これはもう行くしかない!愛知県にある素敵な開運神社。

日本は八百万の国、色々なものが神様になるように、色々な所にも魅力的で、ご利益がある神様がいらっしゃいます。例えば、愛知県。日本の二大都市である東京と大阪の間に愛知にだって、素敵な開運の御利益のある神社があります。お勧めの神社をご紹介します。

信長を起死回生させた「熱田神宮」(熱田市)

熱田神宮

熱田神宮

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。
愛知県の神社と考えた時、ぱっと思い浮かぶのはこの熱田神宮なのではないでしょうか。草薙神剣が熱田に祀られたのは113年(景行天皇43年)です。伊勢神宮に次ぐ格式のある神社というだけでなく、長い歴史を持つ神社であることが分かります。

信長が桶狭間の戦いに出向き前に祈願した神社です。

信長塀

信長塀

・・・駿河の守護大名・今川義元は、永禄3年(1560年)5月、信長が支配していた領土(尾張の大半)をも攻略すべく、2万5千の大軍を率いて駿府から尾張に進撃しました。・・・

同年5月18日の夜、当時27歳の青年だった信長は、次々と寄せられる、自軍の極めて不利な戦況報告にも動じる事なく、・・・清洲城を出陣しました。・・・

清洲城を出た信長が向かったのは名古屋の熱田神宮で、翌19日の午前8時頃に熱田に到着し、その時にはようやく300騎程の兵が信長の下に集結しました。・・・

熱田神宮に着いた信長は、右筆(ゆうひつ)の武井夕庵に『この戦いは多勢に無勢、苦しい戦いとなる。熱田大神の力を借りて、是非勝利したい』という趣旨の願文を作らせ、御神前に跪いて、集結した兵達の前でこの願文を読み上げ戦勝を祈願しました。・・・

祈願した結果はご存知の通りです。誰もが信長が負けると思っていた戦いに、勝利しました。信長も熱田神宮の開運の力を感じたのでしょう。「信長塀」という築地塀をお礼に奉納し、現在もその塀は残っています。この塀は日本三大塀でもあるので、一見の価値があります。

縁結び祈願も一緒にして開運力を高められる「大縣神社」(犬山市)

大縣神社

大縣神社

大縣神社(旧國幣中社)
尾張開拓の祖神大縣大神を祀る当社は、古来より朝廷を始め衆庶の崇敬篤く、尾張の二宮様として親しまれ、事業繁栄・開運厄除の守護神として仰がれております。・・・

姫之宮
摂社 姫之宮は、御祭神の神裔 玉比売命(たまひめのみこと)を祀り、古来より女性の守護神として称えられ、安産・子授け・婦人病 特に縁結びの神様として篤い信仰があります。
本殿裏手には、良縁成就のむすひ池があります。

開運ということをどのようにお考えですか。自分だけ運が開けても、その開運の度合いは大したことはないはずです。良いご縁があれば、一人の力では得難い大きな運が開けてくるというものです。

縁結びというと恋愛を想起される方が多いと思いますが、実のところそうではありません。先生やお友達、お仕事も縁によって取り持たれています。ご社殿の方にご参拝の折は、姫之宮にもお寄りになられではいかがでしょうか。

大縣神社は梅が有名です。

大縣神社の梅園

大縣神社の梅園

大縣神社の境内には全国の著名な梅園・神社よりご奉納戴いた梅をはじめ紅白300本のしだれ梅がを集めた梅林があります。
2月の中旬より3月にかけ梅まつりを開催いたしますので 是非お越し下さい。
梅の花言葉をご存知ですか。「気品」「忍耐」などがあります。開運をするにはどちらも必要な精神かと思います。良い香りは心を一新させるのにも役に立ちます。タイミングが合えば、梅まつりの頃に行かれても良いかもしれません。

楽しめるポイントがたくさんある「真清田神社」(一宮市)

真清田神社

真清田神社

当社の鎮座する一宮市は、古くは木曽川の流域に沿っていました。流域は常に文化の形成に大きな役割を果たします。一宮の発展にも、木曽川の恩恵があります。
今でこそ、繊維の街として有名ですが、もともとこの地域は、木曽川の灌漑用水による水田地帯として、清く澄んだ水によって水田を形成していたため、真清田(ますみだ)と名付けられたといわれています。
「真清田」という美しい名前に恥じない、とても綺麗な神社です。神社内の一つ一つのお社から愛情を感じると言ったら良いのでしょうか。昔から地元の方の信仰を一心に受けて、それをきちんと受け止めている神社かと思います。

「神水舎」に「おもかる石」

真清田神社の神水舎

真清田神社の神水舎

運気上昇のパワースポットとして注目される真清田神社。境内には、井戸を覗いて自分の顔を写し健康、家内安全を祈る「神水舎」や縁結びに御利益があるという「服織(はとり)神社」、願いを念じ石を持ち上げてみて軽いと感じると叶う「おもかる石」など、いろんなスポットがあります。
開運も健康と家族のサポートあってのものです。神水舎の奥に井戸があるので、そこに顔を写して、健康と家内安全を祈りましょう。井戸の近くにある竜頭から出るお水は、無病息災のお水と言われています。ペットボトルに汲んで帰っても良いそうです。是非、ご一緒にお参りに行けなかったご家族にもお届けいただけたらと思います。

まとめ:愛知県はそもそも開運の地です。

愛知県は、信長、秀吉、家康といった戦国時代を代表する武将を生んだ土地です。この3人は生まれながらの天下人ではなく、自らの努力と運で天下人になりました。だから、愛知県はそもそも開運の地であるということができます。開運参りを兼ねて、愛知県へ遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP