車で伊勢神宮へ行こう!駐車場やアクセス、周辺情報をご紹介

伊勢神宮には外宮と内宮があり、ともに駐車場が完備してあります。
今回は、駐車場の情報や伊勢神宮への車でのアクセス方法などをご紹介します。
せっかく訪れたなら行っておきたい、周辺の観光スポットもチェックしてみて下さいね!

伊勢神宮には二つの正宮がある

伊勢市観光協会/伊勢神宮 (1630)

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。
神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神おおみおやがみとして崇敬を集める天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りする内宮ないくう(皇大神宮こうたいじんぐう)と、
衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみをお祀りする外宮げくう(豊受大神宮とようけだいじんぐう)を始め、14所の別宮べつぐう、43所の摂社せっしゃ、24所の末社まっしゃ、42所の所管社しょかんしゃがあります。これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。
伊勢神宮には内宮と外宮の二つの正宮があります。
この二つは離れているので、内宮のみへ参拝する人が多いそうですが
まずは外宮、そして次に内宮へ参拝するのが正しい参拝の仕方だと言われています。

伊勢神宮の内宮駐車場

伊勢市営宇治A駐車場 -おでかけ伊勢神宮- (1632)

内宮A1・A2駐車場

  収容可能台数 入庫可能時間
A1 52台 終日
A2 155台 5:00~19:00

※出庫は終日可能です
※A2はバスで使用する場合があります

【駐車料金】

1時間まで 無 料
1時間~2時間 07:00~17:00の入庫 500円
2時間以降 30分毎に100円加算

伊勢神宮の内宮に一番近い駐車場がA1とA2ですが、
駐車可能な台数が少ないこともあって、土日や祝日などはすぐに満車になることが予想されます。
早く到着するように計画するか、下記で紹介する少し離れた位置にある駐車場を利用するといいでしょう。

内宮B1~B4

収容可能台数 入庫可能時間
B1 254台(身障者用:7台) 終日
収容可能台数 入庫可能時間
B2 98台(身障者用:4台) 終日
収容可能台数 入庫可能時間
B3 73台 終日
収容可能台数 入庫可能時間
B4 110台(身障者用:7台) 終日
B1~B4の駐車場は内宮から少し離れた場所にあります。
途中でおはらい町やおかげ横丁を楽しむことが出来るので、
少し歩きますが、こちらの駐車場も良いですね。
料金はA1・A2と同じで、【一時間までは無料】で停められます。

外宮駐車場

ハイパーブルーの彼方に~ MINI Cooper S (GH-RE16)  其の弐 - lauriercb4004in1 | パブー (1636)

外宮へ近い駐車場は第一駐車場から第三駐車場までの三か所があります。
こちらは駐車時間は二時間までですが、
無料で停めることが出来ます。
内宮付近の駐車場は人気があるので、すんなり停めて参拝したいと言う場合は、
外宮駐車場を利用するのも手かも知れません。

車でのアクセス

お車で伊勢神宮内宮へのアクセス -おでかけ伊勢神宮- (1649)

①伊勢西インターチェンジから
伊勢西I.Cを降りて1つ目の信号を右折 → 直進 → 宇治浦田交差点 → 右折 → 伊勢神宮内宮
スムーズに行けば、伊勢西I.Cから約15分で伊勢神宮内宮前へ到着します。

②伊勢インターチェンジから
伊勢西料金所を通過し直進、2kmほど走ったところが伊勢I.Cです。そのまま直進すると鳥羽方面への有料道路になっていますので、伊勢I.Cで降ります、本線から流出すると結構キツイ右カーブです。直線にな るところで分岐します。お写真のように標識が出てきますので左側「賢島・磯部」方面へ。やや小さめですが、伊勢神宮内宮への案内標識がありますのでそちらへ出ます、交差する一般国道が国道23号線となっています。そのまま直進、10分ぐらいで伊勢神宮内宮へ到着します。
伊勢I.Cから行くと、宇治浦田交差点の手前に市営浦田駐車場があります。

伊勢自動車道を使う場合は、
伊勢西インターチェンジや伊勢インターチェンジから降りてすぐ到着します。
また名古屋・三重方面からは国道23号を使って、伊勢方面に行くことも出来ます。

周辺情報≪おはらい町・おかげ横丁≫

伊勢市観光協会/おはらい町・おかげ横丁 (1629)

伊勢神宮・内宮前で栄えるおはらい町。宇治橋から五十鈴川に沿って続くおよそ800mの美しい石畳の通りには、お伊勢さん特有の切妻・入母屋・妻入り様式の町並みが軒を連ねます。通りにはたくさんの土産物店・飲食店や商家が建ち並び、参拝後の町歩きがお楽しみ頂けます。
内宮の前にはレトロな街並が特徴的なおはらい町やおかげ横丁があります。
参拝のあとはこちらで食事をしたり、お土産を購入したり、
風情ある街歩きを楽しむことが出来ます。
散策に疲れたら、茶屋に寄って伊勢名物の赤福を頂くのも良いですね♪

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP