神社に行く前に知っておきたい!厄払いの常識や礼儀作法

厄年の年齢になると、神社やお寺で厄払いをしてもらうのが昔からの習わしです。でも、厄払いとはいつ何をすればいいのか意外と知らない人も多いのです。そこで、御祈祷料の支払いや服装のマナーなど、基礎知識や基本の作法を知っておきましょう!

厄年って何?どうして厄払いするの?

Instagram (6822)

厄年というのは、陰陽道で教育、宣伝されているもので、その年齢になると厄災が降りかかるとされています。平安時代には、すでに厄年という概念があり、現在まで長いこと受け継がれてきている風習です。

厄年を民俗学的に見ると、『役年』になります。ある一定の年齢になると、神社やお寺で『役』をするという習慣からです。『役』になると、それなりに身を清め、行いを慎まなければいけませんでした。その役を終えて、はじめて一人前の社会人として、周囲の人から認められたといいます。

次第に、この『役』の年齢に差し掛かる頃には、精神的なものや肉体的なことに変化が起こりやすく、体を壊したり、思いも寄らぬ受難を受けたりするという、人生の節目になっていることが分かってきました。昔の人は、厄年を『役年』とすることで、役についた者に様々な制約をもうけ、『厄』から逃れていたのです。

ちょうど人生の大きな転機に差し掛かる頃と重なるのが「厄年」です。
体調や環境の変化が大きく、病気になりやすい・事故に遭いやすいなど、
何かと困った出来事が次々と起こる時期でもあります。
そんな悪い巡り合わせに負けることなく、健康で平和に厄年を乗り切るために、
神社やお寺で体と心を清める「厄払い」が昔から大切な儀式とされてきました。
人生をステップアップさせるための大事な節目と言えますね。

厄払いをするべき年齢は?

厄年は男女別に以下のようになっています。

男性は本厄が25才、42才、61才(数え年)
女性は本厄が19才、33才、37才、61才(数え年)です。

61才は男女共に厄年とされ、さらに男性は42才が大厄、女性は33才が大厄となっています。

数え年とは、自分が生まれた年を1歳と数え、誕生日ではなく年が明けると歳を取るという、
昔に主流だった数え方です。
今の年齢の数え方とは少し異なるため、注意しましょう。
また、厄年の前後にあたる年を前厄、後厄といい、災厄の影響を受けやすい年とされます。
本厄とあわせての3年間、厄払いを行う人もいます。
大厄は厄年の中でも特に大きな災厄に見舞われると言われる年です。
特に念入りな厄払いを心掛けたほうが良いでしょう。

どの時期に厄払いをすると良い?

Instagram (7660)

厄払いに行く時期は、立春(※毎年2月4日頃)までに行くのが習わしとされており、厄払いは、年始から節分(立春の前日)までに行うのが一般的とされていますが、地域や神社仏閣によって違いもあります。

住んでいる地域によって風習や慣習が異なりますが、それぞれの地域の風習や厄払いに行く神社仏閣の決まりに従って行くようにするとよいでしょう。

厄払いは、大きな寺社なら一年中受付をしています。
地域に密着した小さな神社やお寺では日程が決まっている場合もあります。
予約が必要な寺社もあるため、事前に詳細をチェックしておくと良いですね。
年明け前後に厄払いをする人が多いですが、
厄年が始まるのが誕生日からという説も根強くあるため、自分の誕生日が過ぎてから行うケースもあります。
もし自由に日程を選べるならば、天気の悪い日や人の多い日は避けて、
気持ちよくお参りをできる日に出掛けましょう。

厄払いにおすすめの神社は?

Instagram (6697)

神社ならばお住まいの地域の鎮守様、もしくは代々信仰している神社で、厄除け厄払いを受け付けている所。お寺ならば、代々信仰している宗派のお寺で厄除け厄払いを受け付けている所。どちらの場合も、通える近さの場所にお願いするのが基本形です。きちんと気持ちを込めてお参りされるのであれば、これらで十分です。
関東三大師や大阪の住吉大社など、有名な神社は全国各地にあります。
けれど、大きく格式のある寺社だから御祈祷の御利益が大きいということは決してありません。
むしろ、自分の慣れ親しんだ地域を守っている神様や仏様を大切に敬うほうが大切です。
神様は場所にこだわらず平等に人々の厄を払ってくださいます。
健康に幸せに暮らせることを感謝する気持ちこそが、一番の厄払いになりますよ!

必要な祈祷料は?

無料の写真: お金, 日本のお金, マネー - Pixabayの無料画像 - 199050 (7950)

厄払いの金額ですが、だいたい相場は5,000円から10,000円となっていますが、「お気持ちで」となっている場合もあり、その場合は
そのままご自分の気持ちで納めればいいと思います。
お金の渡し方ですが、最近はお財布から直接払っても受け取ってもらえるようですが、マナーとしてはのし袋に入れて渡します。
ただ、受付がある場合はのし袋に入れないで渡す方がいいそうです。
御祈祷料はお祓いを受ける寺社によって異なるので、事前にチェックしましょう。
最近は神社ごとにHPサイトを設けて詳細を掲載していることが多いので、調べやすいですよ。
支払いはキャッシュや振り込みはもちろん不可。
小銭も避けて、お札を用意します。渡すお札は綺麗な新札にしましょう。
持っていない場合は銀行などで交換してもらえますよ!

身嗜みを綺麗に整える

Free photo: Wedding, Marriage, Buttonhole - Free Image on Pixabay - 1031493 (6833)

厄払い・厄除けでは、
派手でないごく普通の服装・普段着で
厄払い・厄除けを受ける光景を見ることがあります。
派手でなく落ち着いた服装であれば良いとも思えますが、
神社やお寺によっては
ある程度の服装を求めることもありますので
いわゆる平服というのが無難なこととなります。

神様や神主様に対して失礼の無い様に
•男性:スーツ
•女性:スーツ・ワンピース・アンサンブル
を着用するのが基本とされています。

男性・女性ともにダークスーツに代表される様な
濃紺の黒っぽい色が良いとされています。
シャツは白が理想ですが、
ネクタイも白と言われることもあります。
しかし、派手でなければ
白でなくても良いということが多く見受けられます。

また、
•男性は革靴
•女性はローヒール
が基本とされます。

せっかく厄払いに神社を訪れても、服装が悪くて御祈祷を断られては台無しです。
派手な色合いや露出の高い服など、神社などへお参りに行くにはふさわしくない格好は基本的にNGです。格式の高いところではジーンズなども駄目な場合があるので注意しましょう。
女性は派手なアクセサリーやネイルを控えて、裸足は避けます。
着物でもOKです。上品な着こなしをコーディネートしてみましょう。
身を清めるために厄払いをするわけですから、やはり服装も清楚で神様に失礼のないものの着用が大切です。

厄年を乗り越えたらお礼参りを忘れずに

Instagram (7966)

厄年を無事に越えたら、必ずお礼参りに行くことを忘れないようにしましょう。
お礼参りとは神仏にした願い事が成就した折に、お礼として報告し、礼拝する「参拝」のことです。
実はお礼参りを知らない方も多く、していない人も多いですが必ず行きましょう。
色々な事情があってお礼参りに行けないときはどうしたらいいのか?
もし、翌年や行けるようになったタイミングでお礼に報告するのが良いでしょう。
遠方で今後行けそうにない時は、近くの氏神様や神社でその旨を伝えれば良いようです。
厄払いをしてもらったら「もう大丈夫だからそれで終わり」ではなく、
その年一年を無事平和に過ごせたことに感謝の意を込めて、お礼をしっかりと行ってください。
神様に感謝する気持ちこそが、厄を払うために一番大切な心構えです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP