寺社の格式はどうやって決まる?格式の高い寺社はどこ?

神社の中でも、「神宮」と呼ばれるところもあれば、「大社」または「神社」と呼ばれるところがありますよね?この呼び方の違いは格式によるものです。寺社の格式はどうやって決まっているのか、格式の高い寺社はどこにあるのか調べてみました。

神社の格式は社号を見ればわかる

Free photo: Architecture, Shrine, Building - Free Image on Pixabay - 1839324 (10474)

現在、単に「神宮」といえば、伊勢の神宮を示す正式名称として用いられています。また「○○神宮」の社号を付されている神社には、皇祖(こうそ)をお祀りしている霧島神宮や鹿児島神宮、また天皇をお祀りしている平安神宮や明治神宮などがあります。このほか、石上(いそのかみ)神宮や鹿島神宮・香取神宮など特定の神社に限られています。

これに対して「神社」は、その略称である「社」とともに一般の神社に対する社号として広く用いられています。また、「宮」や「大社」などの社号もあり、「宮」は天皇や皇族をお祀りしている神社や由緒により古くから呼称として用いられている神社に使われます。「大社」はもともと、天孫(てんそん)に国譲りをおこない、多大な功績をあげた大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る出雲大社を示す社号として用いられてきました。しかし、現在「大社」は、広く崇敬を集める神社でも使われています。

このように、神社の格式を知るには社号を見ます。
神宮、大社、神社、神社の名前を見れば、その神社が天皇や皇族をお祀りしている神社なのか、
そうでないのかが分かります。

現在は使われていない神社の格式を表す社格とは?

現在では無くなってしまいましたが、社格とは神社の格式のことで、古来より近代に至るまで、時代時代で様々な分類がなされてきました。その神社の歴史的な位置づけとして重要なものとなっています。

神社の由緒を見るにつけても、旧社格などという風に随所に記載があるのはそれだけ社格制度が重要であった表れでしょう。

日本神社では主に中世以降の社格制度について、実際の神社を分類しています。

現在は使われていませんが、社格には一宮、総社、そして二十二社などがありました。
戦後は使われていないのですが、旧社格として神社の中には呼び名として残っているものも多いです。
旧社格を調べますと、昔からどの神社が人々の間で重んじられていたかのランクが分かります。

国内で最も格式高いと言われている神社1 【伊勢神宮】

Instagram (10481)

「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれる伊勢神宮は、正式には「神宮」といいます。
神宮には、皇室の御祖先の神と仰ぎ、私たち国民の大御祖神として崇敬を集める天照大御神をお祀りする内宮(皇大神宮)と、衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神をお祀りする外宮(豊受大神宮)を始め、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があります。これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。
伊勢神宮は神社の中でも特別の存在です。
パワースポットとしても有名ですが、境内の他では感じられない不思議な緊張感が分かるでしょう。
ですから、足を踏み入れただけでピシッと身が引き締まる思いがしますよ。

国内で最も格式高いと言われている神社2 【出雲大社】

Instagram (10489)

縁結びの神・福の神として名高い『出雲大社』は、日本最古の歴史書といわれる「古事記」にその創建が記されているほどの古社で、明治時代初期まで杵築大社と呼ばれていました。
主祭神は大国様として馴染みの深い『大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)』で、「古事記」に記される国譲り神話には、大国主大神が高天原の天照大神(あまてらすおおみかみ)に国を譲り、その時に造営された天日隅宮(あまのひすみのみや)が出雲大社の始まりといわれています。
縁結びの神様として知られる出雲大社ですが、伊勢神宮に負けずと劣らずのパワースポットとして有名です。
恋愛成就のためだけでなく、パワーをもらうために一度は訪れたい場所です。

寺の格式はどのように判断されているのか?

Free photo: Japan, Landscape, Natural, Outdoors - Free Image on Pixabay - 1805865 (10498)

寺格(じかく)とは、寺院の宗教的地位、社会的地位によって、政府(朝廷・幕府)より認められた寺院の格式のこと。また各教団ごとに定めた寺院の格式(寺院等級)もいう。

封戸、出挙稲、寺田、荘園所有等の権益、三綱(僧の官位)・別当あるいは住持職の任免、修法の方法、服装等の待遇など経済的もしくは身分的に区分された寺院の等級が設けられ、高い格式を認められた寺院は特権的待遇を受ける。

江戸時代から使われてきた寺格ですが、明治維新以後は国家としては使っていないようです。
しかし、その宗派の中では一番上だということが示すために「大本山」という言葉を使うなどして、
寺は階級を表すために現在も格式を用いています。

寺格の高い有名なお寺1 【南禅寺】

Instagram (10501)

臨済宗南禅寺派大本山の寺院で、正式名称は「太平興国南禅禅寺」で、山号は瑞龍山です。京都五山の上位(五山第一位の天龍寺よりさらに上に位置する)の別格扱いの寺院で、日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇る。
国宝級の建物がまだ残されていますし、日本庭園も非常に美しいです。
わびさびの世界を感じさせてくれる南禅寺を尋ねれば、格式の高さを実感できますよ。

寺格の高いおすすめのお寺2 【建長寺】

Instagram (10506)

建長寺は、1253年に北条時頼によって創建された禅寺。鎌倉の禅寺を格付けした鎌倉五山の第一位で、伽藍が一直線に配置される宋の様式を取り入れた境内は、国指定の史跡。度重なる火災で建物の大半は焼失し、現在の伽藍は江戸時代に再建されたものだが、伽藍配置はそのままに今も当時の雰囲気を残している。
京都の南禅寺のように、鎌倉でもっとも格式高い寺です。
建長寺の中にはたくさんの国宝級のものがあり、古い歴史を感じることができます。
厄除けすることも可能です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. そもそも納骨とは?via www.toyostone.co.…
  2. 今週末は、普段馴染みのない神社やお寺にお出かけしてみませんか??デートや…
  3. キューピッドの由来は幸せを呼ぶキューピッドの由来は、ローマ神話の愛の神クピドから来て…
PAGE TOP