【子どもから大人までOK!】赤坂氷川神社でできる雅楽体験に挑戦♪

“イクメン雅楽演奏家”東儀秀樹さんがテレビなどに登場したのをきっかけに、近年注目を浴びている雅楽。雅楽は“格式が高い”というイメージですが、東京にある赤坂氷川神社では、気軽に演奏を体験することができますよ。

雅楽とは?

 (16533)

アジア大陸諸国の音楽と舞が仏教文化と融合し、日本で誕生した芸術です。

雅楽は10世紀頃に完成したと言われており、皇室の保護の下、今日まで伝承されてきました。

現在の雅楽は、大きくわけて以下の3つの種類に分類されます。

国風の歌舞(くにぶりのうたまい)

日本固有の古楽に基づき、平安期に完成されたものです。
神楽、倭舞(やまとまい)、久米舞(くめまい)、五節舞(ごせちのまい)、東游(あずまあそび)などがこれに該当し、宮廷行事や儀式などで演奏されています。

大陸系の楽舞

外来の音楽がベースとなっている、中国系の唐楽(とうがく)、朝鮮系の高麗楽(こまがく)がこれに該当します。

催馬楽(さいばら)と朗詠

催馬楽(さいばら)は、唐楽と高麗楽の合奏曲の影響を受けて作られたものです。
朗詠(ろうえい)は、大陸からの渡来楽器を用いた伴奏にのせる歌物で、日本古来の民詩や漢詩に節づけをした声楽のことを言います。

雅楽の演奏形式

雅楽は様々な楽器を用いて演奏されることから世界最古のオーケストラとも言われていますが、演奏形式には以下の3つの種類があります。

① 器楽を演奏する管絃

② 舞がメインとなった舞楽

③ 声楽がメインとなった歌謡

 (16583)

赤坂氷川神社で体験できるのは管絃の雅楽

赤坂氷川神社にある『氷川雅楽会』という雅楽同好会では、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の3つの楽器を体験することができます。

雅楽を楽しみながら学び、定期的な演奏会も行っています。

 (16569)

氷川雅楽会は子どもから大人まで参加可

氷川雅楽会では、大人だけでなく子どもも雅楽を体験することができます。

参加費は、子どもが1,000円で大人(大学生以上)は2,000円が月ごとにかかります。
氷川雅楽会は、毎月第1・3・4日曜日に、赤坂氷川神社社務所にて開催しています。
子どもの部は16:45~17:30、大人の部は17:30~19:00の時間となっています。
(※詳しい会費や開催時間などは、直接お問い合わせください)

氷川雅楽会で雅楽を体験してみよう♪

雅楽は長年の歴史を持つ、日本固有の伝統音楽です。

このような世界に誇れる雅楽を体験できる機会はあまりありませんので、ぜひ氷川雅楽会で本物の雅楽に触れてみてくださいね。

 (16560)

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP