の粉が飛ぶ!「だだおし(追儺会)」@長谷寺 (by 奈良に住んでみました) (8142)

無病息災を願って大勢の参拝客がバレンタインデーの日に長谷寺に集まってきます。
かなり混雑するので、家族連れはお子さんとはぐれないようにしてくださいね♪

神社についたら牛王符を手に入れましょう

有料で大札が3千円、小札が千円します。
牛王符を持っていると神社の礼堂に上がることが出来るため、だだおしの法用に参加することが出来ます。また牛王符を持っている人にだけ、お寺の伝説にもある宝印を額に押して頂け祈祷を受けることも出来ます。

だだおしとは?

2月14日に行われる鬼祓いの儀式です。長谷寺では2月8日より一週間、修二会(しゅにえ)という人々の安穏を願う行事を行っていますが、その最終日の法要の最中、突如として赤・青・緑の三匹の鬼が現れ、お堂の中を暴れまわります。人々を威嚇し、金棒を振り回して大声をあげる鬼たちは、やがて牛玉札(ごおうふだ)という功徳のある札を手にした僧侶衆によって堂外に追われ、今度は長さ4メートルの大たいまつを手に、おのおの本堂の周りを練り歩きます。鬼たちがすれ違う際、たいまつ同士がぶつかることによって激しく火の粉が飛び散り、参拝客からはどよめきと歓声が上がります。やがて鬼はたいまつを捨てていずこともなく去り、人々はご利益が得られるというたいまつの燃え残りを拾います。
だだおしは、参拝客に福を呼ぶ行事であると同時に、長谷寺に春を迎える大切な儀式でもあるのです。
だだおしについて|長谷寺便り|奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺 (8070)

「だだ」という言葉は、ほとんどの方が初めて耳にする言葉ではないでしょうか。
だだとは実はなんのことか未だに解明されていません。
でもいろいろな説があります。

①「だだ」は閻魔様の杖という説

だだは、閻魔大王さまの持ち物で、地獄で生前よい行いをしたか悪い行ないをしたかを判断するための杖という説です。

②疫病神を追い出す儺押しという説

だだという言葉は疫病神を追い出す儺押しという行動から取った言葉だという説です。

③額に印をつける檀拏押しという説

人々の額に印をつける閻浮檀金宝印や檀拏印だという説です。
額に印を押すという意味でだだという言葉が生まれたのではないかという説です。

④だだだだ……と言いながら鬼を追い出したという説

鬼を追い出すときに、だだだだ……と言いながら鬼を追い出したという説です。

だだおしという祭りが生まれた由来は?

長谷寺を開山し、西国三十三所を設立した「徳道上人」が、718年に病を得て、一時冥土へ行った際に、閻魔大王から「まだ死んではならない。生き返って西国三十三カ所観音霊場を開基せよ」とのお告げがありました。その際にいただいた「閻浮壇金宝印(えんぶだごんほういん)」を諸仏や参拝者の額にあてて、悪霊退散・無病息災の加持祈祷を行ったことから始まったと伝わっています。

参拝者も迫力満点の鬼達に度肝をぬかす!

2013年2月のブログ記事一覧(2ページ目)-く~にゃん雑記帳 (9038)

大きな炎が大きく揺れますので、小さな子供を連れている方は、離れた場所で見物された方がよいでしょう。
長谷寺 だだおし|春日野奈良観光 (9041)

巨大な松明を持った鬼達が火の子を飛ばしながら暴れまくるので、かなりの迫力です!
暴れはじめた赤鬼、緑鬼、青鬼は「だんだいん」を押した牛玉札によって、本堂から追い出される。鬼は松明を引き連れて本堂の周囲を周回するのである。
この松明が激しく燃え上がる。赤鬼が持つ松明は一番大きくて長さが4メートルあり、重さも120キロである。そして鬼は堂の周りを周回して、すれ違いざまに激しく松明をぶつけあう。松明は頑丈で、それでいてよく燃えなければならない。

帰りは鬼鈴のお守りを買って帰りましょう!

長谷寺だだおし2016-さかい鍼灸院写真展№00014 (9051)

神社の中では厄除けのお守りが売られています。
すべて鬼の形をした鈴です。
小さい物と大きい物があるので、お部屋に鬼のお守りを置いてみてはいかがでしょうか。
一年間、家族みんなが健康で暮らせそうですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP