「お盆」っていつからいつまで?新盆や旧盆の違いとは?

「お盆」と一口に言っても、旧暦に合わせたものや7月に行われるお盆など地域によって様々です。自分の住んでいる場所はいつお盆が行われているか知っていますか? いくつもの種類があるお盆ですが、いつからいつまでなのか一緒に調べてみましょう。

お盆っていつからいつまでか知ってる?

Free illustration: Agenda, Calendar, Businesswoman - Free Image on Pixabay - 1466278 (9295)

2017年は08月11日の「山の日」が金曜日なので、例年より長期休暇を取ることができる方も多いです。
お盆は、全国各地で先祖の霊を迎え入れ、また送り出すための盆踊りや祭りが開催される時期です。そのため、お盆といえば夏の風物詩、というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
ご先祖様をお参りして安心して成仏してもらうために欠かせない、日本の伝統行事である「お盆」。
実はいくつかの時期があります。
では、夏の風物詩である「お盆」について一緒に紐解いていきましょう。

「お盆」の時期は大きく分けて3つ

Free photo: Fireworks, Colorful, Sky, Night - Free Image on Pixabay - 74689 (9300)

テレビのニュースでは、お盆休みを8月の連休と伝えることが多いですが、実はお盆を8月に行う地方と7月に行う地方で分かれています。

7月にお盆を行う地方は、東京を始め横浜や東北の一部の地方などで、これは旧暦を今も重視した考えが元になっていると言われています。

1.旧暦7月15日の旧盆(旧暦盆)←これが本来のお盆

2.新暦8月15日の月遅れ盆(8月盆)

3.新暦7月15日の新暦盆(7月盆)

お盆には大きく3つの時期があります。
旧暦に合わせて行う地域は沖縄県をはじめとする地域で、
これに合わせるとお盆が9月初旬になることも珍しくありません。
東京を中心とした関東近郊で行われるお盆は新暦(現在の暦)で7月15日を中心としたものが多いです。
そして、全国の約7割が8月15日を中心としたものです。
自分の住んでいる地域はいつになるか調べてみると面白いですよ。

お墓参りのタイミングはいつがいい?

 (9305)

近年は都市部でも住宅地の中にお墓があるケースが多いため、田舎や郊外にお墓があった時代と比べるとお墓参りも便利になりました。
お盆の期間は13日から16日までの4日間ありますが、お墓参りをするなら13日がよいと言われています。

その理由は、13日は盆の入り・迎え盆と言って、お盆の期間の初日だからです。

旧盆の地域の多くでは8月15日をお盆の中心と考え、8月13日から16日までの4日間にお盆の催しや風習が行われます。京都のように8月7日からお盆始まりを迎える地域もありますが、8月15日が中心であることに変わりはありません。
全国的に旧暦や新暦、7月か8月かなどの違いはありますが、
多くの地域では13日から16日の4日間を「お盆」と呼んでいます。
お墓参りは後述する「迎え火・送り火」に合わせた13日と16日に行う方が多いです。
近年は生活パターンの多様化などから13日にお墓の掃除をするだけという方も多いですが、
一番大切なのは先祖のことを想う気持ちですので、「お墓参り」だけは欠かさないようにしたいです。

「迎え火」と「送り火」

精霊流し

精霊流し

九州の「送り火」にまつわる代表的な行事。さだまさしさんの曲でも有名です。京都では「大文字焼き」が代表的で、お盆では火にまつわる催しごとが数多く行われます。
迎え火には先祖が迷わずに自宅に戻れるようにという意味があり、13日の夕方に行います。
13日にご先祖さまを迎えにいって、おうちで一緒に過ごします。「迎えは早く、送りは遅く」なんて言われています。
送り火ではお供え物を供えたり、自宅の仏壇へ火を運びます。
13日の午前中に仏壇や墓の掃除をして夕方にお迎えするという方が多いようです。
送り火には先祖が帰り道に迷わずに戻ることができるようにという意味が込められています。
お盆といえば「盆踊り」が有名ですが、これは旧暦のお盆の名残で、
本来盆踊りが行われていた旧暦の8月16日は「十六夜」という満月の夜だったので、
月明かりのおかげで夜でも踊ることができたからです。(旧暦は月の満ち欠けに合わせた暦)
先祖が迷わずに帰ることができるというのも、送り返すのが満月の夜だからなのかもしれませんね。
その他にも夜を照らす大文字焼き、灯篭流し、精霊流しなどで先祖が夜道に迷わないようにして送り返します。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP