【学問だけじゃない】太宰府天満宮は魅力がたくさん!

大宰府天満宮は福岡県太宰府市にあり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀った神社です。
受験の合格祈願をしに、毎年全国からたくさんの参拝客が訪れます。梅の名所でもあるので、梅の開花時期は境内がとても賑わうのだそう。今回は、そんな太宰府天満宮についての情報をまとめてみました!
名物スイーツや周辺スポットなど、学問関係以外にも色々な魅力がありますよ♪

太宰府天満宮とは?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E5%BA%9C%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE (4080)

福岡県太宰府市宰府(さいふ)にある神社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は梅紋である。

菅原道真公とはどんな人物か

今から1150年ほど前に京都で生まれた菅原道真公。当時は学問がとても盛んで、学界が大きな力をもった時代でした。抜きんでて学問ができた道真公は、中国語が堪能であったことから外交の際に万葉集を中国語に翻訳して唐に贈ったといわれます。

道真公は、日本で最初の百科事典と考えられる『類聚国史』の編纂も行いました。これは私の考えですが、中国の漢字を日本の仮名の中に訓読みとして振り分けていったのも道真公ではないかと推測します。なぜなら、あの時代に道真公ほど中国語を使いこなし、学問に秀でた人はいなかったのですから。

七五三でも人気!

太宰府天満宮は、七五三の祈祷で訪れる人もかなり多いそうです。
景観が美しいので写真を撮る時も映えますし、子供に持たせてくれるお土産も充実しているのだとか。
親御さんが太宰府天満宮を選ぶのも頷けます。
ここでお祈りをすれば、子供の学業成就も期待できるかもしれません!
七五三。 | Untitled Doc. (4103)

たくさんのお祝い品をいただいてきました。
太宰府天満宮さん、太っ腹 !!!
この他にも、梅ヶ枝餅の無料引換券も
いただきました ( ´艸`)

子供の成長を感謝し、これからも健康で・・・ ・:*:・(*´∀`*)・:*:・

梅の名所でもあります

Free photo: Plum Blossom, Pink, Branches, Blue - Free Image on Pixabay - 283115 (4002)

菅原道真公といえばやはり梅。たくさんの人が献梅してくださり、昔は松の木のほうが多かった境内も今では梅の木の割合が多くなりました。梅を筆頭に季節ごとに美しい風景が見られるので、楽しみにしてください。「特別受験合格祈願大祭」の10月は、ちょうど受験シーズンがはじまる時期でもあり、毎年大変にぎわいます。

梅酒祭りを楽しもう

 (4090)

2017年3月10日(金)~3月13日(月)太宰府天満宮で「全国梅酒まつりin福岡2017」が開催されます。太宰府天満宮の「梅」を楽しみながら「梅酒」を味わえるというファンにはたまらないイベントです!

「全国梅酒まつりin福岡」は日本各地で作られる梅酒、約150種類以上が一堂に会し、全種類10ml毎に何回でも試飲(有料・時間制限有)ができるイベントです。

試飲した梅酒はもちろん購入することができます。また、ここでしか手に入らない梅酒も販売されます。地元福岡からも、毎年多数の出展あり。

梅を見ながら梅酒をいただくなんて贅沢ですね!
お酒が好きな方は是非チェックしてみて下さい。

大宰府天満宮名物スイーツはこれ!

梅ヶ枝餅

太宰府天満宮 ブログ - Google 検索 (4093)

参道には梅ヶ枝餅と呼ばれる餡入りの焼き餅を販売している店が並んでおり、製作している風景も楽しめる。
ここにも梅の名が!
参拝で歩き回った後は、このお餅をいただいてお腹を満たしましょう♪

周辺のおすすめスポット

周辺には2005年に完成した「九州国立博物館」や、レトロな雰囲気の「太宰府ゆうえんち」、また様々なお茶屋があり週末は多くの観光客でにぎわいます。
☆玲子のアイショット☆~九州国立博物館~ | 建設マン.com (4095)

九州国立博物館(きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)は、福岡県太宰府市石坂にある歴史系の博物館。独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館の1つで、2005年10月16日に開館。太宰府天満宮裏で、同宮所有の丘陵地に建設された。通称「九博」(きゅうはく)。
太宰府天満宮の周辺には魅力的な観光地がたくさんあります!
中でも九州国立博物館はとても立派な建物で、館内も見どころがあると人気があります。
是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大宰府で一日過ごすなら「大宰府散策切符」がおすすめ

切符・チケットのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (4097)

公共交通機関を利用する際に便利なのが、通称「西鉄」と呼ばれる西日本鉄道の天神駅で購入できる「太宰府散策きっぷ」です。太宰府駅から都府楼前駅までの区間で自由に乗り降りができ、また太宰府天満宮の参道を代表する有名店「かさの家」の梅が枝餅とお抹茶のセットをいただけるチケットが付いています。交通費を気にせず散策できるのでとても便利ですよ。

まとめ

Free photo: Japan, Fukuoka, Dazaifu - Free Image on Pixabay - 968117 (4001)

大宰府天満宮は毎年全国から700万人という多くの参拝客が訪れるそうです。
学業成就のご利益を期待する人が、それだけ多いのでしょう。

しかし今回調べてみると、太宰府天満宮の魅力はそれだけできないことが分かりました。
境内にはたくさんの梅の木が植えられており、開花の時期には観光客の目を楽しませてくれます。
参道にはお茶屋さんが並び、そこで販売されている梅ヶ枝餅という和菓子は
参拝後の定番スイーツとなっています。
また、境内の梅を使った梅干しや梅酒も大変人気のお土産です。
「太宰府天満宮というば梅」と言っても過言ではないこの梅尽くし!
なんだかおめでたい気分になってきますよね♪

周辺スポットも充実しており、時間が足りないくらいかもしれません。
魅力たっぷりの太宰府天満宮へ、お出かけしてみませんか?

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP