人気上昇中の寺社仏閣めぐり♪デートで行く際に気をつけることって?

御朱印集めを趣味にしている人も増え、今人気が高まってきている寺社仏閣めぐり。デートであちこちを巡ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。デートで相手に幻滅されないためにも、気をつけたいことをまとめました。

プランの詰め込み過ぎに注意!

 (16176)

鎌倉や京都など、寺社仏閣が点在している場所に行こうとすると、せっかくだからとあちこちに足を伸ばしたくなります。しかし、二人とも寺社仏閣が何よりも好き、というほどでもないのなら、デートプランはゆったりと組む方が無難です。

当たり前ですが、一人で歩くのと二人で歩くのでは、歩く速さも異なります。休憩時間も倍かかりますし、道中に気になるお店を見つけて寄り道したくなったりもするでしょう。あまりに詰め込み過ぎたプランでは、時間ばかり気にして疲れてしまうことにもなりかねません。一日のデートで回る場所は3ヶ所ほどに留め、景色や会話を楽しみながらのんびり歩きましょう。

可愛らしさよりも"動きやすさ"重視で!

 (16177)

デートだと、女子はどうしても相手に可愛らしい印象を与える服を着たくなるものですよね。しかし、寺社仏閣めぐりでは、重要なのは動きやすさです。キレイに整備されていても、神社やお寺には石段がつきもの。中には急な石段や坂道がある場所もたくさんあります。裾の長いスカートやヒールのある靴では、服装を気にして楽しめません。

動きやすいパンツスタイルがおすすめですが、スカートならひざ丈を選ぶと良いでしょう。また、靴は歩きやすいスニーカーや踵の低いショートブーツなど、長時間歩いても疲れにくいものにします。せっかくのデートで足が痛くなっては大変です。

基本的な作法を覚えておこう♪

 (15814)

寺社仏閣には、言わずと知れた参拝の作法が様々あります。すべてを把握するのは大変ですが、基本的なマナーだけはしっかりと抑えておきたいところです。マナーを守って自然に参拝する姿は、デートの相手にも好印象を与えることでしょう。

手水舎(ちょうずや)での作法

手水舎は、神様や仏様に会う前に身を清めるための場所です。ご存知の人も多いとは思いますが、今一度正しい手水の作法を確認しておきましょう。

1.ひしゃくを取り、右手で持って水を汲む
2.左手を洗う
3.ひしゃくを左手に持ち替え、右手を洗う
4.再びひしゃくを右手で持ち、左手に水を注いで口をゆすぐ
5.もう一度左手を洗う
6.ひしゃくを手前に傾け、水が柄を伝うようにして、持ち手部分を洗う
7.ひしゃくを元の場所に伏せて置く

重要なのは、途中で水を汲みなおさないこと。最初に汲んだ水で、両手と口、ひしゃくの柄のすべてを洗います。

参拝の仕方

神社とお寺では、お祈りをするときの方法が異なります。間違えてしまうと恥ずかしい思いをすることになりますので、しっかり覚えておきましょう。

【神社の場合】

1.お賽銭を入れる
2.鐘を鳴らす
3.二礼 二拍手 一礼

【お寺の場合】

1.お賽銭を入れる
2.鐘を鳴らす
3.一礼 合掌 一礼

まとめ

 (16178)

気候が良くなると、寺社仏閣をめぐるデートもますます楽しくなってきますね。季節の花が有名なところもたくさんありますので、花を愛でながら歩くのも良いですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP